「2月3日」と聞いて、「節分」や「恵方巻」を思い浮かべる方が多いかと思います。実はその2つには、古くから密接な関係がありました。

そこで本記事では、2018年の節分はいつなのか、そして節分と恵方巻双方の視点から日本の伝統や風習、現在にも続くイベントなどまとめています

スポンサーリンク







2018年節分の日はいつ?

2018年の節分は、2月3日(土)です。

土曜日ですので、お休みの方も多いかと思います。各地の節分祭へ出向いてみるもよし、家族みんなで恵方巻を手作りして食べるもよし、休日の時間を有意義に使えそうですね。

今回の記事では、節分には欠かせない恵方巻にの方角や豆知識、節分の日ならではのイベントをご紹介しています。

今年の恵方巻きと豆まきの方角

2018年の恵方巻の方角は「南南東やや右」となります。

恵方巻の「恵方」とは、その年の干支の十干によって定められた、最も良いとされる方角を示します。つまり、恵方はその年の干支と照らし合わせることで、知ることができます。

甲と己の方角・・・東北東やや右
乙と己の方角・・・西南西<やや右
丙と辛の方角/戌と癸の方角・・・南南東やや右
丁と壬の方角・・・北北西やや右

上記のように恵方は基本的に4種類しかありません。

また、西暦の1の位の数字によっても方角を知ることができます。

4または9の場合・・・東北東やや右
0または5の場合・・・西南西やや右
1、3、6、8の・・・南南東やや右
2または7の場合・・・北北西やや右

今年は2018年。そして戌年ということで、西暦干支どちらも「南南東やや右」となっているのがわかります。

なぜ恵方に「最もよい方角」があるのかと言いますと、恵方には歳徳神(としとくじん)がいるとされているからです。歳徳神という神様は初めて聞いた方も多いかと思います。その実態は、1年の福徳をつかさどる神なのです。

歳徳神は、年神(としがみ)、正月様とも言い、八将神の母とされ、一年の福徳をつかさどる神で、この方角に向かって事を行えば万事大吉とされています。

節分の日に恵方を向いて太巻きを食べるようになったのは江戸時代からとされています。大阪の花街で商人や芸子が商売繁盛を祈り、太巻きを食べるようになったことが始まりです。

この太巻きが、恵方巻として全国に広まりました。

2018年おすすめのイベント(節分祭)4選

節分は恵方巻きを食べるだけでなく全国各地の神社や寺院において、節分祭・節分会に参加するのも一つの楽しみ方です。

その中でもとくにおすすめするイベント、地域色のある少し変わり種なイベントを、関西と関東それぞれ2つずつご紹介します。

【1】吉田神社の節分祭

吉田神社の節分祭は室町時代から続くお祭で、節分や厄除けの行事を行うようになった起源とも言われています。日本で最大規模の節分祭で吉田神社は、都の表鬼門にあるとされます。

表鬼門とは「東北」の方角を指します。東北は、太陽が昇る方角であり変化に満ちた状態の象徴です。陰陽道では最も悪いとされる方角で、大工は今でも東北の方角で建築することを拒むと言われています。

また、吉田神社には全国のあらゆる神をまつる大元宮、厄塚があります。表鬼門にあるからこそ昔の人は厄除けや邪気を追い払うことに必死だったのでしょう。

そして厄塚は、厄神を封じ込めるために作られた塚で、厄神や参拝者の心の中の鬼を封じ込める役割を果たします。そんな表鬼門に位置する吉田神社だからこそ、室町時代からの追儺式や鬼やらい神事、大規模な豆まきが伝統に忠実な形で行われるのです。

日程:2018年2月2日~2月4日
住所:〒606-8311京都府京都市左京区吉田神楽岡町30

吉田神社節分祭参加ポイント

日本で最大規模の節分祭なので、連日混雑間違いなしです。吉田神社へは公共交通機関で向かうことも可能ですが、車で向かう場合は必ず駐車場の位置と駐車場からの徒歩距離を把握したうえで参拝したほうがよさそうです。

節分祭当日は混雑するため、近場の駐車場は即満車となるでしょう。

また、吉田神社のある京都市は盆地です。そのため2月はかなり冷え込みます。昨年度は最高気温7度、最低気温-1度の寒空の下節分祭が行われました。節分祭は始終外にいるかと思いますので、暖かい服装とホッカイロは必需品です。

参考吉田神社の節分祭りの日程や楽しみ方/鬼やらいは必見

【2】壬生寺の節分祭

正式名称は「壬生寺節分厄除け大法会」です。

壬生寺の節分祭は、2月2日の節分前日から2月4日の節分の次の日まで、計3日間開催されます。

900年余り続く非常に歴史ある節分祭で、壬生寺は吉田神社の反対側にあたる裏鬼門に位置します。裏鬼門にあたるため天皇の命令により、節分に厄除けの行事が行われるようになりました。

壬生寺の節分祭では狂言を拝観できたり園児が寺の周囲を練り歩くイベントを見られたりと、ほかの寺院では見られない珍しいイベントが多々存在します。

節分祭前日(2/2)

境内北側の重要文化財にあたる「狂言堂」で重要無形民俗文化財の壬生狂言三十番のうち、厄除け鬼払いの「節分」が無料で拝観できます。狂言節分は午後1時から8時の間、1時間おきで計8回上演されます。

また午後1時からは、壬生寺保育園児が壬生寺の周囲を練り歩くイベントが行われます。

節分祭当日(2/3)

