メルカリに目のマークが表示され閲覧数の確認が可能に!数字が減ることはあるのか?【新機能】

2017年の7月頃にメルカリのアップデートで商品ページに謎の「目のマーク」がつくようになりました。

ユーザー間では、この目のマークはいったい何なのか、そしてそのマークにはどんな意味があるのかが話題となっていました。

目のマークの正体は閲覧数だった

メルカリの商品ページに登場した目の正体は商品の「閲覧数」です。正直メルカリで商品を購入する側ではこんな機能つけて意味があるのか、と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

この閲覧数を足跡機能だと勘違いしている人もいて、もしかして自分がこの商品ページに来たことが出品者にバレてしまう?と不安になっている人もいますが実際はそんなことは全くなく、ただの商品ページにどのくらいの人が訪れたのかを図る機能なので安心してください。

閲覧数を導入した理由

メルカリ側が閲覧数を導入した理由は、出品者がより自分の出品した商品に対してどのくらいの需要があるのかを把握できるのが一番の理由だと思います。

例えば3日間出品したのに閲覧数が一桁だった場合は、この商品は需要がないのか、はたまた検索圏外に飛ばされてしまったのかが簡単にわかるでしょう。そうした場合は、検索ワードを変更するために商品タイトルを変えたり、再度出品し直すなどの修正ができます。

逆に閲覧数が思った以上に多い場合は、少し値段を上げたりしてユーザーの反応をチェックすることができるので、意外にも閲覧数は出品者にとってはメリットのある機能として働きます。

閲覧数を上手く使うことでメルカリでの売上が伸びる人もいるのではないでしょうか。

閲覧数の豆知識

閲覧数が減ることはある?

閲覧数が減ることは基本的にありませんが例外はあります

ただし、商品を一旦取り下げて再度出品し直すと閲覧数は減るというよりもリセットされてしまいますので注意してください。

また、閲覧数の表示は直近1ヶ月の閲覧数が表示されるので、時期によっては閲覧数が減ることはあります。1ヶ月近くも商品を出品し続けることはあまりないと思いますが、閲覧数が減ってしまった人はもしかしたらこの1ヶ月制限に当てはまってしまった人かもしれませんね。

閲覧数が0なのにいいね!などがついていて不気味

閲覧数が0なのになぜかいいね!がついてある商品があって不気味と感じる人がいると思います。この閲覧数が0なのに誰かにいいね!がされている理由は、「閲覧数の機能が導入される前につけられたいいね!」ということが考えられます。

閲覧数の目のマークが導入されたのは2017年の7月頃なので、それ以前にいいね!がつけられた商品についてはいいね!がついたままとなっているのでこのような現象が起こってしまうようです。

閲覧数は商品一覧ページ以外からは見ることが出来ない

実はこの閲覧数はマイページの出品した商品一覧ページからしか見ることはできません。商品の個別ページから見ようとしてもコメント数といいね!数しか表示されていませんので、閲覧数を確認したい場合は商品一覧ページから見るようにしましょう。

また、閲覧数は現在スマホアプリ(iPhone/Android)からしか確認できなく、パソコンのメルカリからは閲覧数をチェックすることが出来ません。(2017年7月21日現在)

今後はもしかしたらパソコン版でも閲覧数をチェックできるかもしれませんが、パソコン版のメルカリに関してはあまり期待しない方がいいでしょう。

閲覧数機能に対するメルカリユーザーの反応

この閲覧数機能に対するユーザーの反応はどんな感じなのか調べてみました。

閲覧数の表示は別になくてもいいよという人や、閲覧数の表示で出品がより面白くなったという人もいますね。また、最近のメルカリの色々なアップデートでついていくのがキツくなったという方もいらっしゃいます。

たしかに最近はライブ配信とか「コレ本当に導入する意味あるの?」という機能まで追加されているのでちょっとついていけないという人が出てくるのも仕方がないかなと思いますね。

最後に

以上が、メルカリの目のマーク「閲覧数」の紹介と、閲覧数に関する豆知識の紹介でした。

個人的には出品した商品のメンテナンス作業で使える機能だなと思うので、この閲覧数の表示は結構気に入っています。

メルカリで生計を立てている方は、この閲覧数機能を上手に使って売上を更に伸ばしていけるかもしれませんね。

メルカリのダウンロードと招待コード

メルカリのダウンロードはコチラ

招待コード:ZEPUPM

メルカリ登録時に招待コードを入力すると、最大10,000円分のポイントが貰えるくじ引きにチャレンジすることが出来ます。ぜひ登録時は、招待コードを使ってみてください。

スマホアプリ

メルカリの出品写真で位置情報がバレるのかを徹底解説
このページでは、メルカリの出品写真で位置情報がバレルのかを徹底解説しています。 スマホで撮った写真は危険なのか 最近、流行りのスマホフリマアプリ「メルカリ」。 スマホで簡単に商品の撮影ができて、楽々出品と出品者にとってはメリットが豊富です。しかし、安全性はきちんと保たれているのでしょうか。実はそうとも言い切れません。 出品時、必ず必要な写真がかなりネックになっています。商品写真には位置情報などの個人情報が盛り込まれている可能性もあるのです。 写真に含まれるExifとは ExifとはExchangeable image file format の略で、全ての写真についています。Exifとは簡単に言うと個人情報の束のようなものです。このExifにはさまざまな個人を特定する情報が盛り込まれています。 位置情報 撮影日時 スマホなどの機種名 著作者名 撮影時の詳細設定 などがもりこまれています。 これだけ見ても、一枚の写真を特にメルカリのような公共の場で流すという行為は、個人情報を全国へ晒している行為と何1つ変わ

続きを読む

【メルカリ】靴の梱包に最適な箱はどれ?キレイに梱包する方法を紹介
【メルカリ】梱包材は100円均一で揃えよう!服などの薄いものなら100均で充分
【メルカリ】出品写真が転用された!?パクられたときの対処方法を紹介
メルカリで分割払いできるように!分割手数料ややり方などを徹底解説

「メルカリ」記事をもっと見る