節約!スマホ村

スマホを使った節約術をお教えします

UQモバイル

UQモバイルのデメリットとは?乗り換え前に知りたい5つの注意点

投稿日:

下記記事にて、UQ mobile(UQモバイル)のメリットについて徹底的に解説してきました。

UQモバイルのメリットとは?契約前に確認したい7つのこと

UQモバイル(uq mobile)を契約しようと思っているけど、本当にお得なんだろうか、乗り換えるメリットはあるのかな…。 誰しもが契約前に、このような考えを持つと思います。私も契約前、非常に悩みまく ...

続きを見る

しかしながら、乗り換え、新規契約を考えている方にはUQモバイルのデメリット部分についても知ってもらいたいです。

そこで本記事では、UQモバイルのデメリットを徹底的に解説していきます。

デメリット1:2年目から料金が上がる

UQモバイルは、1年目は1,980円から利用できますが、2年目になると全てのプランで値上げされるのがデメリットです。

月額料金(税抜)月間データ容量音声通話
おしゃべりプランS1年目:1,980円
2年目:2,980円
2GB国内通話5分間かけ放題
おしゃべりプランM1年目:2,980円
2年目:3,980円
6GB
おしゃべりプランL1年目:4,980円
2年目:5,980円
14GB
ぴったりプランS1年目:1,980円
2年目:2,980円
2GB月間60分かけ放題
ぴったりプランM1年目:2,980円
2年目:3,980円
6GB月間120分かけ放題
ぴったりプランL1年目:4,980円
2年目:5,980円
14GB月間180分かけ放題

UQモバイルの1年目はイチキュッパ割が適用されるため、月額料金が安くなっています。

イチキュッパ割とは

UQモバイルを新規/乗り換えで、「ぴったりプラン」もしくは「おしゃべりプラン」を契約すると、利用開始月から13ヶ月目まで基本料金が1,000円割引される「イチキュッパ割」が適用されます。

そのため、1年目の料金は1,980円からと格安になっていますが、2年目以降は最安でも2,980円からになります。

2年目からは若干高く感じるかもしれませんが、無料通話のかけ放題や通信速度の面を考慮するとそこまで高いとは感じないでしょう。

費用対効果は高いです。

特にスマホの通信費を節約しようと思っている方は、他のMVNOも検討するかもしれませんが、UQモバイルやワイモバイルを除いた格安SIMはハッキリ言って通信速度が遅くストレスが溜まるのは間違いありません。

私自身、LINEモバイル、mineo、BIGLOBE、nuroモバイル、OCNなどを使ってきましたが、現時点でも継続して使っているのは、データ通信専用のLINEモバイルと、音声通話のUQモバイルの2つだけです。

格安SIMは確かに月額料金が安いのが魅力的ですが、結局安かろう悪かろうの品質です。その点UQモバイルは通信速度の担保、リーズナブルな価格での利用ができるので、2年目に1,000円料金が上がるのはそこまで大きなデメリットにならないでしょう。

デメリット2:オンラインショップでの新規契約はクレジットカード払い必須

2つ目のデメリットとして、UQモバイルをオンラインショップで契約する場合、支払い方法が「クレジットカードのみ」の一つしかないことです。

リアル店舗のUQモバイルショップに行けば口座振替に対応していますが、オンラインショップや電話窓口で新規契約する場合は支払い方法がクレジットカードに限定されます。なお、MNPに関しては口座振替にも対応しています。

新規契約で口座振替や自動振込を選択肢た場合、UQモバイルの審査に無条件で落ちるので注意して下さい。

デメリット3:データチャージが手動

UQモバイルを新規契約、MNP乗り換え、機種変更した際、2年間データ容量無料で2倍オプションがついてきます。

本来のオプション料金は500円。非常に嬉しいキャンペーンとなっています。

しかし注意したいのは、データの追加は手動でやらなければいけないことです。

あくまでもオプションなので自動でデータの追加はできません。My UQからデータのチャージを行うことで、本来発生すべきチャージ料金が無料となるだけです。

契約後に「データ2倍は嘘!」と騒ぐ人がいるのは、この辺を理解せずに契約してしまったからです。

チャージし忘れると、その月のチャージデータは切り捨てられます。
UQモバイルは余ったデータを翌月に繰り越しできるので、とりあえず翌月前に無料分のチャージはしておくことをおすすめします。

デメリット4:iPhoneのテザリング問題

UQモバイルでは基本的にSIMフリー端末であればテザリング可能になっています。しかし、iPhoneに関してはSIMフリー端末にも関わらず一部の機種でテザリングがサポート外となっています。

2018年7月時点でiPhoneのテザリングがサポート外になっているのが下記です。

  • iPhone 7
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone X

それ以前の端末や、UQモバイルで販売しているiPhone 6、iPhone SEなどではテザリングが可能になっています。

デメリット5:auからUQモバイルへの乗り換えで後悔する?

ネット上の口コミなどを見ていると、「auからUQモバイルに乗り換えすると損をする、後悔する」という書き込みがちらほらあること。

実際使ってみるとそんなことはないんですけどね。

通信速度が遅くなって後悔するという嘘

UQモバイルにすると、auよりも速度が遅いと言う方もいます。

実際のUQモバイルの速度ですが、下記のように非常に速いです。

回線が混雑しやすいお昼の12時台でも、室内絵約17.8Mbps、屋外で約79.9Mbps。

これ以上の速さを求めるとなると、固定回線を引くしかないと思います。速度は決して3大キャリアに負けていません。

UQモバイルの速度が遅いという人は、たまたま電波の悪いところで通信速度を測ったか、もしくは一時的に繋がりにくい状況だったのでしょう。

auからの乗り換えは高いという嘘

UQモバイルへauから乗り換えすると、スマトク割/長期利用割引が適用されず、1年目から1,980円じゃなくて2,980円での利用になる、という嘘の情報を流している人がいます。

事実昔はそうでしたが、2018年7月時点ではauからの乗り換えでもスマトク割が適用され、1年目から1,980円で利用できます

スマトク割がauからの乗り換えでも適用されるようになったのは2017年3月1日から。同時に2年間データ容量2倍キャンペーンも適用されるようになっています。

UQモバイルのデメリットは思ったより少ない

ここまで、UQモバイルを利用することのデメリットについて紹介してきました。

致命的なデメリットと呼べる箇所もなく、自分で使い方に気をつけていれば全てカバーできる内容になっています。

3大キャリアからの乗り換えで、UQモバイルより使いやすい格安SIMはないと言ってもいいでしょう。そのくらいおすすめできる格安SIMです。

UQモバイルのメリット、デメリットを踏まえた上で、契約を検討してみてはいかがでしょうか。

UQモバイル公式はコチラ

-UQモバイル
-,

Copyright© 節約!スマホ村 , 2018 All Rights Reserved.