洗濯物のつけ置き洗いの正しい時間とやり方!一晩中、1日中がNGな理由とは

衣類の汚れが酷い時や臭いが気になる時はどのようにして洗濯しているでしょうか。そのまま洗濯機へ放り込んで柔軟剤や香りの強い洗剤を使う人もいるかと思いますが、ちょっとした衣類でしたらつけ置きをすれば臭いや汚れが落ちやすくなります。

つけ置きと言っても、石鹸でゴシゴシ洗うのではなく洗剤などを入れて放置するだけなのでとっても簡単。衣類だけではなくスニーカーやカーペット、シーツなどでも使える洗濯手法です。

そこで本記事では、洗濯物のつけ置き洗の正しいやり方や、つけ置きする時間等を徹底紹介。その他、つけ置き洗の注意点も詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

一晩中、丸一日のつけ置き洗濯がNGな3つの理由

つけ置きだからと言って、何時間も放置するのはNGです。ここではなぜ長時間のつけ置き洗濯がNGなのか、その理由を紹介します。

洗濯物に雑菌やカビが付きやすくなる

つけ置きした状態で一晩中、一日中放置してしまうと、衣類が雑菌臭・カビ発生の原因になることも。

特に高温多湿な梅雨から夏にかけては、一晩、一日放置してしまうと雑菌が大量に繁殖し、洗濯物自体が雑菌まみれになり洗濯物が臭くなります。

お風呂の残り湯を洗濯槽に入れた後そのままタイマーをかけ放置することもありますが、20~40°のお湯は雑菌が繁殖しやすい上、皮脂や汚れは雑菌のエサとなり、つけ置き洗濯しても洗濯物が臭う可能性大。

雑菌はぬるま湯が大好きですので、長時間つけ置きすると洗っても落ちない雑菌臭が染み付いてしまいます。

しかも付いた雑菌は殺菌処理しない限り、何度洗っても臭いは消えませんし、乾いても濡れると再び雑菌臭がしたりと長時間のつけ置きには注意が必要です。

汚れが洗濯物に付いてしまう

一晩中・丸一日洗濯物をつけ置きした方が、衣類の汚れも落ちてキレイになるような気がしますが、全くの逆効果です。

確かにつけ置きすれば汚れが落ちますが、長時間つけ置きすることで落ちた汚れが再び付着。しかも、つける前はキレイだった部分にまで落ちた汚れが付着する可能性もあります。

特に注意したいのが、ポリエステル素材。ポリエステルは長時間つけ置きすると、落ちた汚れを吸い込んでしまい黒ずみが残ってしまうこともあります。他にも落ちた衣類の染料が他の服に色移りすることもあるので、特に注意しましょう。

洗濯機が壊れる原因になる

洗濯機でつけ置き洗いをする場合、洗濯槽の中に水(お湯)を入れ続けていると、洗濯機の機能が壊れてしまう原因になります。

例えば朝一番に洗濯しようと夜の間に水を溜め、洗剤につけたまま一晩置くつけ置き洗いを続けていると、洗濯機が故障する例が報告されています。

洗濯機は元々水を溜めっぱなしにするよう設計されていませんから、長時間水を溜めたままにしておくと、洗濯機の底にある排水弁が壊れる原因になるので、注意が必要。

洗濯機の平均寿命は6~8年ですが、習慣的に洗濯機につけ置きしておくと2~3年などの短期間で買い替えるはめになりかねませんので気を付けて下さい。

つけ置き洗濯の時間目安とその理由

つけ置き洗濯の正しい時間は30分~1時間程度、デリケートな衣類の場合なら10分程度が目安です

水・お湯につけ置き、時間を守れば汚れの8割は落ちますので、これ以上つけ置きしてもより汚れが落ちるどころかデメリットが生じてしまう可能性が高くなります。

つけ置き時間が長くなることで衣類がちぢむ・色落ち・色移りの原因になる可能性がありますので、つけ置き洗濯の時間は守りましょう。

つけ置き洗濯の正しいやり方

つけ置き洗濯の正しいやり方は、次のとおりです。

  1. 洗濯物のタグを確認
  2. 衣類の汚れ具合を確認
  3. お湯または水に洗剤を入れる
  4. 洗濯物を畳んでつけ置き水に入れる
  5. つけ置きが終わったら洗濯機へ放り込む

具体的なやり方と注意点をご紹介します。

1.洗う洗濯物のタグを確認する

洗う洗濯物のタグを見ないまま洗濯すると、衣類を痛める原因になってしまいます。

タグに桶マークにバツ印が付いていた場合、つけ置き洗濯には向いていません。なお、タグに書かれている水温にも注意し、書かれている温度より少し低めのお湯を入れて下さい

2.ひどい汚れの時には、汚れに直接洗剤を付ける

洗いたい衣類の汚れ(えりや袖口など)なら、直接洗剤を付ければ汚れもより落ちやすくなります。

3.お湯または水に洗剤を入れ、洗剤を入れる

キレイなお湯または水に洗剤を入れ、洗剤が解け残らないようしっかり混ぜます。

入れる洗剤の種類は、ドロ汚れや食べこぼしのようなガンコな汚れの場合は「弱アルカリ性洗剤」のものを入れ、つけ置き洗濯すれば汚れも落ちます。(時間がない時には、直接汚れに塗り洗濯機に入れて洗ってもOK)

