メンズの春夏アイテムといえばロンTです。春になれば街中でもロンTをオシャレに着こなしている姿をよく見かけるようになります。

特に近年ロンTは注目アイテムとしてセレクトショップでもバリエーション豊かに取り揃えており、まさにトレンドと言えるアイテムです。今回はシンプルでオシャレに着こなせるロンTコーディネートからおすすめブランドまでご紹介していきます。

スポンサーリンク







2018年トレンドの着こなし方とは

2017年から徐々に再熱してきたロンT。2018年はさらに人気が高まりそうです。ですが、昨年とは違いその着こなし方が大きく変わりました。時代遅れの着こなしで遅れをとらないように2018年の着こなし方を見ていきましょう。

【1】プリントロンT

2018年最も熱いプリントロンTです。昨年から人気がありましたが、今年はカラーやプリントされる箇所もショップによって様々で、品揃えが昨年よりとても豊富です。

ストリート感が強いですが、パンツをドレスパンツや光沢あるパンツでまとめるのが今年流です。

異素材の切り替えロンT

ドメスティックブランドなどに多い異素材の切り替えパターンのロンT。その中でも多くはコットンとポリエステルやレーヨンなどの化学繊維を組み合わせております。光沢があり、ドレス感も感じさせながらロンT一枚でもラフに見えずオシャレに着こなす事ができます。

スポーツブランドのロンT

近年のファッションにおいてスポーツブランドはなくてはならないほどの人気となりました。そんなスポーツブランドでもロンTは外せないアイテムの一つです。NIKEやFILAなどのブランドロゴを全面に出したロンTはオシャレの最先端です。

モックネックロンT

タートルネックに続きトレンドとなったモックネックのロンT。モックネックと言えばニット素材のイメージが強いですが、今年はコットン素材でのロンTも数多くのショップからリリースしております。特徴はロンTのデメリットでもあるラフに見えすぎてしまう点を改善しており、大人の方でも着こなせる今までなかったロンTと言えるでしょう。

メンズ カラー別ロンTコーデ

いつの時代も当たり前のように着られる無地とボーダーのロンT。ただ着るだけではオシャレに見えません。ロンTを活かした着こなし方や自分にあったサイズ感などシンプルなアイテムだからこそ着こなし方を考えなければなりません。

今回はカラー別にオシャレに着こなせるコーディネートをご紹介していきます。

【1】白ロンTコーデ

出典:wear

ロンTをジャストサイズに着こなしたコーディネート。ベーシックな着こなしに見えますが、チラっと見えたインナーとのレイヤードやリブ付きテーパードパンツで足元をすっきりした印象に見せたフットワークが軽い春らしいスタイリングです。

出典:wear

腕のチェッカー柄が特徴的なロンT。ストリートブランドのロンTに合わせたのはハイソックスやサコッシュのバッグなど2018年らしいストリート感を感じさせながら都会的なコーディネートです。

出典:wear

インパクトあるプリントがデザインされたロンT。目を引くロンTを活かすように他のアイテムはシンプルに仕上げ、スッキリとした印象に仕上げたコーディネートです。

【2】黒ロンTコーデ

出典:wear

緩めの黒ロンTをモードに着こなしたコーディネートです。光沢感あるロンTはラフさの中にも都会的で、おしゃれに見せる事ができます。ポイントはこなれ感をプラスさせる緩めに着こなす事。普段のサイズのワンサイズアップを選ぶと今時っぽいスタイリングにまとめる事ができます。

出典:wear

ニット素材のような雰囲気を持たせた黒ロンTです。主張しすぎないようなストライプと胸ポケットの切り返しが都会的でモードっぽさを演出しております。タックパンツと合わせ、モードらしさを崩さずよりミステリアスで色気のあるコーディネートに仕上げております。

出典:wear

オールブラックで統一したコーディネートです。黒ロンTはジャストサイズを選び、パンツは細身でコーディネートする事で理想的な逆三角形のシルエットが完成します。男らしく、スポーティさも兼ね備えたスタイリングです。

【3】赤ロンTコーデ

出典:wear

古着ならではの風車ナイキの赤ロンTを使ったコーディネート。パンツも古着で合わせる事で、誰にも真似できない自分だけのコーディネートを楽しめます。また古着だからこそ、色褪せた風合いは唯一無二のアイテムです。

出典:wear

9部丈の赤ロンTを使ったコーディネート。カラーが強い分、他のアイテムはブラックで統一させ、全体を引き締めたおしゃれコーディネートです。若い世代からおじさん世代までおしゃれに着こなせる組み合わせなのでぜひ参考にしたいですね!

