プロ野球のシーズンが開幕して平日の18時頃になったら毎日スポナビライブを立ち上げてプロ野球を見ています。私は楽天を応援していますが、今年はAクラス狙えるんじゃないかと毎日ポジってます。早く安楽くんと岸くんがローテに戻ってきてくれれば…。

そんなお楽しみのプロ野球ですが、去年まで私はパ・リーグTVを使って視聴していましたが、今年からはスポナビライブに切り替えました。

そこでこのページでは、スポナビライブとパ・リーグTVを比較してどっちがおすすめかの説明と、私がスポナビライブを選んだ理由を紹介していきます。

スポンサーリンク







スポナビライブとは

スポナビライブとは、ソフトバンク株式会社がサービスを提供している動画配信サービスで、プロ野球の公式戦の他に、日本人メジャーリーガーが所属しているMLB球団の放送や男子プロテニスの放送を主に配信しています。現在配信が確認できているスポーツ番組は次のとおりです。

  • プロ野球
  • MLB
  • テニス
  • プレミアリーグ
  • リーガ・エスパニョーラ
  • B.LEAGUE
  • 大相撲
  • アメリカズカップ
  • KNOCK OUT
  • 卓球
  • 女子プロ野球
  • ゴルフ

スポーツのリアルタイム視聴はもちろんのこと、スポナビライブでは1週間見逃しライブ放送を視聴することが出来、その日に見逃してしまったシーンを後から視聴することが出来ます。さらに、試合が盛り上がった場面を抜き取ってつなぎ合わせた、ハイライトシーンの配信もしているので、自分の贔屓以外の選手はどんなものかを見るのに非常に役立ちます。

スポナビライブ 公式サイトへ

パ・リーグTVとは

パ・リーグTVとは、その名の通りですが、プロ野球のパ・リーグ球団の公式戦を視聴することが出来るサービスとなっています。残念ながらこのサービスで視聴できるのはプロ野球、そしてパ・リーグのみとなっており、他のスポーツを楽しみことは出来ません。

パ・リーグTVでは、試合のハイライトとダイジェストをアーカイブしており、それに限りパ・リーグTVの会員でなくても視聴できるようになっています。しかし、スポナビライブと違って見逃し配信がないので、試合を全て見るならリアルタイムで視聴するしかありません。

パ・リーグTVには1試合チケットという制度があり、文字通り1試合だけ見られるチケットがあるのですが、1試合で600円もします。こういうのを購入する場合はクライマックスシリーズとかになるんでしょうか。

パ・リーグTVで放映しているコンテンツは次のとおりです。

  • パ・リーグ主催試合(公式戦、交流戦、クライマックスシリーズ)
  • 巨人・阪神主催試合(交流戦)
  • 2軍公式戦

特筆すべきは2軍公式戦です。2軍公式戦をパ・リーグTVで見ることが出来る球団は、北海道日本ハムファイターズ、埼玉西武ライオンズ、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスの4球団の主催試合となっています。一部配信できないこともあるみたいですので、その都度配信スケジュールから確認しましょう。

スポナビライブとパ・リーグTVの比較

それではスポナビライブとパ・リーグTVを簡単に紹介しましたので、それぞれの次の点を比較して見ていきたいと思います。

  • 月額料金
  • 放映しているプロ野球球団
  • 対応デバイス

以上3点を見ていけばだいたいどっちが使いやすいか、自分にとってはお得なのかが見えてきます。

1.月額料金で比較

では最初に月額料金で比較していきましょう。

スポナビライブ
月額料金
ソフトバンクユーザー 980円
Yahoo!プレミアム会員 980円
それ以外 1480円
パ・リーグTV
月額料金
パ・リーグ見放題パック(通常価格) 1450円
パ・リーグ見放題パック(特別価格) 950円
1試合チケット 600円
交流戦パック 1450円

パッと見、通常価格ではスポナビライブとパ・リーグTVの月額料金に差はありません。ですが、ソフトバンクユーザー、またはYahoo!プレミアム会員の場合スポナビライブが980円と非常に安い月額料金となっています。Yahoo!プレミアム会員は月額500円程度ですが、ワイモバイルを使っている人だと月額料金が無料となります。