節分当日は厄除け護魔祈祷が本堂内で終日行われます。

節分厄除けお札や身代り守(お地蔵さまが参拝者にふりかかる災難の身代わりとなってくださるお守り)、交通安全守などが授与されます。

また、壬生寺にしかみられない珍しい風習として、素焼きの炮烙に家族や知人の年齢・性別・願い事を書き奉納する風習があります。自分の厄除けや招福だけでなく、周囲の方々の幸せも願うことができる素敵な風習です。毎年春に、一気に炮烙(ほうらく)を割る行事が行われます。

節分祭最終日(2/4)

午前10時より先着1000名の参拝者限定で、無料のぜんざいが振る舞われます。毎年ぜんざいの配布場所には行列ができるようですのでいただく場合はお早めに。

日程:2018年2月2日~2月4日
住所:〒604-8821 京都市中京区壬生梛ノ宮町31

壬生寺節分厄除け大法会の参加ポイント

壬生寺の節分祭も、毎年多くの参拝客で賑わいます。駐車場の確保やアクセス経路の把握はもちろん重要です。

ただし、見どころの狂言は1日に8回拝観できるので、焦らずとも拝観のチャンスはあります。また、炮烙を売っている屋台も多く出ているようですので、好みの炮烙をじっくり吟味してみるのもおもしろそうです。

【3】浅草寺の節分会

浅草寺は寺院初の節分会を行ったとして有名です。その歴史は江戸時代から現代まで続いています。浅草寺の節分会は、「千秋万歳福は内」という掛け声が使われます。理由は、観音様の前には鬼がいないからだそうです。

最も見どころなのは「文化芸能人節分会」です。

毎年豪華な芸能人や文化人が豆まきに参加します。芸能人による豆まきは、16:00から20分間隔で計4回行われます。

2017年に参加した芸能人は合計69名にもおよびます。抜粋してご紹介しますと、アニマル浜口さん、ナイツのお二人、林家三平さん、林家正蔵さん、西尾夕紀さんなどなど。浅草にゆかりのある方も、その年ご活躍なさった方も非常に大勢いらっしゃいます。

当日の浅草じは芸能人見たさに16:00ごろは人でごった返します。もし前方で豆を拾おうとする場合は、16:00前から開催されている、「福聚の舞(七福神舞)」を見ながら、ゲストを待つほうがよさそうです。

日程:2018年2月3日
住所:〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目3−1

【4】東京タワーの節分祭

意外にも、東京タワーでも節分祭が行われます。

当日は高さ150メートルの展望台で豆まきが行われます。また、今年の恵方を向き、恵方巻をいただくイベントも開催。

なんと恵方巻は銀座の有名店「鮨 板井」の職人さん手作り。ただし、恵方巻は333個限定だそうです。恵方巻はお茶付きで税込み1000円です。

東京タワーの節分祭に参加するには、大展望台へ上る展望料金として、高校生以上900円、小・中学生500円、4歳以上400円が必要です。

日程:2018年2月3日
住所:〒105-0011 東京都港区芝公園4丁目2−8

節分の由来について

節分は文字の通り「季節を分ける」と書き、季節の節目・変わり目をを表す言葉です。

本来は1年に4回節分がありました。

節分とは本来、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日を指し、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に、1年に4回あったものでした。

ですが日本では、1年の始まりとして立春が特に尊ばれたため、節分といえば春の節分のみを指すようになったようです。

しかし、肝心の立春は2月4日です。春の節分が尊ばれ残ったとしても、なぜ「節分といえば2月3日」なのかを簡単に説明します。

古くから日本では季節の変わり目には邪気が生じると信じられています。そして、季節の変わり目以上に悪いものが入ってくると考えられていたのは、年の変わり目だそうです。

季節の変わり目、春の場合は年の変わり目ですが、その日は「雑節」といいます。節分は雑節のうちのひとつです。雑節は、季節の変わり目の前日を示します。

日本では季節の変わり目以上に、年の変わり目に邪気が生じると考えられていましたので、年の変わり目、つまり立春の前日に厄除けが行われていたのです。

平安時代の宮中では、大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われていました。

上記サイトの記載にもあるように、日本では古くから大晦日に厄除けが行われてきました。立春(2月4日)が1年の始まりであれば、「新年」となります。その大晦日は「2月3日」ですね。

このような理由から、2月3日に厄除けをする風習が根付いてきました。「鬼は外」という掛け声にも納得のいく歴史ですね。

節分におすすめなアイテム

節分に向けて用意しておきたいアイテムを何点かご紹介します。

飾り(置物)

節分の日が近づくにつれて季節感をだすためにも、玄関やオフィスの受付に節分にちなんだ置物を飾るのも良いでしょう。

節分の飾りと言うと怖い鬼のリースなどが多く存在しますが、今回ご紹介するのは可愛らしい鬼の置物。これならば子供が見ても怖いと感じずに、なおかつ存在感のある飾りとして置いておくことが可能です。

福豆

節分といえば豆まき、豆まきと言ったら福豆です。

今回ご紹介する福豆は小さい袋に小分けされた開運福豆で、国産の大豆を100%使用した質の高い豆となっています。小分けされており配りやすいので、家庭だけでなく職場などにも最適です。

節分の日について/まとめ

以上、節分の日について由来や日程、各種イベントなどを紹介してきました。

節分や恵方巻を深く調べてみると、日本では厄払い・悪いものを追い払うために「方角」と「季節の変わり目」が基準として重要視されてきたことがわかります。執筆者自身、調べながら引っ越す際や普段の掃除、インテリアの模様替えなんかも、運気の良い方角を無意識に意識するようになっていました。

各地での節分祭も、個性的なイベントが光ります。この際に少し遠出してイベントを満喫してみるのもよさそうです。