節約!スマホ村

スマホを使った節約術をお教えします

節約系アプリ

ラクマの発送方法、送料を徹底解説/匿名配送は非対応【2018年最新】

更新日:

本記事では、ラクマの発送方法とそれに付随する送料について徹底的にまとめています。

旧アプリでは匿名発送できなかったラクマですが、新アプリになってから匿名配送も可能にすることを示唆しています。執筆時点ではまだ対応していませんが、遅かれ早かれ匿名配送にも対応してくるでしょう。

スポンサーリンク

ラクマの発送方法を荷物の大きさ別に紹介

ラクマの発送方法は多々あります。

そこでこの章では、荷物の大きさによってどのような発送方法があるのかをご紹介します。

それぞれの発送方法のリンクをクリックすると、料金などの詳細が見れます。

A4サイズ以下の荷物

発送したい荷物がA4サイズ以下の場合、次のような配送方法がラクマで用意されています。

Aサイズの場合、多数の発送方法が用意されているので選ぶのが非常に大変です。ですので、自分が住んでいる地域で最も近くて、発送がしやすいものを選ぶのがベストでしょう。

A4サイズに収まらない荷物

A4サイズを超えてしまう場合、料金も割高。用意されている発送方法も2つと少なくなっています。

普通の宅急便と同じ感覚での配送になるので、当然ながら荷物の大きさに合わせて料金も変わっていきます。

ラクマ:各種発送方法と料金の詳細

ここではそれぞれの発送方法詳細と、配送料金を徹底的にまとめています。

基本的にラクマの発送料金は、商品の売上高から差し引かれる仕様です。

ネコポス

小さな荷物専用で使えるヤマト運輸の配送サービス。ポストに投函/配達できるサイズに限定しているので、ラクマで出品したコスメや化粧水やCDなど、小型サイズの配送物に最適です。

ヤマト運輸の営業所、もしくはコンビニにて行う。

サイズ31.2cm * 22.8cm 以内
厚さ2.5cm 以内
重さ1kg 以内
料金200円
なおネコポスは「かんたんラクマパック」に含まれている配送なので、ネコポス単体を発送方法として選ぶことは出来ません。

宅急便コンパクト

60サイズより小さい荷物を送る時に最適なサービス。ヤマト運輸で購入できる専用のBOXに商品を入れて配送でき、封筒に入れるよりも商品を保護しやすいのが特徴です。BOXは2タイプ存在します。

発送方法

ヤマト運輸の営業所、もしくはコンビニにて行う。また、専用BOXは電話で自宅に届けてもらうことも可能です。(専用BOXの価格は1枚65円)

専用薄型BOX専用BOX
サイズ34cm * 24.8cm 以内20cm * 25cm 以内
厚さ5cm以内
重さ制限なし制限なし
料金594 ~ 1,188円594 ~ 1,188円

レターパックライト

郵便受けに配達して欲しい時に使うレターパックの簡易版。ポストサイズならば送料が全国一律なので、コスパがかなり良いサービスです。

レターパックライトは360円で郵便局、郵便局のオンラインストア、コンビニ(ローソン)で購入することが出来ます。

発送方法

レターパックライトに商品を詰めて、郵便ポストに投函するだけ。

サイズ34cm * 24.8cm 以内
厚さ3cm 以内
重さ4kg 以内
料金360円

レターパックプラス

レターパックライトの上位版。基本的にレターパックライトと変わりませんが、レターパックプラスは郵便受けではなく対面受け取りに対応したサービスです。ポストに投函するのは不安という場面で使えます。

レターパックプラスは510円で郵便局、オンラインストア、コンビニ(ローソン)で購入可能です。

発送方法

レターパックプラスに商品を詰めて、郵便ポストに投函するだけ。

サイズ34cm * 24.8cm 以内
厚さ規定内なら3cm以上OK
重さ4kg 以内
料金360円
厚さによっては郵便局のポストに入らないので、直接郵便窓口か指定のコンビニで受付が必要になります。

ゆうパケット

宅急便コンパクトの郵便局バージョン。料金は商品の厚さで変わり、専用あて名シールを郵便局で買った後は封筒などに貼り付け、そのままポスト投函での発送が出来ます。

発送方法

あて名シールを荷物に貼り、郵便局もしくはポストに投函。

サイズ60cm 以内(長辺34cm以内)
厚さ1cm~3cm
重さ1kg以内
料金1cm:250円
2cm:300円
3cm:350円

ゆうメール

重さで料金が変わる、郵便局のメール便サービス。重さは同じでも、大きさが規定外と規定内では変わってくるので注意。

発送方法

郵便ポストへの投函、もしくは郵便局で受付。

サイズ3辺合計1.7m以内
重さ3kg以内
重さ~150g~250g~500g~1kg~2kg~3kg
規定内180円215円300円350円
規定外265円305円400円450円560円710円

クリックポスト

クリックポストは荷物追跡ができる、フリマやオークションの商品配送に最適なサービスです。規定サイズなら全国一律164円。あて名もネット上からプリントアウトして、商品に貼り付けるだけでOK。

発送方法

郵便ポストへの投函、もしくは郵便窓口からの発送。

サイズ34cm * 25cm 以内
厚さ3cm以内
重さ1kg 以内
料金164円
クリックポストを利用するには、Yahoo!JAPAN ID、Yahoo!ウォレット(クレジットカード払い)が必須です。

