1秒マップ for ポケモンgoの危険性は大丈夫?使い方を簡単に紹介

今までポケモンGOをしていた人に使われていた人気アプリ「P-GO SEARCH(ピゴサ)」がサービスを終了することになり、代替アプリは何かないか探していたという人も多いはず。

そこで新しく注目されているのが「1秒マップ for ポケモンGO」と呼ばれるポケモンの出現位置を表示してくれる無料アプリです。

突如人気が出ただけに本当にこのアプリは無料で使えるけど危険はないのか、安全性は大丈夫なのかが心配な方もいるでしょう。そこでこのページでは、無料アプリ1秒マップ for ポケモンGOに危険性はないのか、どのようにして使うのかを簡単に紹介していきます。

1秒マップ for ポケモンGOってどんなアプリ?

1秒マップ for ポケモンGO」はポケモンの位置が分かる地図アプリで、iPhone(iOS)版/Android版両方でアプリがリリースされています。

このアプリの製作会社は「GROW.TH.INC.」で、別のポケモンGOアプリとして、捉えたポケモンの個体値が速攻で分かる「スクショで1秒個体値計算 for ポケモンGO」というアプリもリリースしています。

1秒マップ for ポケモンGOのダウンロードは下記リンクからどうぞ。

>> Android版はコチラ
>> iPhone(iOS)版はコチラ

基本的な機能はピゴサと変わりませんが、続々と機能追加を予定しているようなので非常に期待できるポケモンGOアプリかと思います。

1秒マップ for ポケモンGOに危険性はないのか

基本的にこのアプリに危険性はありません。他のアプリ連携などもありませんし、こちらが提供するのは現在地を確かめるための位置情報だけになります。

ポケモンGOアプリと連動するわけではないので、運営からもこれを使ったからといってバレるわけはありませんし、垢BANになることもまずないでしょう。

ただし、位置情報をオンにする場合は注意が必要です。もしTwitterなどネット上に現在地を表示したままアプリのスクショを撮ってしまうと、自分の位置情報が他の人にバレてしまうことになるので気をつけましょう。

1秒マップ for ポケモンGOの基本的な使い方

1秒マップ for ポケモンGOの基本的な使い方を紹介していきます。

まずアプリを開くと、Puch通知と位置情報のオンオフを聞かれるので必要な場合は了承してアプリのトップ画面に進みましょう。

トップ画面には様々なアイコンと共に、マップ上にポケストップ情報や出現ポケモンのアイコンが配置されていると思います。それぞれのアイコンの意味をザックリと紹介していきます。

:検索窓です。この検索窓からポケモン名などを検索すると、そのポケモンがどこにいるのか、また、住所を入力すると、その住所付近にいるポケモンなどが表示されます。

:ポケモン図鑑の表示です。ポケモン図鑑からMAP場で表示・非表示したいポケモンの設定を簡単に行うことが出来ます。

:ポケモンやポケストップを地図上に表示するかどうかの切り替えボタンです。上から順番に「ポケモンの表示/非表示」「ポケストップの表示/非表示」「ジムの表示/非表示」となっています。

:マップを2D/3D表示にするかどうかを選択できます。2D表示の場合は「-」、3D表示にしたい場合は「+」にしてください。

:設定画面を開きます。設定画面ではデイ・ナイトモードの切り替えだったり、アプリを開いた時の位置を現在地にするか、最後に開いた場所にするかなどを選択することが出来ます。

:自分がいる現在地に戻るボタンです。現在開いている場所と現在地が異なる時にこのボタンを押すと、現在地からその地点まで緑の棒が伸びるようになっています。

:マップの更新ボタンです。

:ポケモンGOアプリを開くボタンです。

ユーザーの反応

1秒マップ for ポケモンGOアプリに対するユーザーの反応はどうなのか。

現在iPhone版はほぼ問題なく使えるようですが、Android版に関しては少しアップデートが遅れており、iPhone版で出来ることができないようになっています。例えばジムの表示などはまだみたいなので、これから対応されるのを待ちましょう。

ユーザーの要望が全て対応されることはないと思いますが、とりあえずピゴサの代わりとしてはまずまずの使い心地ではないでしょうか。

マップにポケモンが表示されないのは対応地域ではないから?

ツイートを拾ってみると、マップにポケモンが全然表示されていない人もいるようです。その多くの人達は都心部ではないところで住んでいる方で、実際私が住んでいる地域ではポケモンが周りに1匹も表示されていませんでした。

運営のツイートへの返信を見てみると、「◯◯県◯◯市への対応をお願いします」と返信している人が多く、地域も結構バラバラなので1秒マップ for ポケモンGOに対応していない地域はかなり多そうです。

これからどの程度までカバーするかはわかりませんが、全てをカバーするのは難しいかもしれませんね。

最後に

以上が、1秒マップ for ポケモンGOの危険性や簡単な使い方の紹介でした。

単独で動くアプリで、ポケモンGOとのアプリ連携もないため、危険性はほとんどないのが魅力的。

続々と機能も追加されていくみたいなので、どこまで使いやすくなるのか楽しみなアプリです。

スマホアプリ

メルカリの出品写真で位置情報がバレるのかを徹底解説
このページでは、メルカリの出品写真で位置情報がバレルのかを徹底解説しています。 スマホで撮った写真は危険なのか 最近、流行りのスマホフリマアプリ「メルカリ」。 スマホで簡単に商品の撮影ができて、楽々出品と出品者にとってはメリットが豊富です。しかし、安全性はきちんと保たれているのでしょうか。実はそうとも言い切れません。 出品時、必ず必要な写真がかなりネックになっています。商品写真には位置情報などの個人情報が盛り込まれている可能性もあるのです。 写真に含まれるExifとは ExifとはExchangeable image file format の略で、全ての写真についています。Exifとは簡単に言うと個人情報の束のようなものです。このExifにはさまざまな個人を特定する情報が盛り込まれています。 位置情報 撮影日時 スマホなどの機種名 著作者名 撮影時の詳細設定 などがもりこまれています。 これだけ見ても、一枚の写真を特にメルカリのような公共の場で流すという行為は、個人情報を全国へ晒している行為と何1つ変わ

続きを読む

今流行りの水彩加工アプリ「PORTRA」が想像以上に凄かった
【メルカリ】靴の梱包に最適な箱はどれ?キレイに梱包する方法を紹介
【メルカリ】梱包材は100円均一で揃えよう!服などの薄いものなら100均で充分
【メルカリ】出品写真が転用された!?パクられたときの対処方法を紹介

「スマホアプリ」記事をもっと見る