雑テック

初めてでもわかるスマホアプリの使い方

衣替え/衣類収納のコツや収納ケースなど選び方を紹介

衣替え/衣類収納のコツや収納ケースなど選び方を紹介

春夏秋冬、それぞれの季節の境目になると始まる衣替え。しかしながら、衣替えする衣類がたくさんありすぎて収納に困ってしまうことも毎年の悩み、と言う人も少なくないでしょう。

そこで本記事では、衣替え時に役立つ衣類収納のコツや、収納ケースの選び方などをご紹介します。

スポンサーリンク


衣替え/衣類収納のコツ

衣替えの時期になると、この季節は何を着ていたのか、タンスやクローゼットから引っ張り出しては悩み、また戻して探して、の繰り返しになってはいないでしょうか。

衣類は、以下2点を守って収納していくと、「取り出しやすい」「傷みにくい」衣類の整理整頓ができます。

  1. 季節ごとに衣類のチーム分けをする
  2. たたむ衣類とハンガーにつるす衣類を分ける

それぞれについて、次章から簡潔にご説明していきます。

【1】季節ごとに衣類のチーム分けをする

まず、衣類は収納する前に季節によって必ず分けてから収納することで、衣類が混在しどこに何があったかわからなくなってしまう状態を防ぐことができます。

例えば、以下のような大きなくくりを作ります。

  • 真冬用の厚手の衣類
  • 夏用の衣類
  • 春物の色や柄の衣類
  • 秋冬用のTシャツなど薄手の衣類
  • 通年着るパーカーやカーディガン

収納スペースにもよるのですが、厚手/薄手の大きなくくりだけでもOKです。もう少し細かく分類したい場合は、色や柄をそろえて収納すると、季節感が出てよりわかりやすい収納となります。

【2】たたむ衣類とハンガーに吊るす衣類を分ける

ハンガーに下げておけば、何度もたたむ手間がありませんし、なるべく吊るすだけの収納を行いたいところです。ただ、それでは収納スペースがいくらあっても足りなくなってしまいます。

ですので、まずは「たたむ収納」を基本に考え、衣類収納を行ってみましょう。

たたむ衣類

たたむ衣類は、以下のような衣類が考えられます。

  • ジーパンなどのボトムス
  • 下着やパジャマ
  • ニットやセーター
  • カーディガン
  • YシャツやTシャツ

上記の、どの衣類も積み重ねて収納ケースにしまうのではなく「立てて収納する」ようにすると、目的の衣類が大変探しやすくなります。

また、畳んだときの形が揃うよう、同じ収納ケースにしまう衣類は同じ畳み方をするよう意識してみましょう。

衣類の畳み方

畳み方の例を2種類、下記に記載します。

【1】シャツ類の畳み方

下記写真では半袖Tシャツを畳んでいますが、カットソーや肌着にも応用できます。

 

まず最初にTシャツの前身ごろを上にして畳みます。次に、袖部分を折り返してください。

反対側も同じように袖部分を折り返します。全体の形が長方形になるようにします。

できた長方形を二つ折りにします。二つ折りした衣類を更に三つ折りにすると立つように畳めるので、衣類を立てて収納ケースにしまうことができます。

【2】厚手のセーター等の畳み方

次に、セーターやニットなど厚手の衣類の畳み方です。

こちらも袖が折り重ならないように畳み、立てて収納しましょう。積み重ねてしまい重さでつぶれてしまうことも防げますし、ハンガーにつるさないため、型崩れ防止にもなります。

 

畳んでから衣類を圧縮する際の注意点

畳んだはよいものの、収納ケースのスペース節約のために、圧縮できないだろうかと考える方も多いのではと思います。もちろん圧縮するのは問題ありませんが、いくつか注意点があります。

