メンズタックインがダサい?コーデのコツを掴めばおしゃれに着こなし可能

2016年は女性の間で流行ったタックインが、2017年になりメンズの間で流行し始めました。

そんなタックインですが、ネット上では「ダサい」「シャツインとか陰キャかよ」など言われていますが、タックインはコーディネートさえ間違えなければおしゃれに着こなすことが可能です。

そこでこのページでは、メンズタックインがダサいという風潮を払拭するべく、タックインコーデ術とタックインと合わせたいアイテムについて紹介していきます。

タックインとは

タックインとは英語で「押し込む」という意味で、その名の通りトップスをパンツに入れ込む着こなしの事です。

2016年夏に女性に流行り出したのをきっかけに、2017年はメンズに取り入れられ大人気の着こなし方となっております。

タックインが与える印象

海外では昔から定番の着こなしだったタックイン。

日本で近年流行し、その着こなし方が与える印象とはクラシカルでモダンな雰囲気を出す事ができます。さらに流行している着こなしだけにトレンド感出しよりおしゃれに見せる事ができます。

タックインがうまくいかない人の特徴

タックインを挑戦してるけど何かうまくいかない、しっくりこないなどこれで大丈夫かなと不安になる人も多いかと思います。

今回はうまくいかない人が行っている特徴をご紹介していきます。もし1つでも当てはまるようでしたらタックインのやり方を変えていきましょう。

1.裾を1クッション持たせずギュウギュウに入れ込むやり方

とりあえずシャツを入れればOKというやり方ではおしゃれに見えません。

昔のお父さんやオタク風コーデになってしまいます。また、細身のパンツにそのやり方をやってしまうと、おなかが出ている場合おなかがより目立ってしまいカッコ悪くなってしまいます。

2.シャツ選びを間違えている

シャツにはボックス型のシャツとラウンド型のシャツがあります。

右の写真を見てもらったらわかる通り裾が直線的なシルエットです。ボックス型をタックインしてしまうと、裾がまくり上がってしまう為だらしなく見えます。シャツは左の写真のラウンド型を選んで、裾がまくり上がらない様に気をつける事が大事になります。

3.全体のコーデできれい目アイテムがない

タックインを行う上でどうしてもおしゃれに見えない人の理由は、全身のコーディネートがカジュアルアイテムのみを使用している事が多いです。

タックインはモダンな印象を与える事ができます。全身の内どれかのアイテムだけ、ドレス系アイテムを使用するよう気をつけましょう。

タックインをする時の大事な3つのコツ

日本でタックインは10年前であればオタク風コーデに捉えれておりましたが、今ではおしゃれをする上で最先端の着こなしです。

ですが少し間違えればオタク風の着こなしに逆戻りしてしまいますしダサく見えてしまいます。そこで、おしゃれに見えるタックインの大事なポイントを3つご紹介致します。

1.トップス:パンツの比率を1:2で行う事

トップスとパンツのバランスを意識する事は1番大事なコツです。

大事な事は『トップスを1パンツを2』の比率で必ず行う事です。逆だと足が短く見せカッコ悪くなってしまいます。

2.同系色コーデでスタイルアップ

おしゃれにタックインを楽しむコツその2は同系色コーディネートをする事です。

日本人の体型は、胴長短足の人が多いです。それを感じさせないコツが、上下のカラーを同系色で統一する事です。境目をなくすことで、スタイルアップに繋げる事ができます。

3.トレンドを意識するなら太めのパンツを選ぶ

タックインはコーディネートをする上でトレンドの1つの方法です。

さらにトレンド感を出したいなら、旬のワイドパンツを選ぶ方法です。緩めの着こなしでもタックインする事で、緩さの中にもモダンでシックなスタイリングができます。またサスペンダーなどの小物を使うと他と違う上級者向けのコーディネートもできます。

