節約!スマホ村

スマホを使った節約術をお教えします

Facebook

Facebookアカウントの乗っ取り対応方法/事前の対策で被害を最小限に

投稿日:

Facebookにログインできない、身に覚えのない投稿がされている、そのような心当たりがある方は、Facebookアカウントを乗っ取られている可能性があります。

そこで本記事では、Facebook(フェイスブック)アカウントが乗っ取られるとどうなるのか、乗っ取られないための対処法などを徹底解説。Facebookアカウントの乗っ取りが心配な方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

Facebookにログインできない時は乗っ取りを疑う

Facebookのアカウントを乗っ取られてしまうと、乗っ取った人がパスワードを変更し本人がログインできないようにする可能性があります。そして、本人がログインできない間に、友達を有料サイトなどに誘導したり、迷惑な投稿を繰り返したりするので、乗っ取り対策を事前に行うべきです。

そして、アカウントにログインできなくなってしまった場合、乗っ取りを疑って下さい。

Facebookアカウント乗っ取りの目的

目的1:個人的な嫌がらせ

Facebookアカウントの乗っ取りの目的として、嫌がらせが考えられます。犯人は見ず知らずの人の場合か、身近にいる恋人や知り合いの場合も。

見ず知らずの人が、何かの憂さ晴らしとして不特定多数に嫌がらせをしストレス解消を図ることも考えられますし、身近な人(恋人や友人)があなたに恨みをもっていてアカウントを乗っ取り、嫌がらせを行う、という目的も考えられます。

目的2:詐欺行為

明確に「金儲け」など目的を持った犯行をするグループの仕業ということも考えられます。このように不特定多数の人に対して通信手段を使って大金をだまし取る詐欺のことを「特殊詐欺」と言います。

「オレオレ詐欺」などの電話を使った詐欺も、特殊詐欺の一種です。

Facebookアカウントで特殊詐欺が流行している理由は、電子マネーを使いお金をだまし取る方法があるからです。電子マネーであれば換金しやすく、また電話よりも証拠が残りにくいため近年増加しているのです。

あなたのアカウントを乗っ取り、本人になりすまして「iTunesカードなど電子マネーを購入し、カード裏面の番号を送ってほしい」とFacebookメッセージから訴えてくるのです。

目的3:スパム広告の配信

詐欺被害にもよく似ているのですが、Facebookアカウント乗っ取りの犯人は、スパム広告を配信し金儲けをしようと考えることが多いです。これは特殊詐欺以上に莫大な被害を及ぼす可能性があります。なぜなら、自分の友人に一斉に悪質な広告が配信され被害が一気に広まってしまからです。

具体的な例は「レイバン広告」です。

アメリカの高級サングラス「レイバン」を格安で購入できる広告がフィードに流れてきたことはないでしょうか。この広告のリンク先は悪質な通販サイト。レイバンを注文しても発送されないかもしれません。そうやって不特定多数の人からお金を集め、膨大な金額を手に入れようとしているのです。

また、レイバン広告に友達をタグ付けすることにより、友達の友達のフィードにも広告が流され、広範囲にまで被害が及んでしまいます。

Facebookアカウントが乗っ取られる主な原因

なぜアカウントが乗っ取られてしまうのか、それは以下3つの原因が考えられます。

原因1:アカウントを使いまわしているから

別のサービスで登録しているIDやパスワードが何らかの原因で漏えいし、犯罪者はその組み合わせをFacebook上でも使うことがあります。

別のサービスで利用しているパスワードをFacebookでも利用していると、もちろんログインできるため、アカウントが乗っ取られてしまいます。

原因2:パスワード攻撃を受けた

犯人はパスワードをひとつひとつ試してFacebookにログインできたということも考えられます。

これは、「パスワードリスト攻撃」や「総当たり攻撃」とも言われ、使用されやすいパスワードやパスワード生成ツールを使って、それぞれのパスワードを試す場合があります。

原因3:なりすましアカウントを承認した

信頼している友人になりすまし、友達申請をして近づいてくる可能性もあります。承認してしまい、その後のメッセージなどのやり取りでメールアドレスや電話番号を聞き出し(もしくは特定し)アカウントを悪用する手口です。

メールアドレスを知られてしまうと、セキュリティコードを使って登録情報を変更できてしまいます。承認時は、本当にその友人なのか、不審な点はないのかを確認してから承認しましょう。

スポンサーリンク

アカウント乗っ取りの事前対策

対策1:メールアドレスを非公開にする

アカウントが乗っ取られる原因に、メールアドレスの漏えいがあげられます。Facebookでは、登録しているアドレスを非公開にすることが可能です。

スマートフォンから非公開にする方法

プロフィールページに移動し、「プロフィールを編集」をタップ。画面最下部までスクロールし、「基本データを編集」をタップ。

登録している基本データの一覧が表示されるので、連絡先情報の「編集する」をタップ。一番下に「アカウント設定でメールアドレスを追加または削除」があるので、タップして下さい。

