スポナビライブは、いつアプリ対応してAmazon Fire TV/Fire TV Stickで視聴することができるのかとずっと待っていたのですが、2017年3月31日頃にようやくAmazon Fire TV/Fire TV Stickにスポナビライブアプリが追加されました。

そこでこのページでは、Fire TV Stickを使ってスポナビライブをテレビで視聴する方法を2種類紹介します。私はFire TV Stickのほうを使っているので、そちらでの解説となりますが、基本的な手順はFire TVでも変わりありません。

スポンサーリンク







Fire TV/Fire TV Stickとは

Fire TVおよびFire TV Stickとは、Amazonから販売されている機器で、用途としてはテレビと接続して様々な動画コンテンツを楽しむことを主としています。様々な動画コンテンツにどのようなものがあるのかというと、次の通り。

  • スポナビライブ
  • DAZN
  • Hulu
  • U-NEXT
  • Netflix
  • dアニメストア
  • ニコニコ動画
  • Youtube
  • dTV
  • Spotify
  • Amazonプライムビデオ

などがこの機器をテレビに繋げることで視聴できるようになります。これらの動画配信サービスをFire TV/Fire TV Stickで見るには、それぞれのサービスで会員登録しなければなりません。その会員登録はパソコンやスマホからおこなって、各種サービスの対応アプリをFire TV/Fire TV Stick上にダウンロードしたら視聴できるようになります。

その他にもAmazonアプリ上のゲームも動かすことが可能だったりします。

Fire TV/Fire TV Stickの違い

ザックリ言ってしまうと、スペックが全く異なります。Fire TV Stickでは4K対応の映像を視聴することはできないのですが、Fire TVでは4Kの映像も視聴することが可能だったり、純粋なCPUやメモリなども上なので、ゲームも快適に動きます。それぞれのスペック表はコチラ。

仕様 Amazon Fire TV Stick Amazon Fire TV
価格 ¥4,980 ¥11,980
プロセッサ クアッドコア クアッドコア
メモリ 1GB 2GB
ストレージ 8GB 8GB
音声認識リモコン あり あり
音声認識付き あり あり
リモコンアプリ
ゲーム カジュアルゲーム ハイパフォーマンスゲーム
解像度 最大 1080p 最大 4K Ultra HD
Wi-Fi デュアルバンド、デュアルアンテナ デュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11ac (MIMO) 802.11ac (MIMO)
イーサネット なし あり
外部ストレージ なし microSDスロット
USBポート なし USB 2.0

ですが、Fire TV Stickは小型で持ち歩き可能なサイズですが、Fire TVの場合はどちらかと言うと据え置き機みたいな感じになっているので、持ち歩きには向いていません。

4K映像を視聴したいのであれば断然Fire TVのほうが良いのですが、現在4K対応の映像を配信している動画配信サービスがNetflixくらいで、さらにNetflix内でも4K映像の作品は限られているのであまり出番はないかと思います。ですので、私でしたらFire TV Stickを選びます。最大解像度も1080pで、スポナビライブも最大1080pまでしか対応してないので充分かと思います。

スポナビライブをテレビで視聴する方法

スポナビライブをテレビで視聴するには2種類の方法が存在します。その方法とは、スポナビライブアプリをダウンロードして使うか、それとも未ラリーングしてテレビで視聴するかのどちらかになります。

せっかくFire TV Stickにスポナビライブアプリが登場したので、私はアプリを使ってテレビで視聴する方法をおすすめしています。ミラーリングはハッキリ言って面倒ですし、追加料金がかかってしまうのでおすすめしていません。

では次からどのようにしてFire TV Stickを繋いで、テレビで視聴するのかをご紹介していきます。

1.スポナビライブアプリをFire TV Stickで使いテレビで視聴する方法

まず、Fire TV Stickを用意しましょう。Fire TV Stickには色々とデバイスが入っていますが、その中でも、「電源ケーブル」「Fire TV Stick本体」「リモコン」の3つさえあれば、スポナビライブを簡単にテレビで視聴することができます。

