【なつぞら53話】あらすじ・ネタバレ・視聴後の感想

なつぞら

2019年5月31日放送、第9週「なつよ、夢をあきらめるな」第53回。 この記事では、前回の簡単なあらすじと第53回のネタバレや、視聴後の感想を紹介しています。

スポンサーリンク

【なつぞら】前回の簡単なあらすじ

歌舞伎町でサンドイッチマンをしていた咲太郎を見たなつは、兄が何を考えているのか、何をしたいのかわからないと悲しむ。もっと自分のために生きてほしいと願うなつだが、咲太郎にその想いは伝わったかどうか…。

川村屋になつを訪ねて来た「風車」の女将、岸川さん。なつに咲太郎が書いた父そっくりの絵を見て、なつは何かを決心した様子であった。

【なつぞら】53話のネタバレ・感想

53話のネタバレ

なつは咲太郎が住む「風車」に行き、兄と再開してから初めてまともに会話。前回の兄の絵を見て何かを吹っ切れたのか、なつは今の自分の思い、考えを素直に咲太郎に伝える。落ちたのは自分の実力、9月の採用試験に受かって見返す、と。

父と同じ手紙を送ってきた咲太郎に、元々なつが持っていた家族の絵を手渡す。

「今度はお兄ちゃんの番」

しかし、咲太郎はなつに手紙を返します。なつにはずっと、この絵に命を吹き込んでほしいと。お互いに何か吹っ切れた様子だった。

そして場面が飛んで9月の仕上げ採用試験。なつは見事合格を果たしたのであった。

53話の感想

52話では、なつと咲太郎の複雑な心情を表す描写が多かった回ですが、53話はその心情に対する回答をするような回でした。全話の予想で、53話では一気に採用試験合格まで行くのでは、予想しましたが見事的中。予想以上に早い展開でしたが、無事合格できて北海道の柴田牧場の面々の嬉しそうな姿も見れて良かったです。

ただ、合格した最大の理由は技術的な面もあるとは思いますが、面接に大杉社長がいなかったこともあるかもしれません。なつとしてはラッキーの一言ですね。

アニメーターの試験に合格したら川村屋の従業員寮に住めなくなり、今度は咲太郎のいる風車に住むことになります。ついに兄と一緒の生活を送るなつですが、もう一波乱、二波乱もありそうな予感。

これから兄とどんな生活を送っていくのか注目です。

【なつぞら】54話展開予想

53話でついに東洋動画の採用試験に合格したので、次は順当に行くと入社式の様子が見られるのではないかと思います。その後お祝いパーティーを開いたりで、実際に働き始める描写は来週の第10週からスタートと予想しています。

第54話も楽しみです。

【なつぞら】前回の感想・ネタバレ・あらすじを見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました