節約!スマホ村

スマホを使った節約術をお教えします

Fireタブレット

Fire HDにGoogle Playをインストールする方法【第7世代/8・10対応】

投稿日:

AmazonでFire HD 8を購入し2週間ほど経過しましたが、その際に一つ困ったことがありました。それは、Amazonアプリストアだと「OneDrive(ワンドライブ)」がインストールできないこと。

Dropbox(ドロップボックス)はあるのですが、私がファイル管理などで使っているのはOneDriveだったのでこれでは少し利用が不便と感じました。なので、この機会に思い切ってFire HDタブレットに「Google Play ストア」を入れてみることにしました。

そこで本記事では、Fire HDタブレットにGoogle Play ストアをインストールする手順や安全性などについて徹底解説していきます。今回はFire HD 8で実践していますが、Fire HD 10でも同様の手順でインストールが行なえます。

本記事は、apkなどをインストールするFire HDでは推奨されていない方法なので、不具合等は当サイトで保証できないことをご了承下さい。あくまでも自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

Fire HDにGoogle Playストアアプリをインストールすることの安全性について

まずインストール作業を開始する前に、本当にFire HDにGoogle Playストアアプリをインストールして安全性は大丈夫なのかについて軽く触れさせて頂きます。

Fire HDは「Fire OS」と呼ばれるAmazon独自のOSを採用しています。ただし、ベースはAndroid OSとなっているのでなんとなくUIも似ているため、Google Playアプリが入っていないのはおかしいんじゃないかと感じる人もいるでしょう。

しかし、やはりそこは独自OS。Amazonで販売されているアプリをインストールしてもらうため、Google Playストアは使えないようにしています。だからと言って、無理やりFire HDにGoogle Playストアアプリを入れるのは違法行為というわけでもありません。

問題は、インストールする際の安全性です。

野良「apk」ファイルの危険性

Fire HDにGoogle Playストアアプリをインストールするためには、apkファイルと呼ばれるものを何個かインストールしなければなりません。

ただ、これが完全に安全だと言い切ることはできません

なぜなら、Androidはオープンソースのため誰でも開発ができるものであるため、apkファイルも第3者の個人が作った可能性があるからです。ここで危険なのは、その作成者が悪意を持っている場合、apkファイルの中にこっそりマルウェアやウィルスを入れていてもおかしくないことです

なので、基本的に野良apkファイルをFire HDタブレット、Androidスマホなどにインストールするのは、必ずしも安全ではないと言うことを念頭に置いておきましょう。

それを踏まえた上で、Google Playストアアプリをインストールしたい人だけ次の手順で導入を試みて下さい。

【2018年最新版】Google PlayストアアプリをFire HDにインストールする手順

インストール環境

  • 端末:Fire HD 8
  • バージョン:2017年第7世代
  • 使用ブラウザ:Silk

ザックリと最初に手順を紹介すると、次のようになります。

  1. 推奨アプリ以外のインストールを許可する
  2. apkファイルのダウンロード&インストール
  3. Googleアカウントの設定
  4. 完了

手順自体は非常にシンプルなのですが、2つ目の手順「apkファイルの取扱」に関しては慎重に行いましょう。それでは早速1番目のやり方から紹介していきます。

1.アプリストア以外からのアプリのインストールを許可する

まずは、Fire HDタブレットの設定画面から、アプリストア以外からのアプリのインストールができるように設定しましょう。この設定はデフォルトだとオフになっています。

ホーム画面から「設定アプリ」を開き、「セキュリティとプライバシー」をタップ。「不明ソースからのアプリ」という項目があるので、トグルをタップしてオン状態にします。

これでAmazonアプリストア以外からのアプリもFire HDにインストールできるようになりました。

2.apkファイルのダウンロード

ここからは慎重に行いましょう。

Google Playストアをインストールするためには、4つのapkファイルをFire HDにダウンロード&インストールしなければなりません。その4つのファイルが下記となります。

上記4つをダウンロードしますが、念の為ウィルスなどが入っていないかを「VirusTotal」と呼ばれるサイトで全て調べました。その結果、ウィルスやマルウェア等が確認できなかったので、比較的安全に使えるファイルだということがわかりました。

自分でも確認してみたいという方は、念の為apkファイルを全てチェックしておくといいかもしれませんね。

これらのapkファイルをダウンロードするには、Fire HDタブレットに標準インストールされている「Silkブラウザ」を使っても良いですし、他のブラウザアプリでも大丈夫です。今回は例として、Silkブラウザを使ってダウンロードをしています。

ダウンロード方法ですが、4つのリンク全てで同じ手順を踏むことになります。なのでここでは、「Google Account Manager 5.1-1743759 (Android 5.0+)」を例にダウンロード手順を紹介しています。

まずはリンクからapkファイルのダウンロードページに移動しましょう。ページを開いて少し下にスクロールすると、「DOWNLOAD APK」と書かれたボタンがあるのでタップして下さい。

「Verified safe to install」とは、このapkファイルは安全にダウンロードすることができるという証明書です。もし本当に安全なファイルか知りたい場合は、「Verified safe to install」をタップして詳細を確認してみて下さい。

