宅配クリーニングとは?使ってわかったメリット・デメリット

「日々忙しく、クリーニングを出す暇がない!」

そんな方にオススメなのが「宅配クリーニング」です。しかし、宅配クリーニングってどんなサービスなのか、どういった特徴があるのかがイマイチわからない人もいらっしゃると思います。

そこで本記事では、宅配クリーニングとはどんなサービスなのか、実際に利用して感じたメリット・デメリットを徹底紹介。宅配クリーニングの利用を考えている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

宅配クリーニングとは?

宅配クリーニングとは、実店舗に衣類を持ち込む必要なく、業者がユーザーの自宅や職場にクリーニング品を集荷、配送してくれるサービスです。

直接宅配クリーニングを受け付けている工場もあれば、受付専用の窓口から依頼があったときに、提携しているクリーニング店に業者側が横に流すようなシステムとなっています。イメージ図が下記となります。

宅配クリーニングはアウターやボトムスなど、下着以外の衣類をまとめて一つの箱に詰めて送ることができます。手間もかからず楽なので、実店舗におけるクリーニングの市場規模は下がってきていますが、逆に宅配クリーニング自体の需要は右肩上がりです。

使って感じた!宅配クリーニング6つのメリット

私がよく使っている宅配クリーニングは「リネット」です。その他にも色々な宅配クリーニングが存在しますが、共通して言えるメリットが6つあります。

日々の洗濯時間・労働から開放される

疲れている日だと洗濯するのも面倒ですし、夜に洗濯機を回せない賃貸に住んでいる方、日々家事をしたり子守をしたりで、今日はちょっと疲れてるから少し楽になりたい主婦(夫)もいらっしゃると思います。

一般的な洗濯は、「洗濯機を回す → 洗濯物を干す → 乾くまで待つ → シワのあるワイシャツ等にアイロンをかける → 衣類をたたむ」の4~5ステップが必要です。ハッキリ言って、この工程を毎日やるとすると、結構な時間を取られるのは間違いありません。

そんなときに便利なのが、宅配クリーニングです。

下着以外の衣類を箱に詰めて業者に集荷してもらうだけでクリーニングをしてもらえるので、日々の洗濯時間や労働時間から開放されます。

宅配クリーニングに出した衣類は、ワイシャツ等のアイロンをかけるところまでやってくれます。戻ってきた衣類をタンス等に畳んで入れるだけで洗濯は終わりとなるため、色々な洗濯工程をスキップできるのがメリットと言えます。

クリーニング店に足を運ぶ必要がない

社会人にとって、宅配クリーニングは非常にありがたい存在と言えます。

朝8時には家を出て、夜は21時過ぎに帰宅の生活を送っていると、平日に社会人がクリーニング店に衣類を持っていくことは難しいと思います。また、休日と言っても平日の疲れを取るために休みたいと思いますし、家族サービスの時間に充てたい人も多いでしょう。

宅配クリーニングならば、わざわざ実店舗に出向く必要がなく、受け取りに行く必要もありません。

早朝や深夜に集荷ができる宅配クリーニング業者も存在するので、日中の時間がないサラリーマンにピッタリのサービスです。

24時間受け付けをしている

宅配クリーニングの大きなメリットは、なんと言っても受付が24時間となっていることです。

通常のクリーニングだと、実店舗の営業時間が決まっているので、その時間内に衣類を持っていかなければなりません。

しかし、宅配クリーニングはネット上からの申し込みができるため、基本的には24時間受付となっています。深夜に申し込みをした場合、集荷は流石に翌日の早朝からとなってしまいますが、当日受け付け、当日集荷も可能なケースもあります。

思った以上に仕上がり状況は良い

宅配クリーニングは相手の顔が見えないから、なんとなく仕上がりに不安を感じるのよね。

初めて宅配クリーニングを使おうと思っている人の多くは、「きちんとクリーニングがされるのか」、「どのくらい汚れが落ちるのか」などの不安を覚えると思います。

私も宅配クリーニングを初めて使う前は同じことを思っていました。しかし、実際に使ってみると思った以上に仕上がり状況が良いことに驚きました。

下記は、首元の黄ばみを取るためにリネットの通常コースで申し込みをした時のビフォーアフターとなります。

ジャージのほうは完全に黄ばみがとれていること、ジャケットは黄ばみがだいぶ薄くなりました。正直ジャケットのほうは繊維まで黄ばみが浸透してしまったので捨てようと思ってたレベルだったのですが、思った以上に黄ばみがとれて驚きました。

ちなみに集荷時に、衣類はこんな感じで箱に投げ捨てています。シワがしっかり取れているかのチェックをするため、あえて乱雑に放り込んでます。

そして戻ってきたのはこちら。

しっかりとシワ取りもできていますし、一着一着ナイロンカバーに包まれていること、ハンガーに掛けている丁寧な仕事ができています。

宅配クリーニングの仕上がりに不安がある人も、これを見たらだいぶ気持ちが和らいだのではないでしょうか。

クリーニング後の保管サービスもある

冬物のコートやダウンを宅配クリーニングに出すことも可能です。

しかし、その後戻ってきたとしてもクローゼットに収納するスペースがなかったり、冬までに変なニオイがついたり、自分で保管することに自信がない方もいらっしゃると思います。