スマートレター

レターパックライトをさらに小さくしたサービス。CDや文庫本、小さい衣類や雑貨を送るのに適しています。

スマートレターは全国の郵便局、もしくは切手類を販売しているコンビニで購入できます。

発送方法

郵便ポストへの投函、もしくは郵便窓口からの発送。

サイズ25cm * 17cm 以内
厚さ2cm以内
重さ1kg 以内
料金180円

普通郵便(定形/定形外)

封筒サイズの荷物を送るのに適したサービス。封筒なので、高価なものを送る時は注意が必要です。また、普通郵便には定形サイズ、定形外サイズの2種類があります。

発送方法

郵便窓口からの発送。

定型
サイズ23.5cm * 12cm 以内
厚さ1cm 以内
重さ25 ~ 50g
料金25g以内:82円
50g以内:92円

定形外の規格サイズ

  • 規格内:34cm * 25cm/厚さ3cm以内/1kg以内
  • 規格外:3辺90cm以内(最長辺60cm以内)
重さ~50g~100g~150g~250g~500g~1kg~2kg~4kg
規定内120円140円205円250円380円570円
規定外200円220円290円340円500円700円1,020円1,330円

ヤマト宅急便

大きい荷物を送るならヤマトの通常宅急便サービス。着払いや荷物追跡にも対応したオーソドックスな配送方法。

ポイント

ヤマト営業所、コンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、サークルKサンクス)で発送可能。料金は発着距離とサイズで変動します。

サイズ3辺合計:160cm以内
重さ25kg以内
サイズ60cm80cm100cm120cm140cm160cm
重さ2kg以内5kg以内10kg以内15kg以内20kg以内25kg以内
料金907 ~ 4,730円

ゆうパック

やまと宅急便の郵便局バージョン。こちらも着払いや荷物追跡、配送日指定などが可能です。ヤマト宅急便で対応していないコンビニで利用可能です。

発送方法

郵便局の窓口、コンビニ(ローソン、ミニストップ、セイコーマート)で発送可能。料金は発着距離とサイズで変動します。

サイズ3辺合計:170cm以内
重さ25kg以内
サイズ60cm80cm100cm120cm140cm160cm170cm
重さ25kg以内
料金800 ~ 3,100円

かんたんラクマパックが最強の配送方法

ここまで色々な発送方法を紹介してきましたが、実はラクマには最も簡単で使いやすい「かんらんラクマパック」と呼ばれる配送サービスがあります。

かんたんラクマパックとは

ラクマの取引で利用できる、日本郵便およびヤマト宅急便のサービスの一部を統括した配送サービスです。

かんたんラクマパックで利用できるサービス

ゆうパケット、ゆうパック/ネコポス、宅急便コンパクト、ヤマト宅急便

かんたんラクマパックのメリット

一見何のメリットもなさそうなサービスですが、配送が簡単になるほか、一部の発送方法でサイズ、発着別の料金だったものが一律統一されるものもあります。

例えば、宅急便コンパクトだと、場所によって料金が594 ~ 1,188円と変動しますが、かんたんラクマパックを利用すると、全国一律530円に統一されます。

また、宅急便も発着場所関係のない価格で、次のような料金となります。

サイズ料金
60サイズ(2kg以内)800円
80サイズ(5kg以内)900円
100サイズ(10kg以内)1,150円
120サイズ(15kg以内)1,350円
140サイズ(20kg以内)1,500円
160サイズ(25kg以内)1,500円

発着場所によって料金が変わるだけでなく、単純な発送料金が安くなるのが最大のメリットです。

なので、60サイズを超えるもの、小物以外でしたらかんたんラクマパックが最強で、最も配送料金をお得にできるサービスです

スポンサーリンク

ラクマ:発送方法に関するよくある質問

荷物サイズの測り方は?

梱包が終わった状態で、縦・横・厚さ・重さを測ってください。

袋などに詰めない状態で荷物サイズを測ってしまうと、ギリギリサイズの場合梱包後に少しオーバーになる可能性があります。

ラクマで匿名配送するにはどうすれば?

まだ匿名配送には対応していません。

かんたんラクマパックを使った匿名配送は現在の所対応していません。

対応時期などについては、ラクマのお知らせブログでご案内するようです。

コンビニからの発送方法はどれが使える?

色々な発送で利用可能です。詳しくは下記を参照してください。

  • ネコポス:ファミリーマート、サークルKサンクス
  • 宅急便コンパクト:ほぼ全ての各種コンビニ
  • レターパック:ローソン、ミニストップ、サークルKサンクス、セイコーマート
  • ヤマト宅急便:セブンイレブン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、サークルKサンクス
  • ゆうパック:ローソン、セイコーマート、ミニストップ
  • その他、投函系配送は郵便ポストが設置されているコンビニならば対応中

発送方法を間違えた!後から変更できる?

変更可能です。ただし注意点も。

ラクマでは商品が購入された後にも発送方法を変更することが出来ます。

商品詳細画面で「他の配送方法を選択する」を押し、変更したい発送方法を選択するだけで完了です。

なお、基本的に発送料金は売上残高から差し引かれるようになっていますが、一応配送方法を変更したという文言は落札者に伝えてあげると印象が悪くなりません。

また、もし後から配送方法を変更するのでしたら、最初から発送を「未定」状態にしておくことをおすすめします。この方法だと着払いでない限りはトラブルが起きにくいです。

最後に

以上、ラクマの発送方法・料金のまとめでした。

様々な配送方法が用意されていますが、個人的には「かんたんラクマパック」があれば他のサービスを使う機会は少ないかなと思います。

ラクマの発送方法をしっかり理解して、配送料で損をしないようにしていきましょう。

スポンサーリンク

-節約系アプリ
-,

Copyright© 節約!スマホ村 , 2018 All Rights Reserved.