【1】シミの確認

衣類を圧縮して収納する際は、まず圧縮する衣類にシミがないか確認しましょう。

圧縮して固まった衣類のシミは、大変とれにくく、いざ着ようとしたときにがっかりすることにもなりかねません。

【2】衣類が乾き済みか

次に、圧縮する衣類はきちんと乾いた状態かということも注意点。水分が残っている状態だとカビの原因になります。完全に乾いた衣類を圧縮袋で収納しましょう。

圧縮袋は、旅行時にも使用した方が多いと思いますが、収納のために使用する場合は、次の2つのポイントを守って圧縮してみましょう。

1.3分の1程度空気が残るくらいに圧縮するようにする。

理由は、衣類への負担を少しでも避けるためです。

2.圧縮袋のチャック部分を濡れタオルで拭いてから圧縮する。

濡れタオルでチャック部分を拭いておくことで、密着力が高まるためだんだんと空気が侵入してくるのを防げます。

ハンガーに吊るす衣類はどんなものがいいのか

通年必要となるYシャツは、つるして収納しておくと取り出しやすく便利です。また、しわになりやすいため、しわのつかない収納の仕方は家事の時短にもなります。

そして、コート類もハンガーでつるして収納するとよいでしょう。コート類は、衣類の中でも最も外気にさらされているため、外の湿気や菌などが付着しています。

そのためまずは、菌などの付着物をとったのち、部屋の広いところや廊下などでしっかりと乾燥させましょう。クローゼットにしまう際も、ハンガーにかけておくことで通気性がよくなりますので、傷みにくくなります。

収納ケースの選び方

収納ケースを選ぶ際は、収納ケースを置く場所の採寸と、ケースにしまう衣類の畳んだ時の採寸が両立するケースを選ぶことがベストです。

衣類のチーム分けごとに、収納ケースを選ぶ視点とおすすめ収納ケースをご紹介します。

【1】真冬用の厚手の衣類

おすすめは、シーズン以外、着用タイミングが少ない衣類は蓋つきのケースです。

着用回数が少ないものは、オフシーズンになれば下記写真のような蓋つきのケースにしまっておきましょう。

収納場所ですが、デッドスペースとなるような押入れの中高い棚の上や、ベッド下のスペース、クローゼットの最上段にしまっておきましょう。開け閉めする頻度が少ないので衣類にほこりがかかってしまう、といった心配はありません。

【2】夏用の衣類/春物の色や柄の衣類

夏用の衣類や春物の薄手の衣類は、余裕をもって収納するために奥が深めの収納ケースがおすすめです。

春物と夏物は、同時期に必要となる場合が多いため、2シーズン分の衣類を同じケースに入れておく場合もあるかと思います。

そのため、余裕のある深めのケースがおすすめです。もちろん、衣類を畳んだ際にどのようなサイズ感になるのかを把握してから、収納ケースの深さを決めましょう。

また、スケルトンの収納ケースにすると「見せる収納」も可能です。色物が増える春物や夏物の衣類の色を生かし、鮮やかな収納ができるとおしゃれなお部屋を目指せますね。

【3】秋冬用のTシャツなど薄手の衣類/通年着るパーカーやカーディガン

使用頻度の高い衣類は、出し入れのしやすい引き出し式の収納ケースがおすすめです。

引き出し式かつキャスター付きの収納ケースですと、使用頻度が高い衣類は特に取り出しやすくなります。キャスター付きであれば、あまり力をかけずに収納ケースを取り出すことができるのもポイントです。

収納に便利なグッズ

中型~大型の衣類の畳み方や収納ケースの選び方を見てきましたが、下着や肌着、ハンカチなどの小物類を収納するコツもご紹介します。

小物類を収納するには、収納ケースと収納グッズの合わせ技が効果的。

【1】つっぱり棒

つっぱり棒があれば、収納ケースの中に仕切りを作ることができます。

仕切りを作れば、下着類やハンカチ、靴下などの細かな衣類は混在してしまうことはありません。収納ケースを開ければ、どのブロックに何があるか一目でわかるため、探し出す手間もなくなります。

【2】ファスナー付きナイロンバッグ

ナイロンバッグに小分けして入れておけば、小物類の衣類のグループ分けが簡単に行えます。

グループ分けができますので、どこに何があったかを管理しやすくなります。また、ナイロンバッグは薄型のため、収納場所をあまりとらないメリットもあるのです。

衣替えの衣類収納のコツ/まとめ

以上、衣替え時に役立つ衣類収納のコツやおすすめ収納ケースの紹介でした。

衣類の畳み方や収納ケースの選び方を少し変えるだけで、悩みの種だった衣類収納は簡単に解決します。今回紹介した収納グッズは100円均一でも売っているものなので、一度使ってみてはいかがでしょうか。

スマホアプリ/最新記事

More
Return Top