春の訪れを告げる花といえば、梅。梅の香りが漂ってくると、「春が近くにきているな。」と実感できるのではないでしょうか。

この記事では、300種1000本の梅が咲き乱れる茨城県水戸市の「水戸梅まつり2018」をご紹介。

梅の鑑賞だけではなく、梅酒の飲み比べや梅にまつわるお土産、着物の撮影会など、様々なイベントが用意されています。

スポンサーリンク







水戸梅まつりとは

今年で122回目を迎える、「水戸梅まつり」。回数からもわかるように、水戸の梅まつりは120年以上もの歴史をもちます。

会場の偕楽園は、石川県の兼六園や岡山県の後楽園とともに、日本三名園のひとつに数えられています。開園は江戸時代(1842年)という長い歴史をもちます。

そんな偕楽園には、100種3000本もの梅が咲き誇ります。梅にもこれほどまでに種類があったのか、と驚いてしまいます。また、植えられている梅の品種には、「早咲き」「中咲き」「遅咲き」があるため、2か月近くの長期間にわたり、梅を鑑賞できるところも魅力です。

水戸の梅まつりは、観梅だけが魅力ではなく、夜になると花火やライトアップされた梅を鑑賞することができます。そして、梅酒の飲み比べや着物で観覧できる「着物Day」など、和を感じられるイベントがたくさん用意されています。

2018年水戸梅まつりの日程

2018年の水戸梅まつりの開催期間は「2018年2月17日(土)~3月31日(土)」となっています。時期は約1ヶ月間と長めのイベントとなっていますが、訪問する時期によって梅の楽しみ方も変わってきます。

「早咲き」の梅が楽しめる期間…1月中旬~2月中旬
「中咲き」の梅が楽しめる期間…2月上旬~3月中旬
「遅咲き」の梅が楽しめる期間…3月上旬~4月上旬

上記期間は、梅野見ごろ目安となっています。天候や雨量によって、梅の開花状況は大きく左右されます。梅まつりは長期間開催されているので、ゆっくりと観梅し園内を散策してみましょう。

2018年水戸梅まつり会場/アクセス

水戸梅まつりは、偕楽園と弘道館の2会場にて開催されます。

【1】偕楽園

偕楽園の場所は下記となります。

住所:茨城県水戸市常磐町1-3-3
開園時間:6:00〜19:00 (好文亭は9:00〜17:00)
入園料金:無料 (好文亭は大人/200円、小中学生/100円、70歳以上無料)
TEL:029-244-5454 (偕楽園公園センター)

電車でのアクセス方法

電車で偕楽園へ行く場合は、梅まつり期間に運営される「偕楽園駅」の利用が可能です。

偕楽園駅(臨時駅)から偕楽園までは、徒歩約8分です。

バスでのアクセス方法

水戸駅から偕楽園まで、バスで行くことも可能です。

水戸駅から偕楽園までは、水戸駅発のバス利用で約20分です。運賃は240円、偕楽園~水戸駅北口・払沢・本郷~偕楽園(偕楽園行)のバスに乗車します。

車でのアクセス方法

偕楽園へ車で行く場合は、下記の経路が便利です。

【2】弘道館

弘道館の場所は下記地図のとおりです。

住所:茨城県水戸市三の丸1-6-29
開園時間:9:00〜17:00
入園料金:大人/200円、小中学生/100円、70歳以上無料
TEL:029-231-4725 (弘道館事務所)

電車でのアクセス方法

JR水戸駅北口から徒歩8分のところにあります。

車でのアクセス方法

常磐自動車道水戸北スマートICから約40分です。

2018年の開花状況と見ごろ

2018年1月中旬での開花状況は、偕楽園では約3000本中91本(3.41%)の開花とのことです。弘道館では約800本のうち17本(3%)の開花です。

1月中旬に咲はじめる梅は、「早咲き」の品種で、「八重寒梅」や「虎の尾」という品種が咲はじめているようです。

梅の開花状況は、こちらの「茨城県公式観光情報サイト」のページで確認できます。

外部参考http://www.ibarakiguide.jp/seasons/umeiro/mito_ume.html

水戸梅まつりの楽しみ方

夜・梅・祭 2018

3月3日(土)と3月10日(土)の2週間にわたり、ライトアップされた梅の鑑賞を楽しめます。

水戸梅まつりのライトアップですが、鑑賞すべき時間帯は日没直後となります。真っ暗になる前、夜空が青い背景となり、梅の木の色や梅の花の色を際立たせます。まさに絶景。

全国梅酒まつり

全国の梅酒150種類を飲み比べできる「全国梅酒まつり」が、常磐神社境内にて開催されます。

期間は「2018年3月2日(金)~3月4日(土)、10:00~16:00(最終日のみ15:00まで)」です。制限時間は30分と決まっていますので、どの梅酒を飲むか、ある程度検討をつけなければいけません。

そこで、水戸梅まつりで提供されるおすすめの梅酒を3種類ご紹介いたします。

梅香百年梅酒プレミアム

梅香百年梅酒は数種類存在しますが、こちらの梅酒は全国の梅酒大会で1位を獲得。仕込にはブランデーと蜂蜜を使用しているため、濃厚な味わいです。

問い合わせ先:029-247-6111(明利酒類)