白い衣類なら蛍光剤入りの洗剤、色・柄入りの衣類には蛍光剤なしの洗剤を使うようにしましょう。

4.洗濯物をたたみ、洗剤を入れたお湯(水)につける

洗濯物にお湯がよくなじむよう洗濯物をたたんでお湯に入れ、30分から1時間程度つけ置きます。

お湯が汚れてきたら汚れが落ちているサインです。時々洗濯物をチェックしながら洗うようにすれば、汚れの落ち具合や落ちた汚れの再付着、色移りを防げます。

5.洗濯機に入れる

洗濯物の汚れが落ちたら、洗濯機の脱水機能で短時間(30秒程度)脱水をかけます。

もしつけ置き洗濯した後も汚れがひどいようなら、軽くもみ洗いしてから通常の洗濯と同様に洗濯しましょう。

つけ置き洗濯に使う道具

つけ置き洗濯に使うものは、非常にシンプルです。

  • 洗い桶(洗濯機)
  • お湯(または水)
  • 洗濯洗剤

入れる洗剤は普段洗濯で利用している洗剤でかまいませんが、頑固で落ちにくい汚れには酸素系漂白剤を使います。

放置すると黄色くなってしまうような、頑固で落ちにくい皮脂汚れ(枕カバーやワイシャツのえり汚れなど)を落としたいなら、洗濯用の漂白剤に重曹を混ぜましょう。

重曹は水に溶かすと「弱アルカリ性」に変化しますから、皮脂のような酸性の汚れが落ちやすくなりますし、衣類の臭いを取ってくれる効果もあります。

他にもデリケートな素材をつけ置き洗濯したいなら、おしゃれ着専用洗剤に漬け込むなど、汚れの用途によって使う洗剤を使い分けて下さい。

汚れをより一層落とすためには

つけ置き洗剤として、セスキ炭酸ソーダやオキシクリーンなどの道具を使う人もいます。巷では「オキシ漬け」と呼ばれてたりします。

これらの道具を使うとしたら、洗剤では中々シミが落ちにくい時が良いでしょう。

また、クエン酸を小さじ1杯程度入れることで、柔軟剤のようにふんわりとした仕上がりにしてくれます。その他にクエン酸には消臭効果や除菌効果もあるので、少し衣類が臭いと感じた時に使うのが良いでしょう。クエン酸だけでなく、ミョウバン水も同様に消臭や除菌効果があります。

つけ置き洗濯のメリット

生地を傷めずキレイに洗える

つけ置き洗濯は、ガンコな汚れやデリケートな衣類を洗うのに向いている洗濯方法。

洗濯機で衣類を洗う場合、洗濯槽で衣類がからまることで、どうしても衣類が傷んでしまいます。一方つけ置き洗濯は、よほど頑固な汚れ以外はつけ置き洗濯で落とせてしまいますから、衣類を傷めずキレイに仕上げられます。

繊維に溜まった汚れも落とせる

ドロ汚れや皮脂汚れが落ちにくいのは、繊維の奥深くにまで汚れが溜まっていることが原因。

洗濯物が臭くなる原因のひとつに、繊維の奥に残った汚れが落ちないまま蓄積すると、乾いた後でも濡れると雑菌臭がするようになってしまいます。

つけ置き洗濯することで、繊維の奥にまで染み込んでいる汚れも浮きやすくなり、そのまま洗濯機で洗うより汚れ・臭いが落ちやすいのも大きな特徴です。

型崩れしにくい

手洗いが必要な素材(アンゴラなどの天然素材)や大切にしている衣類など、型崩れや毛玉を作りたくない衣類の場合、洗濯液を作った後、たたんだ衣類を液につけ10分程度つけ置き洗濯しましょう。

通常の洗濯ではちぢむ、しわができるような繊細な素材の場合、つけ置き洗いや押し洗いをすることで、生地がちぢむ、型崩れすることなくキレイに仕上げられるのもメリットのひとつです。

つけ置き洗濯のデメリット

洗剤を入れすぎると失敗しやすい

つけ置き洗濯をする際、規定量よりも多めの洗剤を入れた方がより汚れが落ちるように誤解しがちですが、洗剤を多めに入れても効果が強すぎるがゆえに生地がちぢむ・傷む・色落ちの原因になります。

量が多すぎるとすすぎが足りず、洗剤自体が生地に残り肌を刺激する原因になりかねません。

洗った後はすぐ脱水しないと臭くなる

つけ置き洗濯した後の洗濯物をそのままにしておくと、雑菌がわき洗濯物が臭くなってしまいます。

洗濯機で脱水する時間がなく、そのまま干してしまうと乾くまで時間がかかりますから、その分雑菌がわきやすくなりますし、脱水されないままでは衣類が傷む原因になることもあります。

まとめ

ここまで、つけ置き洗濯洗いについて徹底紹介してきました。

家族全員分つけ置き洗いするのは非常に大変ですが、一人暮らしの人であれば衣類も少ないので手軽に行えるかと思います。また、布おむつなどはつけ置き洗濯の基本なので、正しいやり方を覚えておいて損はありません。

少し臭いが気になる、汚れが落ちないと感じた衣類はつけ置き洗いを試してみてください。

スポンサーリンク