節約!スマホ村

スマホを使った節約術をお教えします

Twitter

Twitterのヘッダーサイズ・画像の作り方・変更方法をまとめて紹介

更新日:

Twitterで他の人とは一味違う雰囲気を出したい場合、プロフィールもそうですが、ヘッダー画像にも気を使いたいとことです。ヘッダーはプロフィールページで最も大きく表示される部分のため、使う画像もキレイものに設定するのがベスト。

しかし、Twitterのヘッダーサイズが異なると、せっかくのキレイな画像も解像度が合っていなく、途中で途切れたり、拡大表示されて全体がボヤケて表示されてしまいます。

そこで本記事では、Twitterのヘッダーサイズの紹介や、画像の作り方をパソコン、スマホを例に紹介していきます。

スポンサーリンク

Twitterのヘッダー画像サイズ

Twitterにおけるヘッダー画像とは、上記のようにプロフィールの上部に表示される枠のことを指します。

Twitterの適切なヘッダー画像サイズは「1500 x 500」です。

これはTwitter公式でも推奨されている画像サイズなので、このサイズでヘッダー画像を作れば間違いありません。ちなみにプロフィール画像の適切なサイズは「400 x 400」となります。

ヘッダーの一部が切れる問題

ヘッダーサイズはTwitter公式で「1500 x 500」と発表していますが、環境によってはヘッダーの一部が切れて表示されてしまうことがあります。原因として考えられるのは次の2つです。

  • いつもとモニタサイズの大きさが違う
  • いつもと異なるブラウザを使っている

現象としては、ヘッダー画像の上下60px程度が途切れてしまうことです。これは個人の環境の問題が大きいため、ヘッダー画像を作る際は、「縦500pxの内、440px以内にヘッダーとして表示したい文字や画像などを入れ込む」ことをおすすめします。

このサイズで作ることで、たとえ上下60px途切れたとしても、しっかりと見せたい部分は見せられるヘッダー画像になります。

Twitterヘッダー画像の作り方

Twitterのヘッダー画像の作り方をパソコン、スマホで紹介していきます。

Flickerと呼ばれるサイトで、Twitterが提供している適切なヘッダー画像も用意されていますので、作るのがちょっと面倒という方は活用してみてください。

外部Twitterが用意している、最適なサイズのヘッダー画像

パソコン(Windows/Mac)

パソコンでヘッダー画像を作るならば、Windows/Mac両対応の「PhotoScape X」がおすすめです。PhotoScape Xはフリーソフトなので無料で利用できます。しかし、簡単な画像加工やエフェクト、モザイク処理などの機能が一通り揃っているので、フリーソフトにしては高機能です。

インストールしたらPhotoScape Xを起動し、すでに画像を用意して少し加工を行いたい場合は、ドラッグ&ドロップで画像の読み込みができます。そして、画像を切り抜きしたりした後、「サイズ変更」から縦、横のサイズを調整します。

もし新規作成する場合は「その他」から「新規」をクリックして、幅1500px、高さ500pxの画像を新たに作りましょう。

その他パソコンの場合、ペイントソフトや、有料ならば、Adobe PhotoshopやIllustratorなどで画像を作ることができます。

スマホ(iPhone/Android)

iPhoneやAndroidスマホからヘッダーの画像サイズを調整する場合は、アプリをインストールすることをおすすめします。個人的におすすめなアプリは「PicsArt」。

画像サイズの変更だけでなく、フォトフレームや簡単な文字加工、エフェクトやコラージュなど、一通りの加工ツールが揃った画像編集アプリです。

Twitterヘッダー画像の変更方法

Twitterのヘッダー画像を変更する方法について、パソコンとスマホから紹介します。

パソコン(Windows/Mac)

1.Twitterのプロフィールページを開き、「プロフィールを編集」をクリックします。

2.画面中央に「ヘッダー画像を追加する」とあるのでクリックし、「画像をアップロード」を選択します。

3.パソコン内にある画像を選択後、ヘッダーの位置とサイズを変更できます。画像サイズが「1500 x 500」の場合何も調整する必要はないので、そのまま「適用」を押します。

4.適用をクリックすると、「ヘッダーが公開されました。」と画面上部に表示されます。あとはヘッダー右下の「変更を保存」をクリックしてヘッダー画像の変更は完了となります。

スマホ(iPhone/Android)

今回はiPhoneを例にご紹介しますが、基本的な操作に関してはAndroidスマホも同じです。

1.Twitterアプリを開き、プロフィールページを開きます。次にプロフィールページの「変更」をタップしてください。

2.画面上部の「カメラアイコン」をタップします。これがヘッダー部分となります。

3.カメラアイコンをタップすると、端末内に保存されている画像一覧が表示されるので、ヘッダーとして設定したい画像を選択します。

4.ヘッダー画像のサイズ調整画面が表示されます。「1500 x 500」の場合は、そのまま右上の「適用」をタップしましょう。それ以外のサイズの方は、トリミングなどをして画像を調整しましょう。適用を押すと、ヘッダーにする部分のみが表示されるので、問題なかったら「完了」をタップします。

5.編集画面に戻るので、ヘッダー画像が適用されたのを確認できたら、右上の「保存」をタップして、ヘッダー画像の変更は完了となります。

スポンサーリンク

最後に

以上、Twitterのヘッダーサイズや画像の作り方、ヘッダーの変更方法についての紹介でした。

ヘッダー画像をキレイに作るコツは、適切な画像サイズと、鮮明な画像を組み合わせることです。ぜひ、目立つ、ヘッダーを見ればどんなTwitterアカウントか一発でわかるような画像を作って設定しましょう。

スポンサーリンク

-Twitter
-, ,

Copyright© 節約!スマホ村 , 2018 All Rights Reserved.