出典:wear

シンプルな赤ロンTにスエットを合わせたリラックス感あるコーディネート。シンプルなのにおしゃれに見えるコツは足元にあります。スニーカーとパンツに差をつける事で足元がスッキリし、全体をおしゃれに見せてくれます。

【4】無地ロンTコーデ

出典:wear

高級感ある都会的なコーディネートです。春夏になると服装がどうしてもシンプルになってしまいます。そんな時は素材選びで差をつけるのもおしゃれに見せるコツです。無地ロンT、パンツ共に光沢感があるので、シンプルなのにラフに見せずコーディネートできます。

出典:wear

サーマル生地を使ったコーディネート。サーマル生地は通常のコットン素材のロンTに比べ肉厚なので、誰でもおしゃれに着こなす事ができます。またカーキカラーを選ぶ事で、ミリタリーテイストで男らしく演出しております。

出典:wear

ラグランタイプの切り返しのロンTを使ったコーディネート。ドメスティックで、都会的な雰囲気を持たせながら、あえてカジュアルのラグランタイプにデザインされた無地ロンTは一枚でおしゃれに見えます。

【5】ボーダーロンTコーデ

出典:wear

ボーダーのロンTにタックインした春らしいコーディネートです!タックインする事で、ロンTのラフさをキレイに見せております。また、足元をスッキリさせる事でフットワーク軽く、春を感じさせるスタイリングに仕上げております。

出典:wear

ボーダーの切り返しのロンTを使ったコーディネート。他と被りたくない方にはこういった変わったデザインを選ぶのがおすすめです。ポイントはデザインに特徴があるロンTを選んだ場合、他のアイテムはよりシンプルに合わせるのが鉄則です。

出典:wear

ボーダーのロンTに小物をうまく合わせたコーディネートです。シンプルになりがちな季節は小物がとても効果的。ハットやワッチキャップなどの帽子から日差しが強くなる季節なのでサングラスを使う事で、おしゃれ度が格段にアップします。

【5】重ね着コーデ

出典:wear

緩めに着こなしたストリート感溢れるコーディネート。ストリートと言っても今っぽく着こなす為、シルエットを意識しており、上半身は緩めに着こなし、パンツはテーパードパンツを合わせております。

出典:wear

5部丈のロンTと7部丈のロンTを組み合わせたコーディネート。インナーに入れた7部丈のロンTは着丈を長めに設定する事で、こなれ感をしっかり演出しております。

出典:wear

半袖シャツと重ね着させたコーディネート。ロンT一枚ではどうしてもラフに見えて苦手な方は半袖シャツと組み合わせる事がおすすめです。大人カジュアルに着こなせ、よりおしゃれに見せる事ができます。

ロンTおすすめブランド

VANS(ヴァンズ)

スニーカーと言えば「VANS」。今ではスニーカーだけでなくアパレルウェアでも人気が集中しているブランドです。2018年はさらに注目されており、スケートブランドらしいチェッカー柄のロンTは世代を問わず今年の春夏の注目株のブランドです。

nano・universe(ナノユニバース)

トレンドを取り入れながらもベーシックなデザインで人気があるナノユニバース。ロンTも例外ではなく、ベーシックで誰でも取り入れやすいデザインに仕上げており、その中でもトレンド感、素材、風合いなどナノユニバースだからこそできるロンTが多数リリースされております。

Champion(チャンピオン)

カットソーと言えば「チャンピオン」です!数々の名作を発売してきたチャンピオンはカットソーの王様的ブランド。また多数のブランドとコラボ商品も発売しており、その注目度は非常に高く、カットソーで悩んだらチャンピオンにしておけば間違いなしと言えるブランドです。

EVENFLOW(イーブンフロー)

2014年に東京でスタートしたライフスタイルブランド。アイテム事に遊び心を取り入れ、キャッチーで、他のブランドにないデザインが豊富にあります。国内ブランドなのでサイジングも日本人に合うシルエットなのが嬉しいポイントですね!

ロンT着こなしメンズコーデ2018年春夏編のまとめ

今回は近年注目が高まっているロンTの着こなしコーデやおすすめブランドについてご紹介しました。

ロンTはラクチンでどんな時でも着れるお助けアイテムではありますが、どうしてもラフに見えがち。ですが、注目されている今では各ブランドがロンT一枚でもおしゃれに着こなせるデザインを多数リリースしておりますので、きっとあなたに合うおしゃれなロンTが見つかるはずです。