この記事では、お子様の卒業式に参加する母親のおすすめアクセサリーや、マナー、選び方などをご紹介します。

3月といえば、小学校~大学まで卒業式の時期です。卒業式という晴れ舞台、お子様の成長した姿を見られるとても貴重な行事です。

ただ、いつも悩むことといえば、参加するときのファッションではないでしょうか。

着るものに関しては着物やスーツなどのフォーマルなものが風習になっていて、あまり悩むことはないかもしれませんが、特にお母様はアクセサリーにも気を遣わなければならないため、そこが悩みどころなのではと思います。

スポンサーリンク







母親のアクセサリーマナー

メインコーディネートは決まったけれども、それに合わせるアクセサリーはなかなかすぐには決められない悩みどころ。アクセサリーを選び始める前に、まずはマナーについてわきまえておきましょう。

「卒業式」という場をわきまえる

卒業式でのアクセサリーマナーのポイントは「おしとやかな中にも華やかさを」です。卒業式はお祝いの場でもあり、それと同時に別れの場でもあります。

そのため、メインとなる服装の色は、「ブラック/ネイビー/グレー」とされる方も多いかと思います。ですがその中に、さりげない指し色やアクセントになるアクセサリーを加えることで、めでたいお祝いの場にもふさわしい服装となります。

暗い色で統一するだけでは、一生に一度ののおめでたい場ではもったいなく感じられます。

また、卒業式の時間帯は昼間です。夜のパーティーやお食事会でつけるような、キラキラと光か輝くアクセサリーは避けましょう。

卒業式の空気を壊すだけでなく、もしかしたらお子様や先生方よりも目立ってしまいます。日ごろ勉学を頑張っているお子様をたたえる気持ち、毎日お世話になっている先生方に敬意を示す気持ちを忘れず、卒業式へ参加しましょう。

アクセサリーの役目

アクセサリーを選ぶ前に、アクセサリーの役目について改めて考えてみましょう。

アクセサリーは日本語に訳すと「付属品」という意味をもちます。つまり、主体となるコーディネートの補助的な役割を担い、メインのコーディネートを引き立てる役目となります。

また、アクセサリーにはファッションの幅を広げる役割もあるので、同じような色合いのスーツや着物を着ているお母さま方の中でも、一味違うファッションを楽しむことができるでしょう。

アクセサリーはメインにはなり得ないものですので、あくまで「お洋服や着物を引き立てるもの」という意識を忘れずにアクセサリーを選びたいところです。

アクセサリーの色や大きさについて

アクセサリーの色は「白」を基調としたアクセサリーが望ましいです。

また、パール素材のアクセサリーが最も一般的とされていますが、パールの大きさは9ミリ以上だとパールが主張しすぎてしまうため、9ミリよりも小さめのものを選びましょう。

パールのネックレスをつける方は、1連が望ましいです。

ただ、2連でも華やかさが増し素敵なコーディネートになるのですが、学校や幼稚園によってはNGのところもあるため、事前に確認が必要です。

卒業式にピアスはありか?

ピアスは小ぶりなものや、輝きが抑えられたようなパール素材であれば、ありです

一番のおすすめ素材であり、かつ卒業式の場にふさわしいピアスといえば、「パール素材」なのですが、それ以外であっても「上品さ」に欠けていなければ、問題ありません。

「上品さ」に欠けているピアスのイメージは、垂れ下がって揺れているもの、軟骨にまでわたるような大ぶりなもの、耳に複数つけている、などがあげられます。

ピアスのメリットは顔回りを華やかにしてくれるだけではなく、耳が見える髪型をされている方にとっては、ネックレスなどのアクセサリーよりも存在感と華やかさを添える点が考えられますね。

一方デメリットは、ピアスの選択を間違えればチャラついた親に見られてしまう、派手に見えすぎて場の空気を壊してしまうといった点が考えられます。

ピアスをつけていくことはマナー違反ではありませんが、十分に選ぶ品物を吟味しましょう。

また、ピアスをする場合は、あまり上半身がうるさくなってしまわないよう、ネックレスは控えたり胸元のブローチは小ぶりなものにする、といったバランスをとるよう注意しましょう。

アクセサリーの選び方

次に、アクセサリーの選び方をご紹介します。

冒頭でも書いていましたが、色は「白」が最もふさわしいでしょう。

赤や黒、濃い目の青やパープルなど、色が濃くてはっきりしたキツイ色はNGです。夜会パーティーを連想させますし、あまり清潔感がある印象は与えてくれません。

そしてアクセサリーは、当日のヘアスタイルによっても大きく変化するものです。ここでは、髪の長さとスタイルに合わせた選び方をご紹介します。

ロングヘアーの場合

髪をフルアップやハーフアップにされる方は、ヘアアクセサリーをお勧めします。

ヘアアクセサリーをつけることで、後姿もぬかりなく美しく、気品ある雰囲気を保つことができます。ただし、編み込みを多めにされる場合や、つけ毛をしてボリュームアップをしたまとめ髪をされる場合、ヘアアクセサリーをつけてしまうと派手な印象になってしまいます。

