年代問わず冬のマストアイテムのマフラーは、お洒落度をワンアップさせてくれる魔法のアイテム。

デート、フォーマルなどのビジネス用としてどんなシチュエーションでも使える万能アイテムでもあります。マフラーを使うのと使わないのでは、その見た目もまるで違うのです。

そこで本記事では、30代メンズに向けたおすすめのマフラーブランドと選び方、マフラーを使ったコーデ例をご紹介していきます。

スポンサーリンク







マフラーの種類

マフラーと言っても柄や長さ素材などその種類は豊富にあり、相手に与える印象は大きく変わってきます。定番で代表的なマフラーの種類を見ていきましょう。

【1】マフラー柄別

無地

男性での支持率が高いのが無地のマフラー。何にでも合わせやすいく誰でも取り入れやすく飽きがこないことが支持される理由ですね。

プライベートからビジネスまでどんなシチュエーションにも使える対応力もあります。

チェック柄

暗くなりがちな冬のコーディネートで一役かってくれるチェック柄のマフラー。

取り入れるだけで間違いなくお洒落度がアップするだけでなく、顔周りを明るくしてくれる視覚効果も期待できます。

ストライプ柄

ビジネスシーンでよく使われるストライプ柄のマフラー。

伸縮性がある素材でよく使われる事が多く、ノンストレスで使えるので、マフラー嫌いな方でも取り入れやすいアイテムです。また、垂らして使う事でスタイルよく見せる効果も期待できます。

【2】マフラー素材別

ウール

マフラーで生産数が一番多いウール素材のマフラー。

定番の素材で冬といえばウールと言える素材ですね。ウール素材でできたマフラーはとても温かみがある色味があり、季節感を演出できます。チクチク感が懸念される事もあります。

カシミア

マフラーと言えばカシミアを思い浮かべる方も多いはず。

カシミアの特徴は保温力はもちろん軽量でチクチクしないので、肌さわり、巻き心地がとても気持ちいいです。通常のウールマフラーと違い光沢があり上品さもあるので、キレイめファッションにおすすめです。

アクリル

化学繊維でできているアクリル素材のマフラー。

大きな特徴はロープライスで手に入る点です。基本マフラーはウール、カシミア、アンゴラなど動物の毛を使っているので、どうしても値段が上がってしまいますが、アクリルであれば安くゲットできます。

また、マフラーにありがちな毛玉もなりにくいという点も大きなメリット。しかしながら他と比べ化学繊維でできているので、保温力は期待できません。

【3】マフラーサイズ別

短いマフラー

マフラーは160cmを基準とされており、短いマフラーとは160cmより短いマフラーの事を指します。

定番的ではありますが、マフラーでお洒落を楽しみたい方には不向きで、マフラーの巻き方の種類がとても少ないです。ダウンやモッズコートなどのボリュームがあるアウターに合わせるのがおすすめです。

長いマフラー

長いマフラーとは160cm以上のロングマフラーのことを指します。

その存在感はとても大きく、チェスターコートなどに合わせる事で保温力だけでなくアクセントとして使えます。5年ほど前はロングマフラーといえば女性が使うアイテムでしたが、今ではメンズにとても人気があります。

30代メンズ/マフラーの選び方

マフラーの種類が分かったところで、実際にどのようなマフラーを選べばいいのか、30代メンズに合うマフラーの選び方とは何なのかをご紹介していきます。

【1】ロングマフラー

出典:楽天市場

30代になると服装もよりシンプルになってきます。

アイテムはもちろん色も派手な色味は使わないコーディネートに変化していきます。そんな時アクセントとなるロングマフラーを使う事でシンプルでもお洒落に着こなせますし、大人っぽく見せる事ができます。

【2】チェックでもベースカラーが大事

出典:楽天市場

マフラー選びで悩みの一つでもあるチェック柄。

選ぶコツは、ベースカラーをブラックやグレー、ホワイトなどのモノトーンやネイビー、レッドなどの暖色系を選ぶ事。そうする事でチェック柄でもどんな服装でもマッチしやすく、着こなしの幅も広がります。

【3】素材はカシミアを選ぼう

出典:楽天市場

30代であればウールやアクリル素材ではなくカシミアに挑戦してみましょう。

メリットはその光沢感にあります。見るからに肌さわりが良く、光沢あるカシミアは高級感があり、より大人っぽく見せる事ができます。

30代メンズにおすすめなマフラーブランド

マフラーの選び方までをご紹介してきたところで、30代メンズにおすすめなマフラーブランドを何点か紹介していきます。選び方とおすすめブランドを照らし合わせてお気に入りのマフラーを見つけていきましょう。

【1】Johnstons(ジョンストンズ)

1797年、ニットの名産スコットランドで生まれたブランド。過去にはエルメスのカシミア製品を手掛けるほどの実力派ブランドです。

2016年頃から国内の大手セレクトショップでも注目されており、現在ではどこのセレクトショップでも取り扱いがあるほどの人気となっております。優しい色味とソフトな肌さわりは病みつきになる事間違いなしのブランドです。

【2】Acne Studios(アクネストゥディオズ)

Acne Studiosは1996年スェーデン創立のブランドです。当時はアクネと言えばアクネジーンズが有名で、履くと足がキレイに見えると人気となり現在も定番として扱われているブランドです。