「DOWNLOAD APK」をタップすると、タブレット下部に「この種類のファイルはお使いの端末に悪影響を与える可能性があります。」とポップアップが表示されます。ここでは「OK」を押してFire HD内にファイルをダウンロードしましょう。

ダウンロードが完了すると、Fire HDタブレット下部に新たにポップアップが表示されますが、まだここでは開かなくてもOKです。とりあえず4つのapkファイルをダウンロードすることを優先しましょう。

この作業を4つのファイル分繰り返して下さい。

3.apkファイルのインストール

4つ全てダウンロードできたら、いよいよapkファイルのインストール作業になります。

SilkブラウザのURLバーにある「・・・」をタップ。右からメニューが表示されるので「ダウンロード」を押します。

すると、Silkブラウザでダウンロードしたファイルが一覧となって表示されます。その中にapkファイルも存在していることを確認して下さい。

これらをFire HDタブレットにインストールするのですが、インストールする順番が非常に大事なので、間違わないように慎重にインストールを行って下さい

インストールする順番

順番アプリ名ファイル名
1Google Account Managercom.google.android.gsf.login_5.1-1743759-22_minAPI21(nodpi)_apkmirror.com.apk
2Google Services Frameworkcom.google.android.gsf_5.1-1743759-22_minAPI22(nodpi)_apkmirror.com.apk
3Google Play servicescom.google.android.gms_11.7.44_(230-173432861)-11744230_minAPI21(armeabi-v7a)(nodpi)_apkmirror.com.apk
4Google Play Storecom.android.vending_8.5.39.W-all_0_PR_178322352-80853900_minAPI14(armeabi,armeabi-v7a,mips,mips64,x86,x86_64)(240,320,480dpi)_apkmirror.com.apk

インストールする順番を間違うとインストールに失敗します。必ずこの順番を厳守してインストール作業を行って下さい。

ダウンロード一覧からファイルをタップすると自動でインストール画面に移動します。

下記インストール画面が表示されたら、右下の「インストール」をタップします。自動でインストール作業が開始されるので数秒待ち、「アプリがインストールされました。」と表示されたら左下の「完了」をタップして下さい。

これを4つのファイル分繰り返し、正常にインストールできている場合Fire HDタブレットのホーム画面にGoogle Playストアアプリが表示されます。

4.Googleアカウントの設定

Google Playストアアプリのインストールが完了したら、最後にGoogleアカウントの設定をして全ての作業は完了です。インストールしたGoogle Playストアアプリを開きましょう。

すると、アカウントの追加画面が表示されます。既にGoogleアカウントを持っている人は、メールアドレス、パスワードを入力すれば設定完了です。

もしGoogleアカウントを持っていない人はアプリ経由で作成するか、ブラウザ上でアカウントを作成しましょう。

5.Google Playストアのアプリをインストールしてみる

最終確認として、正常にアプリがインストールできるか、そしてアプリを使うことはできるのかをチェックします。今回はGoogle Playストアアプリを導入するきっかけとなった「OneDrive(ワンドライブ)」をFire HDに入れてみます。

検索窓からOneDriveを探しインストール開始。正常にインストールが開始されているのがわかります。そしてFire HDのホーム画面にOneDriveアイコンが追加されていることを確認できました。

次にアプリを開いて動作チェック。とりあえずログインは成功し、正常にアカウントに紐付いているファイルをダウンロードすることができました。念の為Fire HD内に保存されている写真や動画をアップロード。

これも正常に処理が行われることを確認。追加したアプリが問題なく動くことをチェックできたら全ての作業完了です。お疲れ様でした。

Google Playストアでインストールしたアプリの自動アップデートはオフ推奨

Google Playストアではアプリが自動アップデートされてしまいます。

ですがFire OSにとっては野良アプリなので、あまり自動更新をしないほうが良いかと思います。また、通知がAmazonストア、Google Playストアの2つ混ざってしまうので確認しにくい。

さらに言ってしまうと、AmazonストアとGoogle Playストア両方に存在するアプリはなるべくAmazonストアでインストールしておくことをおすすめします。アプリの競合などで動作がおかしくなる可能性も否めません。

とりあえずGoogle Playストアの自動アップデートはオフにしましょう。

Google Playストアの自動アップデートをオフにする方法

Google Playストアを開き、左上のハンバーガーメニューを開きます。次にメニューから「設定」をタップ。

設定画面に移動したら「アプリの自動更新」をタップ。ポップアップが表示されるので「アプリを自動更新しない。」にチェックを入れて完了です。

これでGoogle Playストアからダウンロードしたアプリの自動アップデートは行われなくなります。

スポンサーリンク

Google Playストアのインストールは自己責任で

ここまでFire HDにGoogle Playストアをインストールする方法について解説してきました。

冒頭でも書いたとおり、野良apkファイルのインストールは安全を確実に保証できるわけではないこと、インストールする順番などを厳守しなければならないことなど、色々と注意点があります。

なので、あくまでもFire HDにGoogle Playストアをインストールするのは自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

-Fireタブレット
-, ,

Copyright© 節約!スマホ村 , 2018 All Rights Reserved.