アプリ三昧

初めてでもわかるスマホアプリの使い方

Chromeアプリでアドレスバーを下に移動させる方法【2018年最新版】

Chromeアプリでアドレスバーを下に移動させる方法【2018年最新版】

Googleが提供しているAndroidスマホ/iPhone対応アプリである「Chrome」。

このアプリはデフォルト状態ですと、アドレスの検索バーが表示されていなかったり、ブラウザの上部分にアドレスバーが置かれた状態になっています。

しかし、とある操作をすることで、アドレスバーを画面下部に移動させることが可能になります。

そこで本記事では、Chromeアプリでアドレスバーを下に移動させる方法について紹介していきます。

Google Chromeアプリのバージョンによって、上手く動作しない場合がありますので予めご了承下さい。
スポンサーリンク


アドレスバーを下に移動させる方法

今回は Galaxy S8を使ってアドレスバーを下に移動させてみます。なお、Androidスマホでは問題なく出来ることを確認していますが、iPhoneでは未確認ですのでご了承下さい。

まずはChromeアプリを開きます。次に、Chromeのアドレスバー(URLが書かれている箇所)をタップし、「chrome://flags」と入力して検索を行います。

すると、Chromeアプリの試験運用機能一覧ページが表示されます。この箇所を色々と弄れば様々なカスタマイズが可能になっています。今回はアドレスバーを下に移動させたいので、ページ内にある検索バーに「Chrome Home」と打ち込んで検索しましょう。

試験運用機能一覧ページの中から、「Chrome Home」と記載がある項目が抜粋されますので、その中の一番上にある「Chrome Home」の項目を今回は変更します。

「Default」と書かれているプルダウンをタップすると、ポップアップが表示されます。デフォルト状態ではアドレスバーを下に移動できないので、「Enabled」もしくは「Disabled」をタップし、変更を行います。

変更を行うと、前の画面に戻ります。すると、変更を有効にするには画面下部にGoogle Chromeの再起動をしろというポップアップが表示されます。「RELAUNCH NOW」を押して再起動してください。

そして次からの作業が非常に重要です。

Chromeのアドレスバーを下に移動させたい場合は、この作業を2回行って下さい

1回だけだとアドレスバーが移動されず、そのままの状態になってしまいます。再起動後もう一度「Enabled」もしくは「Disabled」をタップした後ブラウザの再起動をかけます。

すると、アドレスバーが下に移動されます。これで完了となりますので、ぜひお試し下さい。

アドレスバーの位置を元に戻すには

アドレスバーを元の位置に戻したい場合は、Chrome Homeを「Default」に戻すだけです。

また、「chrome://flags」ページの一番上に「Reset all to default」というボタンがあります。このボタンを押すことで全ての変更をデフォルト状態に戻すことが出来ます。

アドレスバーを下に移動できない時に考えられる原因

【1】Chromeのアップデートによるリセット

Chromeのアップデートがかかると、バージョンによっては設定がリセットされてしまい、アドレスバーが元の位置に戻る可能性もあります。

その場合、再度今回ご紹介した手順でアドレスバーの位置を変更してみて下さい。

【2】試験運用終了

今回紹介したアドレスバーを下に移動させる機能は、Chromeアプリの試験運用機能です。ですので、バージョンアップした際に試験終了する事もあります。

また、環境が変わることによって機能しなくなることもあるので注意して下さい。

Chromeアプリ:アドレスバーの移動方法/まとめ

以上、Chromeアプリでアドレスバーを下に移動させる方法のまとめでした。

アドレスバー移動のコツは、変更設定と再起動を2回かけることです。ぜひお試し下さい。

Return Top