プルダウンメニューをタップすると、現在のメールアドレスの公開範囲が表示されます。そして、「その他のオプション」をタップすることで、メールアドレスの公開範囲をもっと細かく設定できます。

ここではセキュリティ上、「自分のみ」を選択するのが最も安全です。

パソコン(PC)から非公開にする方法

スマホ同様、プロフィールページに移動し、「プロフィールを編集」をタップします。

ポップアップが開くので、「基本データを編集」をクリック。

サイドメニューの「連絡先と基本データ」をクリック。編集したい基本データの横に「編集する」とあるので更にクリックします。

最後に、メールアドレスの公開範囲を「自分のみ」に変更して完了です。

対策2:定期的なパスワード変更

定期的にログインパスワードを変更することも大切です。また、見破られにくいパスワード(半角英数字、記号などを含める)も効果的です。

スマートフォンからの変更方法

画面右下の三本線のメニューボタンをタップし、「設定とプライバシー」内の「設定」を開きます。次に、「セキュリティ」内の「セキュリティとログイン」をタップ。

「パスワード変更」をタップします。現在のパスワードと新しいパスワードを入力し、変更は完了です。

パソコン(PC)からの変更方法

Facebookにログインし、画面右上「▼」をクリック。「設定」を開きましょう。

画面左上にある「セキュリティとログイン」をクリックします。画面中央に「パスワードを変更」の項目があるので、「編集する」をクリックしてパスワードを変更しましょう。

入力が完了したら「変更を保存」をクリックし完了です。

対策3:Facebook連携アプリの解除

時々「○○があなたのアカウントを利用するのを許可しますか?」と聞かれたことがあるかと思います。これは、とあるアプリとFacebookを連携し、ログインを簡単にしたりFacebook上の情報を他のアプリでも利用できるようにするための「連携」となります。

この連携、いちいちログインする手間が省けたり、Facebookと同じID/パスワードでログインできるため、かなり便利な機能です。しかし、もし連携先が悪意のあるサイトだった場合、友人にスパムメールや広告を送り付けられたり個人情報を抜き取られたりしてしまう恐ろしい機能でもあるのです。

そのため、Facebookアカウントの乗っ取りを事前に防ぐには連携アプリを解除しておくことも重要です。

スマートフォンからの解除方法

画面右下の三本線のメニューボタンをタップし、「設定とプライバシー」内の「設定」を更にタップ。次に、「セキュリティ」内の「アプリとウェブサイト」をタップします。

「Facebookでログイン」をタップします。ここでは、Facebookアカウントを利用してログインしたアプリや連携したアプリの一覧が表示されます。最後に連携を解除したいアプリを選択し、右側にある「削除」をタップして解除完了です。

パソコン(PC)からの解除方法

Facebookにログインし、画面右上「▼」をクリックします。「設定」を開きましょう。

画面左の「アプリとウェブサイト」をクリックすると、連携しているアプリの一覧などが表示されます。下記画面から、連携の解除を行います。

対策4:ログインの通知設定を行う

Facebookの設定で「認識できないログインに関するアラートを受け取る」という機能があります。この機能を設定しておくと、普段使用するスマートフォンやパソコン以外でログインがあったとき通知を受けることができます。

スマートフォンからの通知設定変更

Facebookアプリ右下の三本線のメニューボタンをタップし、「設定とプライバシー」の項目内にある「設定」をタップしましょう。「セキュリティ」内の「セキュリティとログイン」をタップします。

「認識できないログインに関するアラートを受け取る」をタップ。Facebookからのお知らせ/Messenger/メールどの機能から通知を受けるかを設定できます。

パソコン(PC)からの通知設定変更

画面右上の「▼」をクリックしメニューを開きます。メニューにある「設定」をクリックしましょう。

サイドメニューにある「セキュリティとログイン」をクリックします。すると、セキュリティやログインについての設定が変更得切るようになります。

画面下部に移動し「認識できないログインに関するアラートを受け取る」をクリックします。

設定変更画面に切り替わるので、通知を受け取る/受け取らないの設定をして完了です。

二段階認証について

二段階認証を設定することで、普段使用しない端末からログインする場合に、ログインコードの入力をするよう設定できます。

ただし、会社のパソコン/携帯からなどアクセスする端末が複数ある場合は、何度もログインコードを入力しなければいけないためとても手間のかかる作業です。乗っ取りが不安な場合は、普段使用しない端末からアクセスがあった場合の通知をオンにしておくことが、二段階認証よりも手間なくアカウントを管理できるのでお勧めです。

乗っ取りされたらFacebookに報告を

もしFacebookアカウントを乗っ取られた場合、下記URLからFacebookに報告しましょう。

公式https://m.facebook.com/hacked

身に覚えのない投稿があったのか、誰かが自分のアカウントにアクセスしたのか、など思い当たる不審な点を選択し、できるだけの情報を報告フォームに記入しましょう。

スポンサーリンク

-Facebook
-, ,

Copyright© 節約!スマホ村 , 2018 All Rights Reserved.