そこで宅配クリーニング業者では、衣類のクリーニング後に指定期間まであちら側で保管するサービスも行っています。全ての宅配クリーニング業者で行っているわけではありませんが、大手と呼ばれる業者では保管サービスも併用できるので、今の時期に使わない衣類は大事に保管してもらうのも良いと思います。

少量1点からの宅配クリーニングも受け付けている

宅配クリーニングは基本的に衣類をまとめて出す人が多いです。

ただし、コートやダウンなどの1点物だけ、あるいは2~3着の少量を宅配クリーニングに依頼したいこともあるかもしれません。大抵の宅配クリーニングでは、少量1点からの受付が可能になっていますので、その辺は心配しなくても大丈夫です。

ここが残念?宅配クリーニング4つのデメリット

ここまでは宅配クリーニングのメリットをご紹介してきましたが、その逆にデメリットも存在します。あえて触れにくい宅配クリーニングのデメリットを包み隠さずご紹介します。

配送になるので仕上がりまでに多少時間がかかる

まず一つ目のデメリットになるのが、仕上がりまでに多少時間がかかってしまうことです。実店舗だと、次のようなステップでクリーニングが行われます。

  1. 衣類を持ち込む
  2. クリーニングをしてもらう
  3. 衣類を受け取りに行く

ところが、宅配クリーニングだと次のようなステップとなります。

  1. 申し込みを行う
  2. 衣類を集荷してもらう
  3. 衣類をクリーニング工場まで配送する
  4. クリーニング工場から自宅へ配送する
  5. 衣類を受け取る

違いは、「2回の配送」があることです。特にクリーニング工場から見て遠方に住んでいる人だと、往復で配送に2日程度かかることもあります。そのため、衣類のクリーニングにかかる時間も合わせると、仕上がりまでに最低でも5日程度の時間を要します。

今すぐ急ぎでクリーニングをしてもらいたい人にとってのデメリットとなりますが、住んでいる地域によっては24時間以内の仕上げも可能です。

仕上がりに掛かるまでの時間は、宅配クリーニング業者によって大きく変わります。私がメインで使っているリネットでしたら、最短24時間以内の仕上がりになっていました。

場合によっては送料も負担しなければならない

宅配クリーニングのメリットで、「少量からのクリーニングも出来る」と紹介しました。しかし、デメリットも持ち合わせており、少量の衣類だと送料無料になる金額まで届かないことが多いため、自分で送料負担をしなければならないケースが多いです。

往復送料はリネットだと3,000円以上から無料になりますが、他の宅配クリーニングだとそもそも無料になることがない業者も存在します。使う業者によって、送料負担しなければならないことは、頭の片隅に認識しておいてもらえればと思います。

相手の顔が見えない

初めて宅配クリーニングを使う人にとって、相手の顔が見えないことはなんとなく不安を覚えると思います。

ただし、利用する業者によっては、どんな人がクリーニングを行っているかを紹介していることもあります。例えば、大手宅配クリーニングのリネットだとパートナー工場を公式ホームページでしっかりと明記しています。

相手の顔が見えなくて不安を覚えている方も、少しでもどんな人がクリーニングを行っているのかが分かれば、利用に対する不安も多少は和らぐかと思います。

洗い方などを細かく指定することが難しい

このアウターは手洗い。ダウンは撥水加工。ここの箇所をシミ抜きしてほしい。

実店舗だと、上記のようにどの部分を重点的に洗ってほしいと注文を細かくつけることができます。しかし、宅配クリーニングだと少し厳しく、超細かい注文をつけることは難しいです。

 

ある程度クリーニング工場で、衣類を見てシミ抜きなどを行う箇所を見つけますが、それでも全て完璧に見つけることは難しいです。

ただし、業者によっては「再仕上げが無料」でできることもあります。仕上がりに不満があった、思っていた箇所がシミ抜きされていない時に使えるので、その時にどこそこの汚れが残っているなどの注文をつけることは可能です。

宅配クリーニングをオススメできる人

ここまで、宅配クリーニングのメリット・デメリットを包み隠さず紹介してきました。以上を踏まえた上で、どんな人が宅配クリーニングの利用をおすすめできるのかを紹介します。

  • 実店舗にクリーニングを出す時間がない人
  • クリーニング店まで足を運ぶのが面倒な人
  • クリーニングついでに衣類を保管してもらいたい人
  • 日々の家事にちょっと疲れてしまった人

手間も時間もかからない宅配クリーニングは、日々忙しいサラリーマンを含めた社会人の方に便利なサービスです。私は一度宅配クリーニングを使ってから、実店舗に赴くことがなくなるくらい依存するようになってしまいました。

一度宅配クリーニングを利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク