スマホアプリ

今流行りの水彩加工アプリ「PORTRA」が想像以上に凄かった

投稿日:

今Twitter上などで流行っており、アプリDLランキングでも一気に上位に躍り出た画像加工アプリ「PORTRA」。このアプリは、端末上に保存されてある画像やその場で撮影した写真を即座に「水彩加工風」にしてくれるアプリで、そのクオリティがものすごいと話題となっています。

そこで今回は、実際にPORTRAの水彩加工がどのくらいすごいのかを試してみました。

スポンサーリンク

実写もイラストも水彩加工にしてくれる

PORTRAのすごい所は、なんと言っても実写もイラストも関係なく水彩加工風に仕上げてくれることです。しかも加工に時間がかからないので使い勝手は抜群です。

では実際に、その場で撮影した写真と端末内に保存してあるアニメ調のイラストでどんな感じに水彩加工されるのかを見てみましょう。

1.実写

適当にペットボトルをその場で撮影して、加工を施してみました。

想像以上に凄かった。

背景の質感も実際に紙に描いたような水彩画で、「見て見て、この水彩画自分で描いてみたんだけどどう?」と言われても納得してしまうようなクオリティです。画像加工アプリもここまで進化したのかと驚きを隠せません。

2.イラスト

端末内にあったイラストを水彩加工してみました。イラストを加工する際は範囲指定をしなければならなかったため、1枚絵全範囲を加工することは出来なかったです。

水彩画っぽくなっています。若干範囲が狭いのがPORTRAの弱点かなと感じました。実写もイラストもそこまで変わりなく、キレイに水彩加工ができているのではないでしょうか。

PORTRAの使い方はシンプル

PORTRAの使い方はシンプルです。

アプリを起動すると写真撮影モードになります。真ん中の黒丸をタップすることで写真撮影ができますが、デフォルト状態ですとインカメラモードになっています。右にある反転ボタンを押してアウトカメラに切り替えので、自撮り以外の場合はこちらのモードで撮影をしましょう。

左側のアイコンは端末内のギャラリーを選んで水彩加工を施すモードになります。実際にギャラリーから選んでみると、いきなり水彩加工が施されます。

あとはデフォルトの水彩加工を自分で微調整してあげるだけです。水彩加工のモードは「INDIGO/RASPBERRY/VIOLET」など、約20種類の水彩加工を施すことが出来ます。

2種類のバーでは、水彩加工を施す範囲と水彩の明度を調整することが出来ます。画面いっぱいに水彩加工を施したい場合は、左側のバーを右方向に引っ張ってください。

水彩画というよりも油絵に近いような質感も再現できます。

遊びの幅が広がりそうなアプリ

自分の描いたイラストなどを簡単に別のような質感に加工できるので、塗が苦手という方も簡単にそれっぽい雰囲気のあるイラストに仕上げることが出来ます。

PORTRAは動作も軽く使い方も簡単なため、これ一つさえあればインスタ映するような画像も簡単に作ることが出来るかもしれません。

ちょっとした遊び心を入れるのにも向いている画像加工アプリなので、SNSなどでよく写真や画像を投稿する人はPORTRAを使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

-スマホアプリ
-,

Copyright© アプリ三昧 , 2018 All Rights Reserved.