洗濯しても衣類が汗臭い原因!ニオイ取りに重曹やクエン酸は有効?

洗濯機を回して衣類を洗ったにもかかわらず、なぜか汗臭いニオイが取れないで困るシーンが多々あると思います。そんな時はまた洗い直しをする人も多いですが、それだけでニオイがとれるとは限りません。

そこで本記事では、なぜ洗濯しても衣類が汗臭いのか、臭いニオイを取り除く方法について紹介します

スポンサーリンク

洗濯しても衣類が汗臭いのはなぜ?

せっかく洗ったにもかかわらず洗濯物が臭い…。その原因は洗い方や洗濯機に原因があるかもしれません。

洗濯物を詰め込みすぎている

洗濯しているつもりでも、繊維の奥に皮脂や汗が溜まっていると洗濯しても汗臭くなりがち。

洗濯すれば汚れは落ちるだろうと思ってしまいますが、汗臭い衣類を洗濯機に詰め込み洗濯しても汚れは落ちません。洗濯物の汚れがなかなか落ちない人の多くが洗濯機の容量以上の洗濯物を詰め込んでいますが、洗濯物の汚れを落としているのは洗濯機の「水流」。

詰込み過ぎると洗濯槽の中の洗濯物が回転せず衣類がこすれ合わず、皮脂汚れは繊維に残り続け、洗濯してもいやな汗臭さが残ってしまいます。

一度に洗濯槽へ入れる量は最大の7割程度。詰込み過ぎては汚れも落ちませんので、詰込み洗いには注意しましょう。

雑菌が繁殖している

洗濯したのに汗臭いのは、洗濯物に雑菌が繁殖していることも関係しています。

雑菌は洗濯物の繊維に入り込んでいる皮脂や角質をエサにして繁殖し、臭いにおいに変化。洗濯物に付いた雑菌が臭いに変化するまでに、わずか1~2時間と言われていますので、洗濯機に入れ長時間放置すれば、あっという間に臭くなってしまいます。

汗自体には臭いがありませんが、汗をかいた後、衣類などに付いた皮脂や角質をエサに雑菌が繁殖。湿度・栄養・温度がそろってしまうと雑菌は急速に繁殖し、雑菌が出した分改質(排泄物)が臭いの原因になります。

しかも雑菌は湿気が大好きなので、汗をかいた洗濯物を濡れたタオルなどと一緒に放り込んでいれば、あっという間に雑菌が大繁殖し、洗っても落ちない汗臭い洗濯物に仕上がります。

洗濯槽にカビや汚れが付いている

そんなに汗をかいていないのに洗濯物が汗臭い、最近変な臭いがするようになったと感じているなら、洗濯槽が汚れている可能性大。

洗濯槽の外側はキレイでも、裏側にカビが生えていることも多く、洗濯物や洗濯槽に茶色のカスが付くことがありますが、これはカビの塊です。

カビの付いた洗濯槽で洗った衣類やタオルを使い続けると、アレルギーの原因になってしまいます。

  • 湿気を溜め込まないよう、洗濯後は洗濯機のふたを開けておく
  • 洗濯機のフィルターのゴミはこまめに捨てる
  • 洗濯物に汚れた衣類や洗濯後の衣類を入れっぱなしにしない

早急に洗濯槽を掃除するのはもちろんですが、日頃から洗濯槽にカビを付けないよう注意した方が良いでしょう。

汗臭い洗濯物のニオイを取り除く方法

仮に汗臭い洗濯物が仕上がったとしても、そのニオイを取り除く方法はあります。いくつか例を紹介するので、自分がやりやすいものをチョイスして実践してみてください。

熱湯につける

汗臭い臭いを解消するのに一番手っ取り早い方法は、熱を加え菌を死滅させることです。

雑菌は熱に弱いので、汗臭く雑菌臭がする洗濯物は、熱湯につけそのまま放置。お湯が冷めた後はすぐ脱水し、干してしまいましょう。もし汗臭いニオイがきついようなら、お湯に酵素系漂白剤を足してもかまいません。

重曹

汗臭いにおいの原因になっている皮脂・汗は酸性です。

そこで水に重曹を混ぜることで、酸性から弱アルカリ性へと変化します。重曹を水に混ぜることで、汗臭いにおいを中和してくれます。

重曹を使う洗濯法で最も簡単なのは、重曹を溶かした水に洗濯物を漬け込み一晩置いた後、通常の洗濯手順で洗う方法ですが、がんこな汚れの場合には、次の方法が有効です。

  • 重曹とセスキ炭酸ソーダを溶かし、30分~1時間程度つけ置き、通常の手順で洗濯する(1リットルあたり重曹を4杯程度入れる)
  • 洗濯洗剤(液体)と重曹を半々入れる(洗剤15ml,、重曹15mlにする)

