テニス|モンテカルロATP1000の放送日程やドローの紹介!錦織圭選手は今年も欠場予定

今年もATP1000、モンテカルロ・マスターズの季節が近づいてきました。

そこでこのページでは、モンテカルロ・マスターズとは何なのか、そして放送日程やドロー、視聴するならスポナビライブがおすすめな理由について紹介していきます。

ATP1000マスターズ大会とは

簡単にATP1000マスターズ大会について、どんな大会なのかを紹介していきます。

マスターズ大会は4大大会(グランドスラム)の次にポイントが高い重要な大会で、ランキングの上位選手はある条件を満たさない限り、必ず出場しなければならない大会です。年9回開催されるマスターズ大会ですが、今回紹介するモンテカルロ・マスターズのみ、シード選手でもスキップが可能になっています。

ある一定の条件を満たすとスキップが可能と言いましたが、その条件とは次のとおりです。

  • 通算600試合出場
  • 年間12大会以上出場した年から12年プレー
  • 満31歳に達すること

この条件をすべて満たすと、どのマスターズ大会でも出場義務が免除されます。ちなみに1個満たすことに1大会出場義務の免除となります。テニス選手は30歳を過ぎるとかなりパフォーマンスが落ちてくることから、このような免除条件が生まれたのかもしれません。ATP500も入れると、非常に多くの試合をこなさないといけませんからね。おじさんにはつらいのです。

とは言っても、この大会でもらえるポイントは最高で1000ポイントとなっているので、ATPランキングに与える影響は非常に大きいです。ですので、免除条件を満たしていても、全試合出場するトップ選手もおります。

ATP1000マスターズのポイント

優勝した場合1000ポイントもらえるマスターズ大会ですが、もし、ベスト8や準優勝等の場合、どのくらいポイントがもらえるのかを紹介します。(シングルスのみ)

出場人数 優勝 準優勝 ベスト4 ベスト8 ベスト16 ベスト32 ベスト64 ベスト128 予選通過 予選2 予選1
96 1000 600 360 180 90 45 25 10 16 8 0
56/48 10 25 16

大会の出場人数でもらえるポイントにも変動があります。最低限出場しただけでも10ポイントもらえ、予選通過で勝ち上がってきた場合、さらにポイントが上乗せされます。今回のモンテカルロマスターズの出場人数は56人となっているので、ベスト64からスタートという形になりますね。

モンテカルロ・マスターズとは

モンテカルロ・マスターズとは、毎年9試合開催されるATPワールドツアー・マスターズ1000のカテゴリの一つで、毎年4月の中旬ころにフランスのロクブリュヌ・カップ・マルタンで開催されている大会です。ちなみにロクブリュヌ・カップ・マルタンのテニスコートの場所は海沿いに位置する箇所に存在しています。

モンテカルロ・マスターズは全仏オープンの前哨戦とも言われているためか、サーフェスはクレーこととなっております。なお、この大会はランキング上位選手はスキップすることが可能です。通常ならば上位シード選手はATP1000マスターズはスキップすることはできませんが、最近はツアーの間隔が短くなり、選手の負担も大きいことから、モンテカルロのみスキップOKとなりました。

この大会は、クレーコートということから土魔人と呼ばれるラファエル・ナダル選手が過去に8連覇、計9回の優勝を収めています。2017年もだいぶ調子が復調してきたので優勝候補の1人と言ってもいいでしょう。

2017年モンテカルロ・マスターズの概要と開催日程

試合概要

開催地:フランス
賞金総額:4,273,775ユーロ
会場:モンテカルロ・カントリークラブ
サーフェス:屋外・クレーコート
開催日:2017年4月16日
2016年優勝者:ラファエル・ナダル
2016年準優勝者:ガエル・モンフィス

開催日程

2017年4月16日 ~ 4月23日

  • 2017年4月16日:1回戦(ベスト64)
  • 2017年4月17日:1回戦(ベスト64)
  • 2017年4月18日:1回戦(ベスト64)、2回戦(ベスト32)
  • 2017年4月19日:2回戦(ベスト32)、3回戦(ベスト16)
  • 2017年4月20日:3回戦(ベスト16)
  • 2017年4月21日:準々決勝(ベスト8)
  • 2017年4月22日:準決勝(ベスト4)
  • 2017年4月23日:決勝

