Android

isai V30+がauから発売!スペックや端末の評価、カラーなどについて

投稿日:

2017年~2018年の冬モデルとしてドコモ、auから「LG V30+」が発売されることが決定しました。ドコモでは「V30+ L-01K」、auからは「isai V30+」という名前で販売されますが基本的に性能は同じです。auからの発売は12月下旬、ドコモからは2018年1月頃の発売が予定されています。

元々グローバル版で販売されていた「LG V30+」を日本仕様にした端末で、基本性能は「LG V30+」と変わりありません。日本向けなので、おサイフケータイの搭載などが独自仕様として入っています。

スポンサーリンク

isai V30+のスペック詳細

isai V30+の基礎スペック

OS Android 8.0
CPU Snapdragon 835 MSM8998
ROM 128GB
RAM 4GB
外部メモリー microSDXC 最大256GB
ディスプレイ 6.0インチ(2,880 x 1,440 OLED Full Vision)
バックカメラ 約1,650万画素(広角:約1,310万画素)
フロントカメラ 約510万画素
バッテリー 3,300mAh
ポート各種 USB Type-C、イヤホンジャック
連続通話時間 約1,200分
連続待受時間 約420時間
その多機能 防水防塵、ハイレゾ、おサイフケータイ
サイズ 幅:75mm、高さ:152mm、奥行き:7.7mm
重さ 約158g

LG V30+もといisai V30+ですが、スペック的には十分ハイエンドモデルと言えます。どれをとっても平均水準より高いため、総合的に見れば2017~2018年の冬モデルの中では最高クラスのスマホだと言えるでしょう。

CPUに使われているSnapdragon 835(MSM8998)は、Xperia XZ PremiumやGalaxy S8にも用いられているので、それだけ見てもisai V30+がハイエンドモデルとして認識されるのも無理はないでしょう。ROMが128GBでたっぷりと容量を確保していて、メモリRAMは4GBと作業領域も充分に確保されているため、処理能力も悪くありません。

ディスプレイは有機ELとなっており、全面ディスプレイのデザインを採用。メインカメラにはF値1.6のレンズを搭載することで、レンズの明るさに関してはスマホの中でもトップクラスとなっています。きれいな写真を撮りたい方におすすめできるスマホです。

isai V30+の特徴的な機能

Galaxy S8を彷彿とさせるデザイン

まずデザイン面を見てみると、どこかで見たことのあるデザインだと気づきました。そう、あのGalaxy S8とそっくりのベゼルレスデザインなのです。上下のベゼル幅に関してもGalaxy S8とほぼ同じとなっているため、isai V30+をGalaxy S8だと言われても違和感はそこまでありません。

そしてどちらも同じくOLEDの全面ディスプレイで、液晶ディスプレイとは比べ物にならないほどの鮮明な映像描写が楽しめるようになっています。

4つの認証方法と次世代を感じさせる音声認証

今回のisai v30+には4つの認証方法が搭載されました。

isai v30+ 認証方法

  • 顔認証
  • 音声認証
  • 指紋認証
  • ノックコード

従来の顔認証と指紋認証に加えて、LGでは定番のノックコードによる認証方法が存在します。ノックコードとは、パターンを登録してディスプレイの上をそのパターン通りにタップするだけでロック解除ができる仕組みです。

そして今回特筆すべきは、音声認証。音声認証によるロック解除を採用しているメーカーは国内ではありません。LGの音声認証はユーザーの声と、キーワードを登録することでロックを解除する仕組み。今までスマホを持ち上げてロック解除していた人も、isai v30+からは声だけでスマホのロックを解除できるようになります。

広角レンズで臨場感のある写真が撮れる

 

isai v30+には広角レンズも搭載されており、この広角レンズを使ってワイドアングルでの撮影が可能になりました。アングルは120度まで対応となっており、標準的なアングルと比べて、臨場感のある写真が撮影できます。

ワイドカメラによる歪みもなく、きれいな景色を隅々まで撮れるようになりました。

その他の機能

その他基本的な機能として、次のような機能がisai v30+には搭載されています。

  • Bluetooth 5.0
  • 防水 IPX5 / IPX8
  • 防塵 IP6X
  • ワンセグ
  • フルセグ
  • おサイフケータイ
  • VoLTE

LG V30+が日本仕様になったおかげで、ワンセグやフルセグ、おサイフケータイが搭載になります。さらに、トップクラスの防水防塵機能も兼ね揃えられており、文句なしの端末となっています。

isai V30+ベンチマーク

※ 分かり次第更新

isai V30+のカラーバリエーション

クラウドシルバー

オーロラブラック

モロッカンブルー

 

isai V30+の販売キャリア

au

auからは「isai V30+ LGV35」という名前で2017年12月下旬頃に販売が開始されます。auで販売されるカラーは「クラウドシルバー」「オーロラブラック」「モロッカンブルー」の3色となります。

auでisai V30+の詳細を見る

ドコモ

ドコモからは「V30+ L-01K」という名前で2018年1月下旬頃に販売が開始されます。ドコモでは「クラウドシルバー」「オーロラブラック」の2色のみの販売となっています。

ドコモでV30+ L-01Kの詳細を見る

isai V30+の評価、感想

LG V30+が、auでは「isai V30+」、ドコモ「V30+ L-01K」という名前で発売されます。

実質どちらも同じ製品なので、後は回線の問題だけとなります。isai Beat(LG V20)から比べると0.6mmも薄くなっているにも関わらず大画面で高性能のスペックとなりました。しかし、isai Beatで良かった広角レンズやオーディオ性能はしっかりと引き継ぎされており、確実に前作よりもパワーアップしていることが伺えました。

2017~2018年冬のハイエンドモデル端末を購入するなら、「LG V30+」が最も最適な答えかもしれません。国内で販売されているキャリア端末では、Galaxy、Xperiaに並ぶ第3のハイエンドブランドと言っても良いのではないでしょうか。

  • この記事を書いた人

naito3

Androidを中心としたスマホ、ガジェット情報をまとめるのが好き。その他テニスや野球など、ひたすら書きたいことを書いています。

-Android
-, , , ,

Copyright© naito3.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.