節約!スマホ村

スマホを使った節約術をお教えします

Twitter

Twitter/質問箱(Peing)の使い方・作り方・答え方を徹底解説

更新日:

SNSを中心に話題となっている質問箱。誰かがその箱に質問をして、それに答えていくというシンプルな構成ですが、匿名で気軽に質問が出来るという点などから、Twitterを中心に流行っています。

そこで本記事では、質問箱(Peing)の使い方や質問への答え方などを、1から徹底的に解説していきます。

スポンサーリンク

Twitterで人気爆発!質問箱(Peing)とは

質問箱の代表とも言える「Peing」。Peingとは、匿名で質問を募り、それに対しての回答をSNSなどで発信するサービスとなります。

Twitter上で質問箱のURLをシェアし、フォロワーさんからの質問を募り、それに対してTwitter上で回答をシェアしていくのが、Peingの主な流れとなります。

また、「匿名で質問が出来る」という点が人気の秘訣となっています。

Peingアプリ(質問箱)の基本的な使い方

サービス開始当初はWebサービスとして使われていた質問箱ですが、2018年2月頃に質問箱のアプリ版がAndroid/iPhone共にリリースされました。

今回は、iPhone版のPeingを使って使い方の手順を解説していきます。

【1】質問箱の始め方/アカウント登録

何はともあれ、まずは質問箱を使うためにアカウント登録から始めなければなりません。Peingアプリは下記からダウンロード&インストールをしてください。

インストールが完了しアプリを開くと、利用規約が表示されます。利用規約をしっかりと読んだら、「利用規約に同意する」をタップして下さい。

Peingのログイン方法は大きく分けて「SNSアカウントを使ったログイン」、「Peing専用アカウントを使ったログイン」の2種類存在します。どちらを選んでも問題ありませんが、Twitterやインスタグラム連携をしたくない場合PeingIDでアカウント作成することをおすすめします。

SNSアカウントを使ったログイン

SNSアカウントを使ったログインでは、Twitter、インスタグラム、Facebookの3種類から利用することができます。今回は例として、Twitterを使ったログインの手順をご紹介します。

まずは、ログイン画面の「Twitterで登録/ログイン」をタップします。

Twitter連携の画面が表示されますので、ユーザー名/メールアドレス、パスワードを入力し「ログイン」をタップして下さい。

正常にTwitterとの連携が完了しログインできると、上記のような画面が表示されます。

Twitterとの連携ログインをすると、「あなたの質問箱をシェア」というボタンが大きく表示されます。Twitterに特化して質問箱を使うことができるようになります。

PeingIDを使ったログイン

ログイン画面の「PeingIDで登録する」をタップします。

タップすると、「PeingID」と「パスワード」の設定を求められます。メールアドレスの登録は一切必要ないので、アカウント作成が非常に楽です。PeingIDとパスワードを入力したら「登録する」をタップしましょう。

PeingIDが他の人と被らず正常にアカウントが作成できたら、自動的に画面が遷移します。上記のような画面が表示されたらアカウント登録は完了です。

【2】質問箱の作り方/URLのシェアまで

Peingアプリにログインできたら、早速質問箱を作成しましょう。

1.質問箱にログインし、マイページを開きます。マイページの上部の「URLをコピーしてシェアしよう!」もしくは「質問箱をシェア(ツイート)」のどちらかをタップします。

今回はTwitterで質問箱をシェアしたいので、ツイートの方を選択しました。

2.Twitterへシェアするために、ID/メールアドレスとパスワードを入力し、「ログインしてツイート」をタップ。既にTwitterアプリをインストール済みの場合は「ツイート」というボタンが表示されます。

最後に質問箱が正常に作られているかを確認するために、ツイートをチェックします。上記のようにツイートがされている場合、質問箱が作成されている証拠です。

あとはフォロワーさんなどからの質問を待って、質問が来たら回答していきましょう。

【3】質問への答え方

質問箱に溜まった質問へ答える方法について解説していきます。

まず、質問箱に質問が投函されたかを確認するために、アプリのフッターから「質問」というアイコンをタップします。すると、「あなたの受け取った質問一覧」と表示されます。質問がある場合は、その一覧に未回答のもの、未読の質問が表示されます。