一方でパ・リーグTVのみ放題パックは通常価格は1450円と割高ですが、特別価格は950円とスポナビライブよりも安いです。特別価格になる条件ですが、「パ・リーグ球団の有料ファンクラブ」に加入している場合のみこの価格で契約することが出来ます。

正直な所、テレビで野球を見る人の多くは有料ファンクラブに入っていないケースが多いのではないかと思っています。もし入っているのでしたら非常にオトクな月額料金ではあるので、パ・リーグTVも大いにアリだと感じます。

1試合チケットや交流戦パックは、パ・リーグ見放題パックに入っていれば必要ないですし、割高なので正直微妙です。

2.放映しているプロ野球球団で比較

放映しているプロ野球球団で比較すると、スポナビライブに軍配が挙がります。理由は両者ともパ・リーグ主催試合は全て放送しているのですが、スポナビライブでは広島、巨人を除いたセ・リーグ球団の放送もしているからです。

2軍戦(ファーム)も両者ともに放映しているのですが、こちらはパ・リーグTVのほうが放映しているプロ野球球団が多いです。パ・リーグTVの紹介でも記述しましたが、北海道日本ハムファイターズ、埼玉西武ライオンズ、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスの2軍戦(ファーム)の試合放送をパ・リーグTVではおこなっています。

いっぽうでスポナビライブの2軍戦ですが、埼玉西武ライオンズの主催試合しか放送していません。ですので、2軍戦マニアの人でしたらパ・リーグTVを契約したほうが楽しめるかと思います。

スポナビライブ 公式サイトへ

3.対応デバイスで比較

最後に対応デバイスを比較していきます。対応デバイスを次の表にまとめましたのでご確認ください。

スポナビライブ パ・リーグTV
パソコン
Android
iOS
Fire TV ×
Fire TV Stick ×
Chromecast ×

個人的にはFire TV StickやChromecastを使って見られるスポナビライブのほうが使いやすいかなと思います。プロ野球を見るならテレビで見たいですからね。パ・リーグTVをテレビで視聴するのでしたら、ミラーリングをしなければならないのでちょっと手間ですし、音声と映像の遅延が面倒ですので、できればFire TV Stickなどを使って視聴したいところです。

 

4.画質で比較

最後に画質で比較しましょう。スポナビライブでは最高画質が1080pのフルHDとなっていますが、パ・リーグTVでは高画質の720pまでとなっています。ですので単純に画質で比較すると、スポナビライブのほうが画質は良いです。それぞれの画質を比較するとこんな感じです。

スポナビライブ

パ・リーグTV

このようにして見比べてみると、やはりスポナビライブのほうが画質は良いのかなと感じます。おそらくパ・リーグTVをミラーリングして大きなテレビに映すとなると、かなり画質が悪くなることが考えられます。

ですので、テレビで視聴するのを考えるのでしたら圧倒的にスポナビライブのほうが画質が良いのでおすすめです。

私がスポナビライブを選んだ理由

以上、スポナビライブとパ・リーグTVを比較してきましたが、これらの比較を踏まえて私は今年からスポナビライブを選びました。大きな理由は4点。

  1. セ・リーグの試合も同時視聴したい
  2. フルHDの高画質をテレビで楽しみたい
  3. テニスも視聴したい
  4. ワイモバイルユーザーなので月額料金が安い

以上4点が決め手となり、私はスポナビライブを選びました。スポナビライブの良いところは野球だけでなく、テニスやバスケットボールなども同じ料金で視聴できることです。特にテニスは、グランドスラムの全豪も放映していて、ATP1000マスターズも全試合放送するみたいなので、テニスも好きな私にとってスポナビライブは最も使い勝手が動画配信サービスだと感じました。

スポナビライブ 公式サイトへ

最後に

以上がスポナビライブとパ・リーグTVの比較でした。

プロ野球全般を視聴したいというのでしたら、断然スポナビライブのほうがおすすめできます。もし、パ・リーグ球団のファンクラブ会員かつ、他のスポーツは絶対に見ない、そしてYahoo!プレミアム会員、もしくはソフトバンクユーザーではないのでしたらパ・リーグTVがいいでしょう。