スマホアプリ

メルカリの出品写真で位置情報がバレるのかを徹底解説

更新日:

このページでは、メルカリの出品写真で位置情報がバレルのかを徹底解説しています。

スポンサーリンク

スマホで撮った写真は危険なのか

最近、流行りのスマホフリマアプリ「メルカリ」。

スマホで簡単に商品の撮影ができて、楽々出品と出品者にとってはメリットが豊富です。しかし、安全性はきちんと保たれているのでしょうか。実はそうとも言い切れません。

出品時、必ず必要な写真がかなりネックになっています。商品写真には位置情報などの個人情報が盛り込まれている可能性もあるのです。

写真に含まれるExifとは

ExifとはExchangeable image file format の略で、全ての写真についています。Exifとは簡単に言うと個人情報の束のようなものです。このExifにはさまざまな個人を特定する情報が盛り込まれています。

  • 位置情報
  • 撮影日時
  • スマホなどの機種名
  • 著作者名
  • 撮影時の詳細設定

などがもりこまれています。

これだけ見ても、一枚の写真を特にメルカリのような公共の場で流すという行為は、個人情報を全国へ晒している行為と何1つ変わらないのです。さらに恐ろしいことにアプリなどで、位置情報は地図に示すことができ、フラッシュをしたかどうかまで挿入されることもあります。

著作権を守るために著作者名も情報として入れられていますが、結果として本名を明かすことになってしまいます。

位置情報をつける理由とそのメリット・デメリット

しかしなぜ、そんなに危険なExifを盛り込むのだろうかと一度は頭をよぎったかもしれません。それにはいくつかのメリットがあります。

位置情報を記載する理由は、思い出の写真を見つけやすくするための制作者の優しさです。iPhoneなどで撮った写真が「」や「日時」など勝手に分類されていることはないでしょうか。

このように利用者が撮影した写真を端末内で検索しやすくなり、整理もできるということが最大のメリットです。更にInstagramなどで位置情報を付けておくとその場所の共有も可能になり、宣伝にもなるというメリットもあります。

当然のことながら、デメリットもあります。最悪の場合、リアルタイムの現在地や家の捜索など簡単にばれてしまい、犯罪などに遭う可能性があがるということです。

プライベートを守るための対処法

毎日かなりの数をアップされる一部の大手SNS会社は写真についている位置情報が流れないようにするため、「自動で削除設定ができる」という方針を行っています。Facebook、Twitter、LINEやInstagramなどがその例です。メルカリなどフリマアプリで削除されているのかどうかはわかりませんでしたが、たくさんの会社が行っているというのは事実です。

しかし、自身でも載せる前にできる限りの対処を心がけましょう。

1.位置情報サービスをオフにする

もっとも簡単にできることは、メルカリなどに投稿する写真を撮る前に位置情報サービスをオフにすることにより手間を省くことができます。

iPhoneの場合もAndoroidの場合もほぼ同様で、設定から位置情報サービスへいき、オフに変更することができます。それから写真を撮るようにすれば、どの写真にも個人情報は載らないようになるので、安心して何枚でもとることができますね。

2.アプリを使って位置情報を削除する

オフにする前に撮ってしまった写真は、消すことができないのかという疑問も挙がるかと思います。しかし、アプリなどを使うことで位置情報を後から削除することも出来ます。

一番のオススメは「PhotoCheck」です。

名前の通り、スマホ内に保存された写真をチェックすることができます。そして、PhotoCheck最大のメリットは、位置情報のある写真があれば教えてくれることです。

位置情報を削除するのではなく、位置情報のないコピーを取ってカメラロールに再保存される用になります。他にも同じようなアプリがたくさんあるので、自分の好みに合わせてチョイスすることができます。

スポンサーリンク

写真に潜むもう一つの危険

「写真のExifも削除したし、さぁSNSで共有しよう!」とお考えの方は、もう一度自分の撮影した写真を振り返ってみてください。

SNSはある程度友人などもいるため、気にする必要もないのかもしれませんが、メルカリのようなフリマアプリでは見ず知らずの方ばかりのため、一層写真への配慮は必要になります。

写真で何でも特定できるのか

例えば、商品撮影の際、後ろが壁なら問題ありませんが、部屋の一部だとどうでしょうか。モザイクなど加工をしない限り、部屋の様子がなんとなくわかります。そこから間取りを割り出し、犯罪などに利用されることもあります。更にうしろが窓の場合、見える景色から住所を調べられる可能性もあります。

SNSなどで、「どこどこへ行くよ」と投稿した場合、そこから出発時間、行先、帰宅時間など大体の予測を立てることも可能です。

これらの理由から、SNSやメルカリなどに写真を投稿することは必ずしも安全ではなく、最悪の場合、命を落とす可能性も十分あるということを常に考えなければいけません。

肖像権がなんとやらというニュースをよく耳にしますが、ただ法律の話というわけではなく自分たちに密接に関わっているということです。なので友達と映る写真を載せる場合も確認を入念にし、健全で安心な生活を送りましょう。

最後に

以上が、メルカリの出品写真で位置情報がバレるのかの解説でした。

現在すでに位置情報など気にせず、メルカリで出品してしまったという方もいらっしゃるかもしれませんが、すぐに削除することはできません。

取引を終了して二週間ほどたつまで待つ必要があります。しかしだからと言って慌てることなく、その他出品している写真を変更するなど今自分ができる最善のことを行いましょう。

スポンサーリンク

-スマホアプリ
-, ,

Copyright© アプリ三昧 , 2018 All Rights Reserved.