あとは未回答の質問に答えていくだけです。

1.質問一覧から答えたい質問を選び「回答する」をタップします。

2.回答画面に移動するので、240字以内で返信内容を書き、「回答する(画像)」または「回答する(リンク)」をタップして下さい。

リンクと画像の違いは、Twitterで回答する時に質問を画像で表示してツイートするか、それとも質問はリンク(URL)で引用する形にするかになります。おすすめは、画像を使っての回答です。

実際に画像を使ったツイートを確認して見ると、下記のよう見やすくなります。

やはり視覚的にどういった質問に対しての回答なのかがわかりやすいので、画像を使った回答をする人が圧倒的に多いです。

そして、回答が終わった質問は質問箱から消えます。

以上が、質問箱(Peing)の基本的な使い方となります。アカウントを作成し質問箱を作った後、質問を募り質問に回答するという利用ユーザー視点ではこのような手順となります。

質問箱に投稿する方法

次に利用者視点から、質問箱に対して投稿する方法について解説していきます。

1.ツイートされた質問箱のURLをクリックする。

2.相手の質問箱へ移動するので、質問を書いて「質問を送る」をタップする。

3.質問が完了すると、下記のような質問が書かれた画像が表示されます。

後は相手からの回答を楽しみに待ちましょう。

スポンサーリンク

質問箱の設置はプロフィール/固定ツイートがおすすめ

質問箱の設置は、プロフィールにURLを載せておくか、固定ツイートがおすすめです。

しかし、プロフィールの場合URLだけなので、視覚的にわからず質問箱と気づいてもらえない可能性もあります。ですので個人的には、固定ツイートでプロフィールのタイムライン一番上に表示させておくことをおすすめします。

固定ツイートの方法

1.まずはプロフィールを開きます。プロフィールを開いたら固定したいツイート右上の矢印をタップ。メニューが表示されるので「プロフィールに固定する」をタップする。

2.ツイートの固定をするかを問われるので「固定する」をタップ。

すると、プロフィールの一番上に先程の質問箱に関するツイートが表示されるようになります。「固定されたツイート」というメッセージがツイート上部に表示されていれば固定完了です。

質問箱(Peing)/特定の危険性について

質問箱を使う上で、質問した人が特定される危険性があるサービスではないかと不安になる方もいらっしゃると思います。

たしかに質問箱ではIPアドレスブロックを採用しており、複数人にブロックされた場合にIPアドレスが表示されてしまうことがありますが、IPアドレスが表示されたからと言って、住んでいる場所までばれることはありません。

Peing公式ツイッターでも次のように特定の危険性について言及しています。

また、特定依頼も受け付けていないので、利用する上での危険性はほぼないと言ってもいいでしょう。

質問箱(Peing)のブロックについて

質問箱では、誹謗中傷、あまりにもしつこい粘着を繰り返す人に対してブロックを行うことができます。ブロックの仕方や仕組みについて下記記事にまとめています。

関連記事Twitter/質問箱(Peing)のブロックの仕方と解除方法の存在有無について

また、ブロックされたかを確認する方法や、されたらどうなるのかもまとめています。

関連記事Twitter/質問箱(Peing)でブロックされたか確認する方法

質問箱(Peing)の使い方/まとめ

以上が、質問箱(Peing)の基本的な使い方、質問への答え方や質問のやり方についての紹介でした。

質問箱は気軽にツイートできるTwitterとの相性が抜群です。正しい使い方をして、フォロー/フォロワーさんともっと交流を深めるためツールとして活用していきましょう。

スポンサーリンク

-Twitter
-, , ,

Copyright© 節約!スマホ村 , 2018 All Rights Reserved.