モンテカルロ・マスターズのドロー

2017年モンテカルロ・マスターズ優勝予想

この大会は上位シード選手のスキップが可能な大会なので、錦織圭選手は毎年スキップしています。案の定今年も出場しないようです。2017年は脇腹や臀部の怪我もありましたし、そうそう無理はできないでしょうし仕方がありません。

そして今大会は、2017年全豪オープン優勝、さらにはマイアミ、インディアンウェルズを見事優勝して、見事怪我から復帰して絶好調なロジャー・フェデラー選手も欠場するようです。

ですので、今回の優勝候補はクレーコートということも含めて、文句なしでラファエル・ナダル選手でしょう。最近は復調気味で、全豪、マイアミで決勝まで出場しましたし、クレーコートなら優勝待ったなし、という印象が強いです。2016年も優勝したので、なんとか2017年も優勝してほしいですね。

2017年モンテカルロ・マスターズの結果

2017年モンテカルロ・マスターズの優勝はラファエル・ナダル選手です。

決勝ではスペイン同士の対決となり、アルベルト・ラモス選手に2-0のストレート勝ちを収めました。(6-1、6-2)

優勝予想は見事的中!

モンテカルロ・マスターズの放送局

スポナビライブ

スポナビライブでは既にモンテカルロ・マスターズを2017年4月16日の1回戦から全て配信することを決定しています。

普通の放送局でしたら、4大大会のみ、あるいは錦織圭選手の出場がある大会しか放送しないのですが、今年のスポナビライブは、ATP1000マスターズ大会はすべて放送。

さらにはATP500の全放送や一部のATP250の放送もおこなっております。正直グランドスラムは地上波でも放送することがありますし、2017年の全豪はスポナビライブでも放送してので、テニスを見るならスポナビライブ1つで大丈夫、と言っても過言ではありません。

スポナビライブ 公式サイトへ

最後に

以上が、モンテカルロ・マスターズの放送日程や大会概要、およびドローの紹介でした。フランス開催の大会なので、フランス勢のツォンガ選手も個人的には期待。あのフランスの応援はかなりホーム有利ですからね。

スポーツ

全米オープンテニス2017のドロー表と放送局まとめ!錦織圭は欠場に
全米オープンテニスが2017年8月28日から約2週間に渡って開催されます。 去年の全米オープンテニスではスタン・ワウリンカ選手が初優勝し、生涯グランドスラムへ王手をかけた大会でもありました。今年はランキング上位勢の出場者かなり欠場しているため、誰が優勝するのか楽しみです。 そこでこのページでは、2017年の全米オープンテニスのドロー・トーナメント表や試合を放送する予定のあるネット配信や地上波の紹介をしていきたいと思います。 グランドスラム(4大大会)とは 簡単にグランドスラム(テニス4大大会)について、どんな大会なのかを紹介していきます。 グランドスラム(テニス4大大会)は、プロテニスで一番ポイントが高い、テニス選手にとってはもっとも重要な大会で年4回行なわれます。 このグランドスラムの4つを全て制覇することを、キャリアゴールデンスラムと言い、更に1年間で4大大会全てで優勝することを年間グランドスラムと呼び、オープン化後の男子シングルステニス界でこの偉業を達成したのは、「ロッド・レーバー」ただ一人となっています。 また、キャリアゴールデンスラムに関して

続きを読む

全英オープンテニス・ウィンブルドン2017のドロー表と放送局まとめ!錦織圭は初日から試合スタートに
全仏オープンテニス2017のドロー表と放送局まとめ!錦織圭は結構当たり山に
テニス|BNLイタリア国際2017のドロー表と放送局まとめ!錦織圭も出場予定の大会
テニス|マドリード・オープン2017のドロー表と放送局まとめ!錦織圭の出場予定あり

「テニス」記事をもっと見る