【朝ドラ なつぞら51話】あらすじ・ネタバレ・視聴後の感想

第9週「なつよ、夢をあきらめるな」第51回。

この記事では、前回の簡単なあらすじと第51回のネタバレや、視聴後の感想を紹介しています。

スポンサーリンク

【なつぞら】前回の簡単なあらすじ

東洋動画のアニメーター採用試験に落ちたなつ。この後どうするかをマダムと話し合うが、結論は先送りに。なつはこの先どうすべきか悩むのであった。北海道から一緒に上京してきた雪次郎はなつが心配になり、咲太郎の住む「風車」へ行く。

そして雪次郎は、なつが試験に落ちたことを咲太郎に報告。咲太郎はなつがショックを受けていないかを確認するため、川村屋従業員が住むアパートに行くが、思ったよりなつが大きなショックを受けていなさそうに見えて一安心。

だが、面接で自分のことを聞かれたかを問われたなつが歯切れの悪い返事をし、咲太郎はなつをアニメ映画の世界に引き込んだ仲さんの元へ試験の結果について聞きに行くが…。

【なつぞら】51話のネタバレ・感想

51話のネタバレ

なつが東洋動画の採用試験に落ちたことを仲さんに問い詰める咲太郎。しかし、仲さん自身もなつが試験に落ちたことについては知らず、お届きを隠せない様子だった。決して実技の結果は悪くなかったなつだったが、それでも落ちたとなると別の原因が考えられると仲さん。

そして咲太郎は、もしかしたら自分が社長に余計なことを言ったせいでなつが落ちたのではと落ち込む。

場面変わって川村屋。なつの幼馴染の佐々岡さんが来店。試験の結果を聞いて残念がるが、なつがアニメーターへの道を諦めないと前向きな様子に、佐々岡さんも一安心。

それと同時に、仲さんと天陽の兄・陽平さんが川村屋に訪れ、なつが落ちたことを謝罪する。そして、試験に落ちた原因は「社長の独断」と判明。社長は、咲太郎が何かの党に属している、愚連隊だか太陽族かよくわからない不良の兄がいる人を採用はできないと判断。咲太郎自身には全くそんなことはなく、社長に勘違いされてしまいました。

仲さんは、9月に仕上げの採用試験があるので、それに応募してくれと提案。なつはその試験に挑戦することを決め、1ヶ月以上連絡を取っていなかった北海道の柴田家に手紙を送り近況報告。なつはその後、咲太郎の住む居酒屋「風車」に訪れるが、またもや咲太郎は警察に捕まってしまい…。

51話の感想

51話では、なつが落ちた本当の理由が判明しました。

おそらくほとんどの人は予想していたと思いますが、やはり兄である咲太郎が大杉社長に余計なことを言ったのが原因でした。見事なまでのフラグ回収と言いますか…わかり易すぎる展開でしたね。

今回の話で一番疑問に残ったのは、社長がなつを落とした理由に、咲太郎が「新劇をやっているからロクなやつじゃない」扱いをしたこと。社長の言葉に出てくる「プロレタリア演劇」、それとも「愚連隊・太陽族みたいな奴」がダメだったのか。

おそらく前者の「プロレタリア演劇」が社長的にはNGだったんだなと思っています。社会主義の立場による演劇運動とされており、社長的には、兄は上の立場の人間に噛み付く可能性があると判断した、のではないかと考えています。資本主義を真っ向から否定する主義なので、社長という立場からしたら嫌だったのでしょう。

しかし、東京に来てからのなつは周りの人間に恵まれているなあと感じます。おじいさんのような開拓者精神、いつ見られるのか楽しみです。

【なつぞら】52話展開予想

52話はまるっと咲太郎のお話で終わるのではと思っています。

警察に捕まった理由も、51話で誰かにぶつかったりして謝りもしなかったので、暴力沙汰が原因ではないかと推測しています。なつが落ちた原因が自分が悪い影響を及ぼしているとわかると、何かしら身の潔白を証明するために動くとは思います。52話でそこまで動くかは難しいかもしれませんが。

咲太郎自身も、赤い星座がプロレタリア演劇をしているとは知らないと思いますし、どうやって社長の誤解を解き、9月の仕上げ採用試験に向けて動くのか注目です。

スポンサーリンク