ではこの3つのアイテムを使って、実際にどのようにしてテレビと繋ぐかといいますと、次のようなイメージとなります。

Fire TV Stick本体をまずはテレビのHDMI端子へ挿し込みます。そうしましたら、Fire TV Stick本体にmicroUSBケーブルを挿すことが可能な穴がありますので、それに付属してきたケーブルを差し込んで、更にUSB端子をACアダプタに挿し込みます。

最後にACアダプタを電源タップに挿し込めばFire TV Stickが自動的に起動します。Fire TV Stickを使った映像を視聴するためには、テレビのリモコンの入力切替で挿し込んだHDMI端子の番号まで画面を切り替えれば見ることが可能になります。

初めて起動した後は初期設定をしなければなりません。主にAmazonの会員情報を入力するようなっていますので、ログインIDとパスワードをFire TV Stickのリモコンを操作して入力して使えるようにしましょう。また、Wi-Fi設定は必須となりますので注意してください。2回目以降からはログイン等の設定は必要ありません。

スポナビライブアプリのダウンロード

全ての設定が終わると、ホーム画面に移ります。リモコンを操作して「アプリ」一覧からスポナビライブアプリを選択しましょう。

あとはアプリをFire TV Stick内にダウンロードして、視聴するときにスポナビライブのログインIDとパスワードを入力すると、テレビでスポナビライブを視聴することが出来ます。

ですので、会員登録はパソコンかスマホから行う必要があります。スポナビライブの公式サイトは下記となります。

スポナビライブ 公式サイトへ

以上で、スポナビライブアプリをFire TV Stickで使いテレビで視聴する方法の紹介でした。では次にミラーリングについて簡単に解説していきます。

2.Fire TV Stickを使いミラーリングしてテレビで視聴する方法

Fire TV Stickにはミラーリングアプリが存在します。このミラーリングアプリを使うことでスマホなどの映像をFire TV Stick経由でテレビに映すことが可能になります

Androidでミラーリングしてテレビで視聴する

Androidの場合は、デフォルトでスクリーンミラーリングが可能なスマホだと簡単に行うことが可能ですが、そうでない場合はPlayStoreからミラーリングアプリをダウンロードしてきて使いましょう。

次にFire TV Stickを起動した状態で、画面下のほうにある「設定」から、【設定 > ディスプレイとサウンド > ディスプレイミラーリングを有効にする】の手順でFire TV Stickをミラーリング待機状態にしてください。

次にスマホからミラーリングを有効にします。今回ミラーリングに使った端末は、Huawei Media Pad T2 7.0 PROになります。マルチスクリーンを有効にします。

そうすると、テレビの画面にスマホ画面が映るようになりました。

あとはスマホでスポナビライブを起動し、画面を横向きに回転させて、テレビの大画面でスポナビライブを視聴しましょう。正直遅延などがあってモッサリしているので微妙です。

iOS(iPhone)でミラーリングしてテレビで視聴する

iOS(iPhone)でミラーリングするにはAirPlayだけでイケルのかなと思いましたが、どうやらFire TV Stickのほうにミラーリングアプリがないとダメみたいでした。ミラーリングに使うアプリは、「Air Receiver」というものを使えば良いみたいです。

このアプリはAmazonアプリ内に標準では備わっていないので、「検索」を使って自分でアプリをダウンロードしなければなりません。ちなみにアプリは305円と有料のようなので、そこまでして使う必要ある?って感じなのが正直な所。

スポナビライブアプリがFire TV Stickに追加されたので、ミラーリングを使ってテレビで視聴するメリットはほとんどありません。ですので、Fire TV Stickを使うならスポナビライブアプリを使いましょう。

最後に

以上が、スポナビライブアプリをFire TV Stickで使い、テレビの大画面でスポナビライブを視聴する方法の紹介でした。

スポナビライブをテレビで視聴する際は、ミラーリングのメリットは殆どありません。ぜひアプリを使って視聴するようにしてください。

スポナビライブ 公式サイトへ