昨年からアクネのマフラーが入荷した途端消えると話題になり、今年になりその人気はさらに熱が高まっている今最も旬なブランドと言えます。無地ベースが多いですが、その見た目はとてもラグジュアリーで身に付けるだけで高級感を漂わせるほどの存在感があるのが特徴です。

【3】Tom Ford(トムフォード)

2005年創立のトムフォードのデザイナーは、過去にグッチやイヴサンローランなどの手掛けた事も有名です。

そのデザインはクラシックで高級感がある、まさに30代から身に付けるのにうってつけとも言えるアイテムです。

【4】Cruciani(クルチアーニ)

1966年に創立のブランドのクルチアーニ。特徴は最高級の素材を使用するニットウェアブランドでありながら、全ての工程を自社で行う事によって、コストパフォーマンスに優れたアイテムを提案しております。

モダンで洗練されたマフラーはカジュアルだけでなくビジネスシーンでも使える、まさに30代におすすめのブランドと言えます。

【5】JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)

1784年イギリスで生まれた老舗ニットブランド。

大人ブランドらしく無地ベースのアイテムが揃っており、デザイン、素材、編み方など全ての工程に拘りを持つジョンスメドレーは身に付ければその良さが瞬時で分かるほどです。

その高いクオリティから毎日使うマフラーでも毛玉になりずらく、長持ちするのも特徴の一つでもあります。

【6】トゥモローランド(TOMORROW LAND)

30代以降の大人ファッションを追求したセレクトショップです。

セレクトされるブランドもまだ国内で有名ではないブランドを仕入れ有名にしたブランドも多数あり、そのセンスはまさに一流です。オリジナルも同様に、素材やカジュアルすぎない柄やデザインが特徴で他の有名セレクトショップとは一味違うマフラーが見つかります。

【7】Malo(マーロ)

1972年イタリア創立のマーロ。

イタリア製のカシミアニットで有名なブランドで、シンプルながらに存在感が光るのはその素材や編み方への拘りから出るものです。有名なハイブランドをつけるのが苦手な方や素材への拘りが好きな方は特におすすめできる大人ブランドです。

30代のマフラーを使ったメンズコーデ

カジュアルリラックススタイル

出典:wear

上下スエットで着こなしたコーディネートです。リラックス感があるカジュアルスタイルですが、マフラーを取り入れる事で、30代らしい大人のカジュアルコーディネートにまとめております。

また、アイテムがカジュアルなので、マフラーはチェック素材を使わずシンプルな無地をチョイスした点はオシャレの達人とも言えます。

トラッドスタイルコーデ

出典:wear

カーディガンのように羽織ったコートにシャツとタイで合わせたトラッドスタイル。

全体的に色味がないので、タータンチェックのマフラーを取り入れる事で華やかさをプラスさせた色を使ったコーディネート。また、帽子にメガネを使っているのでマフラーはあえて垂らして使う事で顔周りをすっきりさせた小物使いのお手本的なスタイリングです。

男らしいモノトーンコーデ

出典:wear

スキニーパンツにPコートのベーシックアイテムで着こなしたコーディネート。

ロングシャツと緩めに巻いたロングマフラーでメリハリ感を強調し、自分ならではのコーディネートに仕上げております。

マフラーの巻き方

マフラーはデザインや素材の他に巻き方で相手に与える印象が変わってきます。マフラーの巻き方一つで違ったお洒落ができる、マフラーを楽しむ醍醐味とも言えます。

【1】ワンループ巻き

出典:楽天市場

マフラーの巻き方の種類の中でも一番オーソドックスなワンループ巻き。

首元で輪っかを作り反対側で入れ込むだけの簡単な巻き方。どんなマフラーでもでき、ほどけにくいのが特徴です。

【2】1周巻き

出典:楽天市場

マフラーをグルっと1周する巻き方。

とてもシンプルですが、これだけでお洒落度がアップします。また、首周りに余裕を持たせるのでノンストレスで着こなせる巻き方です。

【3】垂らし巻き

出典:楽天市場

垂らして使うだけの誰でも簡単にできる巻き方。

その効果は絶大で垂らしたマフラーが縦ラインを強調し、全体のスタイルをよく見せてくれます。また今や定番となったロングコートによく似合い、スタイリッシュで30代らしい大人なコーディネートができます。

【4】ニューヨーク巻き

結び目を正面で作り、首元にインパクトさをもたらすニューヨーク巻き。

エレガントで渋さを与える事ができるニューヨーク巻きはチェスターコートなど襟元がすっきりしたデザインのアウターとの相性がとても良いです。

【5】ピッティ巻き

難易度が高いピッティ巻き。別名ミラノ巻きとも言われており、イタリアで生まれた巻き方です

。上品な立体感が特徴で、ジャケットやコートなどとの相性抜群です。難易度が高いだけに習得できれば、間違いなくお洒落に着こなせます。

30代メンズ必須の定番マフラーブランド7選のまとめ

以上、30代メンズ必須の定番マフラーブランドの紹介でした。

歳を重ねるごとに服装はシンプルになってきます。そんな時にアクセントして使えるマフラーは寒い冬の防寒対策として、お洒落として必須のアイテムです。

マフラー一つでファッションも大きく変わるので、実際に色々試してみる事がとても大事になります。是非、自分に合ったマフラーを見つけ冬のファッションも楽しんでみてください。