twinkleの使い方を徹底解説!まずは全板を表示する設定から始めよう

iPhoneから2ちゃんねるを見るには無料のアプリだと「Jane Style」「BB2C」などがあります。ですがそれらのアプリはそれほど使い勝手が良いわけではなく、どちらかと言うと痒いところに手が届かないブラウザアプリとなっています。

そこでiPhoneで2ちゃんねるを閲覧できる有料アプリ「twinkle(ちんくる)」があります。2chmateを使っていた方やこれからiPhoneで2ちゃんねるを見る人は、絶対にtwinkleの方が良いです。

今回の記事では、そんなtwinkleの使い方を徹底解説していきます。

Twinkle(ちんくる)の紹介

Twinkle(ちんくる)はiOS専用の2ちゃんねる閲覧アプリで、2ちゃんねる板のスレはもちろんのこと、外部板である「したらば」「まちBBS」等の2ちゃんねるっぽい作りの掲示板も設定して閲覧することが出来るアプリです。

画像のアップロードなどもTwinkle上から行うことができ、またアップロードした画像をTwinkle上から簡単に削除することも出来ます。この機能がついてある2ちゃんねる閲覧アプリはTwinkleのみです。

>> Twinkleのダウンロードはコチラ

絶対にやっておきたいTwinkleの初期設定方法

まずはTwinkle(ちんくる)の使い方を説明する前に、初期設定としていくつかやってもらいたいことがあります。基本的に個々で紹介する設定方法は「設定画面」から操作するものとなります。

設定画面はTwinkleを開いた時に左下に表示される「歯車マーク」から移動することが可能です。

1.全板の表示

Twinkleはデフォルト状態で全板が表示されていません。全板表示したままだとApp Storeの審査に落ちてしまうような板(なんでも実況J、ニュース速報(嫌儲))が含まれているからとも言われています。なのでまずは全板を表示するように設定していきましょう。

設定 → 標準の板のカスタマイズ」まで進んでください。すると「板のカテゴリーをカスタマイズする」がオフになっていると思いますのでオンにします。あとは表示したい板のカテゴリーなどを打ち込む欄がありますので「全て表示」を入力してください。

あとは「望ましくないと思われる板は非表示にする」「スレッド一覧で望ましくないスレッドを非表示にする」「スレッドで望ましくないレスを非表示にする」を全てオフにすると完了です。

設定変更が完了したら、最後に「板一覧」まで戻り右下の「リロード」を押すとTwinkle上で表示できる板を再度読み込み直します。

今度はすべての板が表示されていると思いますので確認してみてください。

2.スレッド一覧の設定

スレッドを表示した時の表示方法をここで設定していきます。「設定 → 表示設定 → 表示設定」と進んでください。進んだ先ではスレッド一覧の表示設定がおこなえるので、スレッド一覧画面を見やすくするために文字サイズを変更したりしましょう。

おすすめのカスタマイズ方法は「[(無断)転載禁止].©2ch.netを非表示にする」をオンにすることです。2ちゃんねるは原則的にスレッドの転載が禁止になったため、スレッド名にこの表記がつくようになりました。

ですが、この表記がスレ1個1個についていると非常に見づらくなってしまうため、Twinkleの設定では非表示にするようにしたほうが絶対に良いです。

3.広告の表示位置を変更

Twinkleでは広告が表示され、デフォルトでは下の方に広告が表示されています。

広告位置が下のほうにあると下にスクロールしていく時にご操作で広告をタップしてしまう可能性があります。ですのでおすすめの広告表示位置は上表示です。

実際に広告位置を変更するには「設定 → 表示設定 → 広告表示位置」で行うことができます。

4種類の広告表示位置がありますが、個人的には「」でOKです。スペース広くを選択すると余分な隙間ができてしまうので画面が狭くなってしまいます。

なお広告位置の反映は、一度Twinkleアプリを落としてアプリを再起動しないと反映されないので注意してください。

4.サムネイル、グロ画像の設定

Twinkleではスレッド内に貼られている画像に対してサムネイル表示をしたり、自動的にモザイクの設定をかけたりすることができます。サムネイル画像とは下記画像のような感じで表示される画像です。

