Twitterのエゴサーチのやり方/エゴサーチはフォロワーにばれるのか?

Twitterのフォロワーが多い人は、自分の評価がTwitter上でどのようになっているのかが気になる事もあります。そんな時に行うのが「エゴサーチ」です。エゴサーチを使うことで、Twitter上での自分の評価が大まかにわかります。

そこで本記事では、Twitterのエゴサーチのやり方を紹介。また、エゴサーチしたことがフォロワーにバレるのか、メリットやデメリットについてあわせて紹介します。

 Twitterのエゴサーチの意味とは

エゴサーチとは、ネット上で自分の名前やアカウント名などを検索して、どのような情報が乗せられているのかや、どんな書き込みがされているのかを調べることを指します。

ネットには様々な人がアクセスしているのでいいことが書き込まれていたり逆に批判的なことを書かれたりします。エゴサーチをすることで自分が発信した情報がどのように受け取られたのかを確認することができ今後の情報発信に役立てることができます。

エゴサーチのやり方

まずはTwitterアプリを開き、ホーム画面の虫眼鏡のボタンをタップします。

次に「キーワード検索」の枠をタップします。ちなみにこの検索画面には、今現在話題になっている情報が表示され、つぶやきやいいねの数が多い順にトレンドキーワードが並んでいます。

検索画面が出てくるので一番上の枠に自分の名前や発信した情報に関することを入力してみましょう。検索の例としては「田中太郎」と自分の本名を入力したりブログを運営している人であれば「http://」を除いて、「□□.com」と検索をかけると自分のサイトに関するつぶやきを見ることができます。

では実際に検索をかけてエゴサーチをしてみましょう。今回は「渡辺直美」さんを例にエゴサーチをしていきます。

検索バーに渡辺直美さんの名前を打ち込んでみました。すると”渡辺直美”と”○○”のように言葉の組み合わせが何個か表示されます。検索数が多くなるとこのように表示されます。その下には渡辺直美さん関連のアカウントが表示されています。

検索バーは「渡辺直美」のままで移動してみます。すると「渡辺直美」がキーワードとしてに含まれているツイートが表示されます。エゴサーチはこのキーワードをいくつか試してみることで様々な反応を見ることができます。

エゴサーチはフォロワーにバレる?

結論から言うとエゴサーチをしてもフォロワーにはバレません。

もし検索履歴がTwitterに残っていて、その履歴をスマホを手渡したときに見られてしまったらバレてしまうかもしれません。逆に言うとスマホを渡さなければまずバレることはないです。

エゴサーチのメリット/デメリット

エゴサーチをすることにはメリット、デメリットの両方があります。それらを別々に上げていきたいと思います。

メリット

他人からの評価がわかる

これはエゴサををするときの一番大きな目的だと思います。

匿名性のあるインターネットでは現実世界では言えないような素直な意見が書き込めます。インターネットを使わずに意見を集めようとしたら莫大な費用と労力が必要になり現実的ではなくなってしまいます。

高評価がもらえると嬉しく感じる

高い評価や「いいね」がつくとどんな些細なことでも嬉しく感じると思います。その嬉しさが次の投稿への意欲を掻き立ててくれます。

自分と同じ価値観を持つ人を見つけるチャンス

自分と同じような分野に興味を持っていたり同じような考え方の人をツイートから見つけられることもあります。こうした人とつながりを広げていくよいきっかけになります。

デメリット

 意図的な批判

中にはストレスを発散するこのように事実を誇張した書き込みをしたり他人を罵倒するような書き込みをする人もいます。こうした書き込みを見たとしても深く考え込まないことが大切です。

過剰な評価

逆に何らかの目的のためにわざと高い評価をする人もいます。行き過ぎた評価はあまりあてにしないほうが得策でしょう。

ストレスの原因になる可能性も

否定的な書き込みがあった時のショックはとても大きなものです。エゴサーチがきっかけで精神的に不安定になってしまう可能性もあります。そしてさらに悪いこと周りからの評価が気になってしまい中毒になったかのように繰り返してしまう場合もあります。

まとめ

以上、エゴサーチのやりかたについての紹介でした。

Twitterでのエゴサーチは簡単に行うことができます。しかしそれゆえに、たくさんの情報の中から正しい情報と正しくない情報を見分ける能力も必要になってきます。

書き込まれたことがすべて正しいと思い込むのではなく、ず自分で考えて得られた情報をどう活用するかがとても大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です