もうすぐ中学校の卒業式、というお子様をお持ちの方も多いのではと思います。卒業式は、教育課程を修了したお祝いに行われる、厳粛な式典です。

そんなフォーマルな場面、参加する親御さんは服装にもしっかり気を遣いたいところですね。TPOをわきまえたお母様は、お子様の目にもきっと素敵に映ることでしょう。

そこで今回は、中学校の卒業式に参加する母親のおすすめコーディネートや服装のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク







卒業式の服装のポイントと注意点

中学校の卒業式が卒園式や小学校の卒業式と大きく違うところは、親御さんの年代です。お子様の年齢が15歳前後であれば、ご両親は30代後半~50代が圧倒的に多くなります。

そのため、中学校の卒業式でのコーディネートは、上品さ・シック・フォーマルさがとても重要視されるのです。

また、お子様もおしゃれに敏感になる年頃ですので、親が周りから浮いていたり外れている格好をしていたら、恥をかいてしまいます。中学校の卒業式コーディネートを考える前に、これらの前提がある、という点を頭の片隅においておきましょう。

中学校の卒業式に着物はあり?

卒業式に着物を着用するのはアリです。

卒業式はお別れの場ということもあり、ブラックやネイビーなどダークな色の服装が好まれる傾向にありました。しかし近年では、卒業式にも様々なカラーを取り入れたファッションが多く見られます。(地域差や学校により違いはあるかと思いますので、先輩ママによくご相談されることをおすすめします。)

ただし、着物を着用いていく場合は色あいに注意する必要があります。

夜のパーティーや夜のお仕事を連想させるような濃い色合いではなく、パステルカラーをメインにした明るめの色味、もしくはワインレッドなどの落ち着いた色味がベストです。

もし着物自体が少し華やか過ぎるような気がしたら、帯の色で調整するのもありですね。

中学校の卒業式おすすめスーツコーディネート

大半のお母様は、卒業式にスーツを着るのではないかと思いますが、スーツの色や形は多種多様です。そこでお母様の年代別に、おすすめのスーツコーデをご紹介。

フォーマルさもありながら、おしゃれなセンスも感じられるスーツを着て周りに差をつけましょう。

30代におすすめなスーツ

30代のお母様におすすめのスーツです。

かっちりした一般的なスーツよりも、オフロールカラーのスーツは珍しく、おしゃれポイントでもあります。ふんわりとした襟元のおかげで、大人っぽいなかにもかわいらしさが見え隠れする、とてもセンスあるスーツです。

30代のお母様には、細身のパンツスーツもお勧めです。

中に着るブラウスをフリルのものにしたり、淡いブルー、クリーム系などのパステルカラーにすることで、かっちりした印象になり過ぎません。

ブラックのスーツであれば、ブラウスやコサージュ、スカーフなどのアクセサリーとの組み合わせで、さりげないながらも多様なおしゃれを楽しむことができます。

こちらのコーディネートは、少しフレアになったスカートが歩くたびに揺れ、女性らしいシルエットを作り出してくれます。スカートの形を変えるだけでも、可愛らしい印象となりますが、膝下まで丈があるためフォーマルな雰囲気を保つことができます。

出典:wear

40代におすすめなスーツ

40代はあまり若作りした印象はもたれたくないけれど、老けた印象も与えたくないとても難しい年代だと思います。

そんなお母様には、下記のようなセットアップがおすすめです。

ジャケットはノーカラーのため、着こなしに抜け感をだしつつも、襟元が開きすぎてはいないためだらしない印象は全くありません。グレーのスーツであれば、ポケットの部分や袖部分の縁取りがおしゃれですね。

出典:wear

 

上記のコーディネートは、透け感のある素材のスカートが大人っぽく感じられます。

裾の広がりは抑えられたデザインになっているため、若作りした印象は全く与えません。また、落ち着いた色のブラックですのでフォーマルな場面にぴったり。ジャケットの色と柄により、暗いイメージも持たせません。

50代にオススメなスーツ

50代は、あまりアクセサリーに色味を持たせず中のブラウスの素材や形に変化を持たせると、さりげないおしゃれが実現し大人っぽい印象を与えます。

また、下記スーツのスカートはタイトスカートになっているため、シックにきめることができるコーディネートです。

一方で下記コーディネートのように、ジャケットとスカートの色を合わせるたまとまりのある落ち着いた着こなしもおすすめです。

出典:wear

スカートはレース素材のため、雰囲気が固くなり過ぎず、晴れやかなお祝いにはぴったりです。

中学校の卒業式おすすめ着物コーディネート

着物は、日本人が古くから着てきた民族服でもあります。結婚式などの正式な場には必ず登場する傾向があります。そのため卒業式にも着物で参加したい、という親御さんもいらっしゃるかと思います。

ですが着物には、実にさまざまな色や模様があるため、コーディネートにとても悩まされるところです。ここでは、母親の年代別におすすめな色や柄の着物をご紹介していきます。

30代におすすめな着物

30代のお母様は、若々しくもありつつ、老けて見えない色や柄選びがポイントになってきます。下記のようなクリーム色であれば、やわらかく春らしい明るい印象をもたらします。

 

逆に寒色系や濃い目の色を選んでしまうと、老けて見られがち。思い切って、明るめの色に挑戦してみましょう。また、裾のほうに柄が集中している点も、うるさすぎず大人っぽい印象を与えてくれます。

40代におすすめな着物

40代の母親もあまり濃い色を選んでしまうと老けて見えますので、淡い色やパステルカラーを選びましょう。ただ、暖色系を多く取り入れてしまうと若すぎる印象になってしまうため、色の選択には注意しなければなりません。

そこで、下記のような淡いネイビー(パープルより)にゴールドの帯を使用した着こなしをおすすめします。大人っぽくもあり若作りしているようにも見えない着物です。

ブルー系の落ち着いた気品ある雰囲気の中に、ゴールドと赤のさし色がさりげなくおしゃれなセンスを醸しだしています。

50代におすすめな着物

50代の母親は、シックで上品な着物がおすすめです。

あまりダークな色味ばかりになってしまうと、お祝いの場にふさわしくない暗い印象を与えてしまいます。ですが下記のような着物は、シックな色合いのなかにもゴールドの柄やお花をちりばめた華やかさがあるため、お祝いの場にふさわしい着物です。

中学校の卒業式母親の服装/まとめ

以上、中学校の卒業式に参加される母親の服装についてのまとめでした。

卒業式は、一生に一度のお子様の晴れ舞台。そんな大舞台にふさわしい服装選びはとても難しいですが、当日を思いながら素敵なコーデを考えるのも、楽しみのひとつになれば幸いです。