ライフハック

ジムで履くおすすめシューズの選び方/コンパクトで持ち運びしやすいシューズがベスト

更新日:

トレーニングを行う上で必需品なのが、靴ですよね。

その際に「何を選べばいいの?」、「用途で違うの?」など疑問が出てきます。それもそのはず、ファッションシューズと同じようなデザインでありながら用途によって機能面が違ったりするので、悩んでしまいます。

そこで今回はそんな悩みを解消すべく、ジムでの用途に合わせたトレーニングシューズの選び方とおすすめの靴をご紹介していきます。

スポンサーリンク

トレーニングシューズとは

トレーニングシューズとは、マシントレーニング・ランニングマシン・スタジオプログラム・ウェイトトレーニングなど色々な種目に対応できるようクッション性に優れており、その中でもさらに種目に合わせた種類に分かれております。

一般的な靴とは違い機能性であること、高いパフォーマンスを発揮できることから、ジムでのトレーニング時は絶対に履いておいたほうが良いです。また、高いクッション性も備わっているので怪我防止にも繋がります。

ジムで履くトレーニングシューズは用途によって変えよう

これからどんなトレーニングを行うかで、シューズ選びは変わってきます。

自分の用途にあったシューズ選びを行うことで、怪我防止やパフォーマンスの向上にも繋がるのでとても大事です。これからご紹介するトレーニングシューズの選び方をご参考に自分にあったものを選ぶようにしましょう。

万能タイプ

ランニング、ウェイトトレーニングやスタジオレッスンなど幅広くやりたい人、とりあえず一通りやってから決めたい人は万能タイプのシューズがおすすめです。

縦横の動きに柔軟に対応でき、適度なクッション性や安定性があり、足にしっかりフィットしてくれるマルチタイプです。

気をつけたい点は、そのデザインです。ランニングシューズやファッションシューズと一見変わらないので表記にトレーニングシューズと明記しているか必ず確認しましょう。

ランニングタイプ

ランニングシューズをウェイトトレーニングなどで使っている人をよく見かけます。

ランニングシューズは走ることを目的としているので、縦方向の動きに優れており、横方向の動きにはあまり向いておりません。おすすめは、膝への負担を軽減させるクッション性が高いシューズを選ぶこと!

筋力が弱いと思う人はヒールを4cm前後で選ぶとよいでしょう。スタジオレッスンやウェイトトレーニングなど横の動きがある種目で使う場合、安定性やパフォーマンスが落ちてしまうため、怪我のリスクがでてきてしまいます。

フリーウェイトタイプ

高重量を上げ下げするようなフリーウェイトの場合は、安定性とグリップ力が高いシューズを選ぶようにしましょう

重量が上がれば上がるほど重心や身体のバランスをしっかり捉えなければなりません。フリーウェイト用のシューズはソールは薄く素足感覚でいられるのが特徴です。

用途別!おすすめトレーニングシューズ

どういったトレーニングを行うかでシューズ選びは決まります。

ここでは目的別に合わせた、おすすめのトレーニングシューズをご紹介していきます。

万能向きのシューズ

まだトレーニングを行っていなくて具体的に何をやるか決めていない方、ランニング、フリーウェイト両方やりたい方などは万能タイプを選ぶとよいでしょう。

ナイキ/メトコン レッパー DSX

スポーツブランドの中でも世界最大級のナイキ。もちろんトレーニングシューズも多数リリースしております。

ナイキが独自開発した「Flywireケーブル」を搭載おり、足をしっかりと固定し体はどんなに動いても、足だけは常にフィットし続ける画期的なシューズです。

Amazonで見る 楽天市場で見る

リーボック/Zポンプ フュージョン 2.0

こちらのモデルはリーボックらしい独特のモデルなだけにファンが多いシューズです。

リーボック最大の特徴は、シューズ内に空気を送り込み足にフィットさせる「The Pump テクノロジー」を搭載していることです。デザインもシンプルでいて、他社では真似できないオシャレなシューズです。