注意点としては、重曹は油分を落とす効果が強い分、油分を含むジーンズなどのインディゴ染料は落ちやすくなることです。また、重曹は水・お湯に溶けにくいので、排水ホースが詰まる原因にもなります。洗濯機で洗濯する際には注意しましょう。

クエン酸

クエン酸は雑菌の繁殖をおさえる効果があり、洗濯物の汗臭いにおいを中和してくれます。

簡単な方法としては、洗濯槽に水と洗濯物、そしてクエン酸を入れ1時間程度浸しておくだけ。(水10リットルにつき、クエン酸小さじ1杯)

その後、いつも使っている洗濯洗剤を入れ、通常の手順で洗濯しましょう。他にも酢を水45リットルにつきお酢50cc入れ、柔軟剤の要領で使う方法も効果的です。

セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダはたんぱく質や油分・汗を分解してくれますから、洗濯だけでなく手垢(あか)・水垢などの普通のお掃除にも大活躍します。

セスキ炭酸ソーダはドロや靴下のような汚れを落とすのには向いていませんが、汗やたんぱく汚れ(血液や皮脂汚れなど)を落とすのには効果があります。

セスキ炭酸ソーダで汗臭い衣類を洗濯するなら、洗濯機にセスキ炭酸ソーダと水を洗濯槽に入れ、約1分ほどかき混ぜたのち、3時間(もしくは一晩)度付け置き、3分程度洗濯機を回して完了です。

がんこで落ちにくいたんぱく汚れの場合には、セスキ炭酸スプレーを作っておくと効果的。

作り方はセスキ炭酸ソーダを小さじ1杯、水を500mlスプレーボトルに入れ、よく振るだけ。たんぱく質汚れがひどい部分にスプレーを吹きかけた後、洗濯用せっけんをこすり付け、ブラシで汚れ部分を生地が傷まない程度にこすり、普段通りに洗濯しましょう。

酵素系漂白剤

酵素系漂白剤は麻・木綿・化学繊維まで洗える便利な漂白剤。

使い方は、酸素系漂白剤を水に入れ、しっかりと溶かした後通常コースで洗濯しましょう。(30ℓに対し大さじ2杯)

つけ置き洗いする場合には、10分おきに落ち具合を確認すること。水温は高めの50°程度が適温。粉末タイプの方が洗浄力が強いので、汗臭い衣類を洗濯するならオススメの方法です。

ミョウバン水

ミョウバンは漬物や麺類のかん水にも使われていますが、殺菌作用に優れています。

ミョウバンはカルシウム・硫酸塩でできており、水に溶けると酸性になり雑菌の繁殖を抑制する効果がありますし、他にも殺菌作用や抑制効果もある優れもの。

アンモニア臭にも強く天然成分ですから、敏感肌の方にも安心です。

ミョウバンの使い方としては、バケツやたらいなどを用意し、お湯の容量に対し10倍に薄めたミョウバンを入れ、洗濯物を漬け込み一晩(半日)つけ置きした後、お湯ですすぎミョウバンを落とします。

すすいだ後は洗濯洗剤を入れ、通常コースで洗濯しましょう。通常の洗濯洗剤は弱アルカリ性、ミョウバン水は弱酸性ですから、洗濯洗剤を中和する効果があるため衣類を柔らかく仕上げてくれます。

香りが強い柔軟剤が苦手なら、通常の洗濯にもすすぎの際にミョウバン水を入れ、柔軟剤代わりに使ってみるのもいいですね。

つけ置き

つけ置き洗いは落ちにくい汚れを落とすには、つけ置き洗いはぴったりの方法です。

つけ置き洗いはさまざまな洗濯洗剤や重曹・クエン酸・セスキ炭酸ソーダ・酵素系漂白剤などが使える洗濯方法ですが、がんこな汚れ・デリケートな衣類を洗う基本的な方法は同じです。

ぬるま湯に適量の洗剤を入れ、10分おきに汚れ落ちをチェックしつつ、30分~1時間程度つけ置き、汚れが水に浮いてきたら洗濯物を30秒脱水、汚れが消えるまで繰り返しましょう。

つけ置きするだけの簡単な洗濯方法ですが、一度にたくさんの洗濯物をつけ置きするのには向いていませんし、洗剤をたくさん入れても洗浄力は変わりませんので、注意してください。

スポンサーリンク