姫梅酒

白加賀梅をベースに仕込み、バニラ・メロン・巨峰・白桃・ザクロ・柚子・シソの7種のフレーバーがつけられているのが特徴です。

お酒の香りとはまた別に、さわやかなフレーバーを楽しめるところが魅力的。ソーダ割りもおいしいと評判です。さらに注目ポイントは、洋酒のような素敵なボトルです。

問い合わせ先:0294-39-4312(宏和商工日立酒造工場)

君萬代 梅清酒

濃厚で、とろりとした舌触りが特徴の梅酒です。梅清酒は創業360年を超える老舗酒造、田中酒造店の清酒です。完熟した梅をたっぷりつけこんでいるため、梅の濃厚な味と香りを楽しめ、さらに梅酒は黄金色をしています。

問い合わせ先:0297-72-0011(田中酒造店)

梅酒祭りの参加方法

梅酒まつりに参加するには、チケットが必要です。

前売り券:700円
当日券:800円
ファストパス:1200円

ファストパスとは、待ち時間少なく梅酒の飲み比べに参加できるチケットです。上記チケットの購入方法は、以下3通りがあります。

  • セブンイレブン店頭もしくは、セブンチケットにて購入(2018年2月1日~発売)
  • 水戸観光コンベンション協会にて購入
  • 水戸観光案内所

水戸観光コンベンション協会

住所:水戸市三の丸1-5-38 県三の丸庁舎1階
TEL:029-224-0441
営業時間:8:30~17:15
休日:土曜、日曜、祝日

水戸観光案内所

住所:茨城県水戸市宮町1-1-1 JR水戸駅構内
TEL:029-221-6456
営業時間:9:00~18:00
休日:年中無休

もちろん、梅酒の飲み比べに参加される方は自動車の運転は禁止です。団体で訪れる際は、必ずハンドルキーパーを決め、違反行為をしないよう注意してください。

梅みやげ

水戸梅まつりに行ったら、ぜひ梅みやげを購入しましょう。

梅ようかんや梅サブレ、おもちを餡で包んだ「水戸の梅」といった和菓子など、梅をふんだんに使用したお菓子がたくさん用意されています。

特に、「紫錦梅」は、偕楽園の梅をシソの葉と塩だけで漬けているお菓子で、梅の味をダイレクトに味わうことができます。偕楽園の梅は採れる量が限られていますので、こちらのお菓子は数量限定。早めにゲットしましょう。

梅みやげは、偕楽園内外に複数ありますが、特に「見晴亭」がおすすめです。見晴亭では、梅みやげだけではなく、水戸の名物である納豆やほしいもなども購入できます。

見晴亭

住所:茨城県水戸市常磐町1-3-2
TEL:029-306-8911
営業時間:9:00~17:00

観梅デー

「2月18日(日)~3月25日(日)」の間、毎週日曜日が「観梅デー」となります。

観梅デーでは、茶会や芸能が披露され、和の心を感じられます。日本三大庭園で、わびさびを体験してみましょう。

観梅着物Day

「3月4日(日)の10:00~16:00」に開かれるイベントです。イベント会場は、偕楽園の見晴広場です。見晴広場は、偕楽園の東南に位置する広場で、一面に芝生が広がる展望台です。

着物はレンタルが可能で、着物で偕楽園内を散策できます。当日参加がかのうです。また、着物での撮影会も行われます。レンタルのお値段は、男女共着付け込みで3800円〜となります。

水戸梅まつり混雑状況

梅まつり期間中の来場者は、毎年100万人を超えます。特に、偕楽園駐車場やJR偕楽園駅から最も近い東門が混雑します。混雑を避けて偕楽園を周る場合は、表門から入ることです

庭園の作りから言っても、表門から順に回ることを想定して作られていますので、正しい周り方と言えるのではないでしょうか。また、梅まつり開催期間中の日曜は、一部交通規制が行われ、車両が通れなくなってしまいます。

そのため、平日にお休みが取れる場合は平日に梅まつりに行くことをおすすめします。

会場の近隣駐車場

偕楽園

偕楽園には、1000台以上駐車可能な、広い駐車場が用意されています。

料金はこちらの公式ホームページをご覧ください。

外部参考http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen11.html

また、偕楽園の駐車場は、梅まつりの期間中(特に休日)は午前中で満車になることも。そこで、偕楽園まで徒歩距離にある、穴場の駐車場を4つご紹介します。

どこの駐車場からでも、徒歩は約12~15分です。

弘道館

弘道館には無料の駐車場と有料の駐車場があります。ですが、無料の駐車場は13台までで、予約は不可とのことです。そのため、休日に梅まつりに訪問する場合は朝から場所をとっておきましょう。

弘道館駐車場(無料)

駐車可能台数:13台まで
弘道館駐車場利用可能時間…9:00~17:00

茨城県三の丸庁舎駐車場(有料)

駐車可能台数:約150台

入庫から3時間は無料です。こちらの駐車場を利用する場合、「茨城県三の丸庁舎」もしくは「茨城県水戸市三の丸1丁目5番38号」とカーナビや地図アプリで検索すると、到着できます。

2018年水戸梅まつり/まとめ

以上が、2018年水戸梅まつりの見ごろやイベントについて、駐車場などのまとめでした。

茨城県水戸市は納豆のイメージが強い方もいらっしゃるかと思いますが、これほどまでに素敵な梅まつり、庭園があることを知らない人も少なくありません。

2月下旬からは、だんだんと気温もあがってくる時期です。ぜひ、ゆっくりと時間をとって訪れてみましょう。