Amazonで見る 楽天市場で見る

ランニング向きのシューズ

ジムの中で必ずあるランニングマシン。ウェイトトレーニングとは違い、足の動きが主になるので、シューズはとても大事になります。

ランニング用に作られたランニングシューズを履いた方が当然走りやすいですしケガ防止に繋がります。また、ランニング用にはレース用と練習用があり、練習用は重さはありますが、クッション性が非常に高くケガになりにくいため練習用シューズを選ぶようにしましょう。

アンダーアーマー/コミットTR トレーニングシューズ

このモデルは、「チャージドクッショニング」というランニングにはうってつけの機能で、変化する衝撃を吸収・反発する効果があります。高い機能に加え、とても軽量なのもポイントの一つです。

アンダーアーマーのシューズは配色やシンプルなデザインが特徴で、メンズウケが非常に良く人気が高いブランドです。

Amazonで見る 楽天市場で見る

アシックス/GEL-KAYANO/ゲルカヤノ

多くのランナーから支持を集めているアシックスのゲルカヤノ。

走る人の為に設計されたモデルで、これまでのソールでは軽量さと衝撃緩衝性・反発性を同時に搭載するのは難しいと言われていたのですが、アシックスがこれを実現し、快適な走行をサポートするシューズとしての機能が充実しております。

私もこのシューズを愛用してジムに通っています。

Amazonで見る 楽天市場で見る

フリーウェイト向きのシューズ

メンズに大人気なフリーウェイトでは安定性が必須になります。高重量を扱う種目では踏ん張りがきく、グリップ力と安定性があるシューズを選びましょう。

リーボック/クロスフィットナノ 7

リーボックは、スポーツ・フィットネスで確固たる地位と信頼性があるブランドです。

そんな中からおすすめしたいのは、クロスフィットナノ7です。デザイン性にも拘ったこのモデルは、機能面もとても充実しております。メッシュ素材を採用し軽量さと通気性を確保。

さらに耐久性に優れたアッパー、弾力性も持ち合わせ安定性をプラスしたソールなど拘り満載なシューズです。

Amazonで見る 楽天市場で見る

プーマ/イグナイトXTコア

高重量を扱うハードなトレーニングの場面にしっかり対応したシューズ。

ソールには前後左右のありとあらゆる動きに対応できる「マルチディレクションパターンソール」を搭載しております。さらにアウトソールの中央部分には、左右の移動に対する安定性と柔軟性もプラスされたシューズです。

Amazonで見る 楽天市場で見る
スポンサーリンク

持ち運びラクラク!おすすめのジム用シューズ

仕事帰りにジムに行こうと考えている方、通うジムのロッカーが有料なので、毎回ジム一式を持っていく方などは重いシューズはできるだけ軽く、コンパクトで持ち運びがラクなものがいいですよね。

ここでは、持ち運びがラクでおしゃれなトレーニングシューズをご紹介していきます。

ニューバランス/VAZEE COAST M D

折り畳み式のランニングシューズです。かかとが折り畳めるので脱ぎ履きがとてもラクなモデルです。

メイン素材はメッシュ素材なので、男女ともに持ち運びも非常にラクです。ソール部分は厚めに作られており、ランニングシューズとして最適な一足です。

Amazonで見る 楽天市場で見る

アディダス/NMD R1

一時期入手困難なほどだったアディダスのNMDR1。

ミッドソールにはクッション性に富んだ「BOOST」を搭載しており、ソックスを履いているようなフィット感を味わえます。素材が柔らかいため、全体を潰して持ち運んでも大丈夫なのでとてもコンパクトなシューズです。

Amazonで見る 楽天市場で見る

ナイキ/フリーフライニット

フライニットという名前の通り全体がニット素材で編まれた珍しいシューズです。

ニット素材なので、とても軽量でコンパクトで持ち運べるのが特徴です。また、ニットっぽく見えないのもデザイン的に嬉しいポイントです。気をつけたい点は雨、水に弱いので注意が必要です。

Amazonで見る 楽天市場で見る

ジム用おすすめシューズのまとめ

今回はトレーニング種目に合ったジム用シューズをご紹介してきました。

ケガ防止、パフォーマンス向上のためにシューズ選びは非常に大事になります。しっかり用途に合わせたシューズ選びを心掛けてケガなくトレーニングを行いましょう。

スポンサーリンク

-ライフハック
-, ,

Copyright© アプリ三昧 , 2018 All Rights Reserved.