ヘアアクセサリーはパール素材のものや、小ぶりなお花、リボンなどのバレッタがおすすめです。

髪を耳にかけたときやアップした際に、耳が出るかと思いますが、その場合はヘアアクセサリーとピアスを組み合わせるコーディネートもおすすめです。

ヘアアクセサリーとピアスの組み合わせですが、それぞれのアクセサリーが近いところにくるものなので、素材や色をお揃いにすることで、まとまりのあるコーディネートができあがります。

小ぶりなお花や色味のあるものにした場合、同系色の石を使ったピアスがおすすめです。パールのヘアアクセサリーにした場合は、パールが素材のピアスを組み合わせる、もしくは白を基調としたピアスの組み合わせでも素敵です。

ミディアムの場合

ミディアムヘアの方は、アップスタイルの方もダウンスタイルの方もいらっしゃるかと思います。

ダウンスタイルの方の場合、ヘアアクセサリーやピアスはせずに、ネックレスだけのスタイルをおすすめします。

黒髪や濃い目の茶髪の方は、頭の先からひざ元まで落ち着いた色味になっていますので、髪と服装の間の胸元にネックレスを入れることで、さりげないアクセントになるのです。上品さと華やかさを醸し出すことが可能です。

ショートヘアーの場合

ショートヘアの方は、ピアスとネックレスの組み合わせやピアスとコサージュの組み合わせがおすすめです。ピアスとネックレスの組み合わせの場合、パール素材で統一感を出すコーディネートが鉄板といえるでしょう。

ネックレスはパール素材ではなくとも、派手すぎずカジュアル過ぎないものであれば問題ありません。例えば、石が一粒だけついたネックレスや、小さい石がたくさんついたネックレスです。

もしネックレスをパール以外のものにした場合は、ピアスも合わせてパール以外のものに変えましょう。

ピアスとコサージュの組み合わせの場合、ピアスよりもコサージュの比率を多めに考えましょう。コサージュは胸元を明るく見せてくれるだけではなく、ダーク系のスーツが多い中で、また一味違ったファッションを際立たせてくれます。

コサージュの素材は、シルクやサテン、生花など様々です。モチーフとなるお花は、バラが一般的とされています。最近では、リボンをモチーフにしたものや、ブリザーブドフラワーのコサージュも人気があります。

卒業式におすすめなアクセサリー

卒業式当日のアクセサリーのマナーや選び方を見てきましたが、「上品さ」「清潔感」「統一感」「パール素材のもの」といったキーワードが多かったと思います。

では具体的にどのようなアクセサリーがふさわしいのか、具体例をアクセサリーの種類別にご紹介します。

ヘアアクセサリー

スーツの色と合わせた、リボンやお花のバレッタ

小さめのパールが連なったバレッタ

パール素材のピアスと合わせた、パールがついたヘアピン

コサージュ

ブリザーブドフラワー

長持ちする点がとても人気です。卒業式だけではなく、入学式のことも考え購入される方も多いようです。

シルクフラワー

アーティフィシャルフラワーともいわれています。生花ではだせない、シルクのような質感が人気を集めています。

オーガンジーコサージュ

オーガンジーという透けた素材の布を使ったコサージュです。オーガンジー素材の布を使用してバラをかたどった、白いコサージュはとても気品があります。

生花

お花屋さんでも購入できますし、手作りも可能です。卒業式の思い出に、お子様とおそろいにしてみてはいかがでしょうか。

リボンモチーフのコサージュ

変わり種のコサージュとして、リボンの中心に、小さいバラをつけたコサージュもとてもかわいらしく、人気があります。

ピアス

パール素材のもので、1粒もしくは2粒程度

小粒の宝石類がついたもの

ネックレス

パール素材のもの

ブラックパールでもOKです。2つ目のネックレスのように、お店によってはパール素材のネックレスとピアスをセットで購入することも可能です。

ダイヤモンドなどの宝石類が一粒ついた、上品でおとなしいもの

ゴールド系のもの

細めのネックレスであれば、ゴールド系も素敵です。ただし、ごつめの素材や大きさのゴールドのネックレスは避けましょう。

最後に

以上が、卒業式の母親のアクセサリーマナーや選び方、おすすめの紹介でした。

卒業式は、お子様が主役のセレモニーです。あくまで親御さんは、見守る側という立場をわきまえ、アクセサリーを選びましょう。