このサムネイル表示はいちいち画像を開かなくてもよくなりますし、興味のない画像はスルーしやすくなるので非常に便利です。ただし、通信量は増えます。それではこのサムネイル画像を設定していきましょう。

まずは「設定 → 表示設定 → サムネイルの表示設定」まで進みます。そしてサムネイル画像の設定ができるのでお好みで設定していきましょう。

私のおすすめ設定は、「サムネイル表示をオン」「グロとレスがついたサムネイルをモザイクにする」この2つは最低限設定しておきます。そして、サムネイルの画像サイズも小さくしてグロ画像がモザイクされていない状態でもダメージが少ないようにしました。

以上が、Twinkleをインストールしたら最低限行っておきたい初期設定方法でした。それでは次にTwinkleの簡単な使い方を紹介します。

Twinkleの簡単な使い方

Twinkle(ちんくる)の簡単な使い方といっても、既に初期設定が終わっているのならあとは書き込んだり閲覧したりするだけなので、そこまで多く説明することはありません。

なので最低限覚えておきたい使い方のみ紹介していきます。

1.レスをツリー表示にする

2chmateなどを使っていた人にとってレスのツリー表示は当たり前だと思います。その機能がTwinkleでも搭載されていますので、レスのツリー表示にする方法を紹介していきます。

まずはスレッドを開きます。スレッドを開いたらフッターバーがありますので、左にスワイプしてください。すると、フッターバーの一覧の中に「ツリー」という表示があるので、これをタップしてください。

これでレスのツリー表示ができるようになりました。ツリー表示をしないと安価を付けた人のレスまでいちいち飛ばなければナラないので非常に面倒です。

レスのツリー表示は必ずやっておきましょう。

2.アップした画像の消し方

Twinkleでは画像のアップロードもアプリ内から可能です。そしてそのアップロードした画像を消すには普通ならアップロード先のサイトである「imgur」にまで行かなければならないのですが、Twinkleではアプリないから消すことが可能です。

まずはスレッドを開いて「書き込み画面」を表示させます。書き込み画面の中央付近にあるバーにクリップボードのようなアイコンがあるのでそれをタップしてください。

そして「アップした画像」タブを開いて、消したい画像を選んで「画像を削除」を押すことでTwinkle上から画像を消すことが出来ます。

これでアップロードした画像をネット上から削除することができました。ちょっとまずい画像を上げた時に速攻削除することができるので便利な機能です。

最後に

以上が、Twinkleの初期設定方法と簡単な使い方の紹介でした。

iPhoneやiPadから2ちゃんねるを閲覧するのでしたら、現状Twinkleが最強です。300円ポッキリで購入できるので、ケチらずに購入したほうが快適なブラウジングを楽しめると思います。

>> Twinkleのダウンロードはコチラ

スマホアプリ

メルカリの出品写真で位置情報がバレるのかを徹底解説
このページでは、メルカリの出品写真で位置情報がバレルのかを徹底解説しています。 スマホで撮った写真は危険なのか 最近、流行りのスマホフリマアプリ「メルカリ」。 スマホで簡単に商品の撮影ができて、楽々出品と出品者にとってはメリットが豊富です。しかし、安全性はきちんと保たれているのでしょうか。実はそうとも言い切れません。 出品時、必ず必要な写真がかなりネックになっています。商品写真には位置情報などの個人情報が盛り込まれている可能性もあるのです。 写真に含まれるExifとは ExifとはExchangeable image file format の略で、全ての写真についています。Exifとは簡単に言うと個人情報の束のようなものです。このExifにはさまざまな個人を特定する情報が盛り込まれています。 位置情報 撮影日時 スマホなどの機種名 著作者名 撮影時の詳細設定 などがもりこまれています。 これだけ見ても、一枚の写真を特にメルカリのような公共の場で流すという行為は、個人情報を全国へ晒している行為と何1つ変わ

続きを読む

今流行りの水彩加工アプリ「PORTRA」が想像以上に凄かった
【メルカリ】靴の梱包に最適な箱はどれ?キレイに梱包する方法を紹介
【メルカリ】梱包材は100円均一で揃えよう!服などの薄いものなら100均で充分
【メルカリ】出品写真が転用された!?パクられたときの対処方法を紹介

「スマホアプリ」記事をもっと見る