メンズタックインコーデ術一覧

タックインは人それぞれスタイリングで大きく印象が変わります。

小物をうまく使ったり、タックインをどこまで入れ込むかなど様々です。ここでは7つのタックインを使ったおしゃれコーデをご紹介していきます。

1.白シャツ×ストライプパンツ

引用:wear.jp

夏の定番爽やかなホワイTシャツをメインにしたコーディネートです。

定番アイテムだからこそパンツに拘りが見え、クラシックなピンストライプ柄のきれい目のパンツと組み合わせたキレカジスタイル。タックインを緩めに入れ込む事でこなれ感を演出できます。

2.インナーをタックインコーデ

引用:wear.jp

タックインはインナーでも使えます。

外に出すよりもタックインする事で、カジュアルアウターでもきれいにまとまり大人のコーディネートに仕上げる事ができます。ベルトとパンツを同カラーで合わせる事で美脚効果も出す事ができます。

3.ホワイトカラーコーデ

引用:wear.jp

白を基調にしたタックインコーディネートです。

靴、靴下、ベルト、サングラスなどの小物を黒をチョイスすれば、全体を引き締める事ができメリハリあるスタイリングに仕上げることができます。雰囲気抜群のコーディネートでアーティスティックな印象を与える事も可能です。

4.シャツ開けタックインコーデ

引用:wear.jp

トレンドでもある開襟シャツをタックインしたコーディネートです。

ポイントはシャツのボタンを1つのみとめて他は開けるスタイル。そうする事でこなれ感も演出でき、インナーの白Tシャツをベルトや靴下などと合わせる事ができます。全体的にまとまり感も考えられたコーディネートです。

5.ショートパンツタックインコーデ

引用:wear.jp

タックインは夏のショートパンツでも活用できます。

ミリタリーパンツとポロシャツを組み合わせた大人のミリタリースタイルです。タックインと相性がいいサスペンダーを使う事で、ミリタリーコーディネートの中にもモダンでクラシカルな印象が与えられます。

6.柄シャツ×ワイドパンツコーデ

引用:wear.jp

柄シャツ、タックイン、ワイドパンツと2017年トレンドを所々に使ったスタイリングです。

柄シャツを引き立てる為にベージュのワイドパンツを使い、夏らしくサンダルで合わせた爽やかさと男らしさアイテムを使ったコーディネートです。

7.古着MIXコーデ

引用:wear.jp

個性派古着MIXコーディネートです。ポイントはタックインをする事で今年らしいトレンド感が出ます。

さらにすべて入れ込まずに前のみをタックインしベルトを見せ、こなれ感を演出できます。小物は白をベースにする事で古着でも爽やかも出す事ができルコーディネートです。

タックインと合わせたいおすすめベルトブランド

GEVAERT/ゲバルト

1899年にベルギーで生まれた老舗ベルトブランドです。

日本の多くのセレクトショップでも扱われ、その魅力は有害物質を使わない環境に優しいアイテムが多い事です。また、ブランドの象徴のリングベルトは色鮮やかなカラーが特徴的で、コーディネートのアクセントとして使えます。

価格も低価格なので取り入れやすいのでおすすめなベルトです。

楽天市場で見る

POLO RALPHLAUREN/ポロラルフローレン

タックインコーディネートと言えばラルフローレンです。

アイビースタイルには欠かすことができないタックインは大事なベルトも様々な物を扱っております。つけるだけでモダンでクラシカルな雰囲気を出す事ができるブランドなのでおすすめです。

楽天市場で見る

MONO-MART/モノマート

低価格でトレンドを常に意識したアイテムをリリースしているセレクトショップです。

特にベルトの中でもトレンドのガチャベルトの品揃えが豊富でたくさんのカラー展開があります。低価格なのでコーディネートに合わせて何本持っていても使えますのでおすすめです。

楽天市場で見る

タックインのコツとコーディネートのまとめ

以上が、タックインがダサいという不調を払拭するコーディネート術の紹介でした。

2017年トレンドコーディネートのタックイン。コツさえ掴んでしまえばどなたでもできます。使うアイテムによって与える印象も違いコーディネートも楽しめる事間違いありません。

夏だけではなくオールシーズンできるタックインは、今持っているアイテムでもコーディネート可能なので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。