【VideoPadの使い方】文字を上下左右にスクロールさせる方法

どうもないとうです。

VideoPadの使い方第1回目の続きになります。第1回目の記事はコチラ。

前回は画面上にワイプを挿入してテレビニュースのような演出をする方法を紹介しました。今回の記事では、VideoPadで文字を上下左右にスクロールさせる方法を説明していきます

文字のスクロール方法と画像のスクロール方法はやり方が若干異なってきますので、画像のスクロール方法についてはまた別の記事で紹介していきます。

文字のスクロールとは

よくYoutubeでテキストを下から上へ流している糞みたいな動画ありますよね。あれと同じようにVideoPadでスクロールさせる方法です。

今回は上下左右に動かす方法なので、横にスクロールさせればニコニコ動画のコメントっぽい流れ方も再現することが可能です。果たしてYoutubeでそんなくっそテキスト動画が需要あるか知りませんが。せめてナレーションとか入れろ。

準備するもの

今回の文字スクロールに用意するものは一つだけ。

  • VideoPad

それじゃあ早速、やっていくぜぃ!

VideoPadで文字スクロール動画を作る

VideoPadで文字スクロールさせる動画はコチラとなります。

その前にテキストをどっかから拝借してこないと…。かの大物Youtuberが作ったと言われる小説を引用させていただきます。

ラウル古代遺跡を探して禁断の森の奥にやってきたカイトとネロ。
そこで見たこともない魔物に襲われるが、間一髪のところでミサに助けられる。
ミサの魔法で束の間の空中散歩を楽しむが、例の魔物に攻撃されてしまう。
ミサの魔法が魔物の攻撃に耐えられなくなりカイトは宙に投げ飛ばされる。
カイトが落ちる中、ミサがホバーボードで駆けつけてくれてなんとか助かる。
しかし、ミサのホバーボードの燃料切れで、カイトとミサは川に落ちる。

頭おかしなるで。

まずはテキストを整形しちゃいましょう。だいたい大文字20字くらいで文字の大きさを調整してあげるとYoutubeでは見やすいです。こんな感じで調整してみました。

これを全文コピペして、あとはテキストにちょっとアニメーションを入れるだけで終わりです。VideoPadはこの機能が非常に優秀で、しかも軽いというおまけつき、これを同じようにVideoStudioというソフトでやってみたんですが、ハッキリ言ってダメでした。VideoStudioが20秒くらい固まります。

PCのスペックも悪くないし、メモリも積みまくっているので多分PC側のせいじゃない。VideoStudioという糞フトが遅いだけだと思います。だって見てよこのサジェスト。

いかにVideoPadが簡易動画編集ソフトとして優秀かを物語っている。私の9800円を返してくれ。

テキストをコピペして「文字の追加」をする

ではメニューバー付近にあるAdd Textをクリックしてください。私のは英語版なので日本語版を持っている人は「文字の追加」だと思います。多分。ちなみにこれマメなんですが、英語版は55ドルで買えます。日本語版は10,000円くらい。

クリックしたら、フィールドにコピーしてきたテキストをペースト。そして右側にある文字のアニメーションを「下から上へ」を選択すれば、下から上へ流れるスクロール動画になります。

文を中央寄せしたい場合や、右寄せにしたい場合も該当するアイコンをクリックするだけでOKです。垂直方向の位置も調整可能ですが、個人的には一番上に調整してあげたほうが動画は作りやすい。一応スクロールについてはこれで完成です。

おまけ

文字の位置を調整する場合、ポジションエフェクトをかけなくてもクリッププレビューから調整することが可能です。そのやり方を教えます。

まず、文字のアニメーションを無効化してください。私の場合、「No Scrolling」ってやつですね。そうしましたらクリッププレビューのところに文字がしっかりと表示されるようになります。

文字が表示されたら、あとはマウスで動かすことが可能なので、好きな位置を決めてスクロールを挿せるようにしてください。

これでVideoPadで文字をスクロールさせる方法の紹介を終わります。

最後に

動画編集初心者の方にはかなりおすすめなのがVideoPadです。やっぱり動作が軽いのは大きいアドバンテージだと思います。

ちょっとYoutubeデビューしてみようかなと考えている人はいきなりAfter Effectsとかいう小難しいソフトではなく、VideoPadで少し試してみて物足りなかったら移行するほうがいいですよ。敷居の高さにモチベが下がる場合だってありますしね。

それではまた次回。

ウェブサービス

【VideoPadの使い方】画像やテキストにフェードインを適用する方法
どうもないとうです! 今日は第3回目のVideoPadの使い方講座となります。 前回の講座では、VideoPadでテキストをスクロールさせる使い方をご説明しました。前回の記事は下記を参考にしてください。 【VideoPadの使い方】文字を上下左右にスクロールさせる方法 今回はVideoPadで画像やテキストにフェードインをかける方法をご紹介していきます。フェードインを使うと、画像の切り替えが滑らかで自然な演出を醸しだせるようになります。今まで画像の切り替えをぶつ切りで行ってきた人は、ぜひフェードインを使ってみましょう。 フェードインとは IT用語バイナリから引用します。 フェードインとは、主に映像編集技術の用語で、映像が徐々に現れたり、音楽の音量がだんだん大きくなってたりする効果や手法のことである。 フェードインは、映像の場合、黒一色、あるいは白一色の画面から、徐々に明確な映像が現れてくるような表現となる。 イメージ的には、フェードインが段々盛り上がっていく感じで、フェードアウトが段々盛り下がっていくイメージです。図で表すとこんな感じか。

続きを読む

【VideoPadの使い方】文字を上下左右にスクロールさせる方法
【VideoPadの使い方】ワイプを使ってテレビのような演出をする方法

「VideoPad」記事をもっと見る