節約!スマホ村

スマホを使った節約術をお教えします

節約系アプリ

ラクマの後払い方法について解説!購入の限度額などについて

投稿日:

フリマアプリのラクマは、利用者が毎日のように新しいアイテムを出品しています。そのためいろいろな商品に目移りしてしまい、ついつい買い過ぎてしまって、思いがけず出費がかさんでしまうという時もあるかと思います。

今月はこれ以上出費しては苦しい、でもこの服が欲しいなと思った時はラクマの後払いシステムを利用しましょう。

そこで本記事では、ラクマの後払い方法について徹底解説。後払いシステムを使う前にどのような機能なのかを知ってもらえれば幸いです。

スポンサーリンク

ラクマの後払いシステムとは

ラクマにはクレジットカード、コンビニ払い、携帯キャリア払い、ポイントといった支払方法があります。その中の1つ、Paidy払いがラクマの後払いシステムとなります。

Paidy払いとは、商品を購入した代金を貯めていき、一か月分の購入代金を纏めてコンビニで支払う決済方法です。事前登録は不要のため誰でも簡単に始められ、コンビニで支払わず口座振替だと手数料が無料になります。

基本的に一か月分の請求が翌月の1日に届き、10日か12日までに支払う事になります。

後払いのメリット

事前登録不要の何時でも、誰でも使える

Paidy払いのシステムは、その月に使った代金を翌月に纏めて支払うことからクレジットカードに似ています。

ですが、クレジットカードは発行するだけでも書類に職業や年収などを記入し、その上審査に時間が掛かります。その点、Paidy払いは身元の審査などせずに、メールアドレスと携帯電話の番号さえあれば誰でも使用できる手軽さがあります。

自身の収入が無く、クレジットカードを作り辛い専業主婦や未成年の方に向いている支払い方法だと言えます。

支払の手間が減る

ラクマでの購入をクレジットカードや携帯キャリア払い以外で利用していた場合、その都度支払いを行っていたかと思われます。少額の支払いの為に毎回コンビニや郵便局に行き、手数料込の金額を支払っていましたが、Paidy払いだとそれらを一括で支払えます。

また、コンビニや郵便局で振り込む場合、向うに代金を振りこんだ通知が届いてから出品作業に入るため、商品の到着が遅れる場合があります。Paidy払いだと購入確定した時点で、向うに代金が支払われているので、スムーズに出品され商品が早く受け取れるようになります。

後払いのデメリット

コンビニ支払いだと手数料が発生する

便利で簡単なPaidy払いですが、毎月の支払い方法はコンビニ、口座振替、銀行振り込みの三種類から選べます。

コンビニで支払った場合は350円の手数料が発生し、銀行振り込みだと銀行によって料金は違いますが、振込手数料が発生します。口座振替だと手数料が発生しないためオススメです。

支払いを滞納してしまうとブラックリスト入りしてしまう

口座振替以外の支払方法を選択している場合、自分で支払いに行かなければなりません。

しかし、仕事の都合がつかなかったり、あるいは手持ちが少ないからと言って支払いを滞納するとブラックリストに登録される恐れがあります。銀行、クレジットカード会社では個人の信用情報を共有しており、支払を滞納したりする問題のある人物をブラックリストに登録します。

ブラックリストに登録された場合、数年間の間クレジットカードが作れなくなったり、将来家や車を購入する時のローンが組めなくなるリスクがあります。基本的には督促状がメールとして来るため、期限までに支払えば問題ありませんが、何度も繰り返すようだとブラックリストに登録される場合があります。

ついつい購入し過ぎて、自分の収入以上の支払いにならないように注意しましょう。

スポンサーリンク

ラクマ:後払いで購入する方法

実際にPaidy払いの仕方をご説明します。とは言っても使い方は非常にシンプルです。

ラクマで購入したい商品を選択し、Paidy払いを選択します。次にメールアドレスと携帯電話番号を入力して完了です。

これで出品者にPaiday側から入金がされ、商品の発送となります。

後払いシステムに関するよくある質問

分割払いはできる?

結論から申しますと、ラクマでは分割払い自体が出来ません

Paidy払いでは、一度の購入金額が15,000円以上の場合は分割で支払う事が出来ます。その際には分割手数料が発生します。ですが、記事執筆時点ではラクマの支払いは分割払いにできません。

購入の上限額はある?

Paidy払いの購入金額に上限はありますが、これは各ユーザーの使用履歴によって変動するため正確な数字は不明です。

Paidy側の公式メッセージによると、「一ヶ月間における総購入金額がPaidy側指定の一定の上限額を超えている場合は当月の利用はできなくなる」との事です。この上限の金額は動的で、これまでにユーザーが利用し、支払った実績に応じて変化しています。

Paidy払いを選択してエラーが出て来た時は、残念ですが別の支払い方法を選択しましょう。

エラーや使えない原因

Paidy払いを選択して、エラーが表示されたり、使えない原因は上記の上限以外にもあります。

例えば、使用しているスマホが古い場合はPaidy払いが出来ない可能性があります。また、Paidy側のシステムエラーで利用できない場合もあります。

後払いをした場合相手へ入金がすぐされるのか?

基本的に申請すれば相手へすぐに入金されます。

そのため、購入完了と同時に発送をお願いする通知が送られるためスムーズな取引が行えます。

ラクマ:後払いシステムについてのまとめ

ここまで、ラクマの後払いシステムについて徹底解説してきました。

Pyday払いはクレジットカードを何らかの理由で持てない人の味方です。しかし、手軽に利用できるからといって、生活が苦しくなるほど使用しないように注意しましょう。

スポンサーリンク

-節約系アプリ
-,

Copyright© 節約!スマホ村 , 2018 All Rights Reserved.