卒業式の親御さんの服装といえば、スーツか着物ですよね。お母様の中には、着物とスーツどちらにしようか、アクセサリーはどんなものにしようか、ずいぶん前から悩まれる方も多いでしょう。

一方でお父様の服装というと、「スーツ」が基本です。ですが、その男性のスーツにも、気を配るポイントが存在します。

そこで本記事では、卒業式での父親のスーツの着こなし方やネクタイや小物の選び方をご紹介します。

スポンサーリンク







服装はビジネススーツで

卒業式に着用するスーツは、ビジネススーツで参加しましょう。間違っても、礼服しかもっていないからと礼服を着ていくことは避けましょう。なぜなら礼服は、先生方や来賓の方が着用されるためです。

また、礼服とビジネススーツは、生地にも違いがあります。礼服は生地がてかっていないもので、ビジネススーツのように柄や色はなく、黒一色です。日の当たる場所に出ると、礼服とビジネススーツの違いは一目瞭然です。

黒のビジネススーツであれば礼服との違いはわからないだろう、と思うかもしれませんが、礼服の黒はかなり深い黒をしています。一方ビジネススーツの黒は、ややグレーがかった色味なのです。

どんなビジネススーツが良いか

ビジネススーツの色は、紺色・グレー・黒が卒業式の定番とされています。

フォーマルな式典ですので、柄のあるスーツは控えましょう。また、主役は卒業するお子様。その点も気を配り、服装選びをしましょう。

ボタンはシングルのほうが、着席した際にすそが広がり、スムーズに着席できます。おなか周りが気になる、という方であれば、ダブルでも問題はありません。特に注意したい点は、サイズ感と清潔感です。

だぼだぼのスーツを着ているお父様は格好悪いですよね。スーツを購入する際に、しっかり採寸をしてもらい、足の長さや腕の長さ、肩幅に見合ったぴったりのスーツを購入しましょう。

また、ビジネススーツですので「いつも会社で着ているものでいいや」と思われる方も多いかと思います。もちろん問題はありませんが、毎日来ている会社用のスーツ、お尻の部分や袖部分にてかりが見当たらないでしょうか。

てかりが見えるスーツは、思っているよりも目立ってしまいますし、清潔感にも欠けます。お祝いの晴れの舞台にはふさわしくありません。卒業式だけでなく入学式や、懇親会など幅広く活躍するスーツですので、一着は「正服用」に良いものを購入しておくことをおすすめします。

ネクタイは服装の中でも重要ポイント

コーディネートの中でも、ネクタイは顔に近い部分ですし、目のいきやすいところにあります。そのため、他人からはよく見られやすいポイントです。

一般的に卒業式でのネクタイは、シルバーが好まれますが、色味や柄によってはブルー系のネクタイもOKです。派手な色味や柄でなければ、ストライプのデザインや、光沢のあるものでも問題ありません。

下記画像のような柄であればさりげないストライプですので、あまり目立ち過ぎずオーソドックスなもので好感をもたれるでしょう。

下記の商品も、あまり目立ちすぎないストライプが大人っぽいです。また、ネクタイピンとハンカチがセットになっていますので、小物同士の統一感が出ます。ぬかりなくおしゃれに気を配っているお父様は素敵に見えます。

下記画像のネクタイは、淡いブルーがメインになったネクタイです。シルバーのネクタイが多い中、さわやかさを感じられるブルー系のネクタイもおしゃれですね。淡いブルーであれば、シルバーでなくとも問題はありません。

スーツと一緒に選びたいアイテム

服装の注意点やポイントがわかったところで、今度は全身の着こなしを考えてみましょう。

おすすめのYシャツ

シャツは無地の白がおすすめですが、下記画像のような薄めの青色をしたシャツや、ストライプが入ったものでもOKです。

おすすめの靴下

気を抜きやすいのが、靴下です。着席しズボンのすそが上がったとき、ちらっと見える部分ですし、体育館でスリッパになったときや卒業式後の懇親会がお座敷だった場合など、靴をぬくタイミングは以外にもあるものです。

そのため、足先までしっかりと気を配り、コーディネートをしましょう。

靴下は、シンプルイズベストです。下記画像のようなブラックの靴下であれば、どんな色のスーツにもぴったりです。

もし、真っ黒なスーツに真っ黒な靴下は暗すぎる、という印象をお持ちの方であれば、下記写真一番左のような、チャコールグレーの靴下をあわせてみましょう。

あればよいもの:ポケットハンカチ

ポケットハンカチはなくてもよいのですが、あったほうがおしゃれに見えますし、胸元を華やかにしてくれ、お祝いの場にもぴったりです。

ポケットハンカチとネクタイは近いところにあるアクセサリーのため、色や柄は統一感を持たせたほうが良いです。お店によっては、ネクタイとセットで販売しているところもあるので、そのようなセット販売を利用しても安心ですね。

ネクタイやシャツとの組み合わせで迷うことは避けたい、という方は、下記のようなオーソドックスな真っ白なハンカチにしましょう。ストライプ柄のネクタイにも、薄いブルーのシャツにもマッチします。

もう少しチャレンジしてみたい、という方には、下記のような複数の色が用意されているショップのハンカチがおすすめ。

フォーマルな場に、レッドやワインなどは手が伸びにくいですが、ブルーやライトパープルなどは、ダークな色味のスーツの中でさし色になります。ネクタイに入っている色を拾ってくるようにハンカチの色を選べば、ちぐはぐな色あわせの印象はもたれません。

あればよいもの:セカンドバッグ

小物入れ程度の、コンパクトなセカンドバッグがおすすめです。ハンカチや貴重品、折り畳み式のスリッパなどを入れておくのにとても便利です。

ブラックのバッグであれば、どんなスーツにもなじみますし、グレーのスーツであればアクセントにもなります。

下記画像のセカンドバッグは、ベーシックな黒ですがベーシックなものだからこそ落ち着いた大人の雰囲気を醸し出すことができます。

マチやポケットが複数ついているため、細かなものをどこにしまったか管理がしやすく、非常に使い勝手が良いバッグです。

もう少しスタイリッシュに、コンパクトなものがご希望であれば、下記画像のようなクラッチバッグ型のものがおすすめです。薄く見えますが、バッグの中にはチャックつきのポケットと、オープンポケット両方がついていますので、小物の収納にとても便利。

色も、深いネイビーが用意されているので、グレーのスーツを着用される場合にとても相性が良いセカンドバッグです。

レザーのバッグですので、使えば使うほど質感や素材が手になじみ、味わいのあるバッグとなっていきます。このバッグなら、卒業式だけでなく、そのあとにも続く入学式やさまざまなフォーマルな場面でも大活躍しますね。

以上のように、小物ひとつとっても、組み合わせ次第でさまざまなおしゃれが楽しめます。

最後に

以上が、卒業式での父親のスーツの着こなし方やネクタイ、小物の選び方の紹介でした。

おしゃれな着こなしでなくとも、服装のマナーやポイントを抑えているお父様であれば、好印象間違いなしです。ただし、卒業式の主人公はお子様であること、そして卒業式はフォーマルな「式典」であることを忘れずに、恥をかかないスタイルで臨みましょう。