メルカリトラブルの事例集!商品が横取りされたり届かない時はどう対処する?

メルカリを利用していると高確率で遭遇してしまう、出品者と購入者によるトラブル。そのトラブルは喧嘩のような単純なものもあれば、ちょっとこれどうすんだよという大きなトラブルまで様々あります。

そこでこのページでは、実際にメルカリではどんなトラブルに遭遇することがあるのかの事例と、トラブルが起きた時の対処方法について説明していきます。

よくあるトラブル事例集

1.商品が届かない

メルカリで一番多くあるトラブルは「商品が届かない」というトラブルではないでしょうか。購入して支払いを済ませたのに3日経っても商品が発送されない…。

その時にまず確認してもらいたいのが、購入した商品の出品までの発送までの日数という項目です。この項目は、

  • 1日~2日で発送
  • 2日~3日で発送
  • 4日~7日で発送

の3つの項目が用意されていて、もしかすると購入した商品の発送までの日数が「4日~7日で発送」に設定されているのかもしれません。その場合は最大1週間は待ちましょう。

もし1週間経っても発送連絡がない場合は、一度出品者に連絡をしてみてください。それで返答がない場合はメルカリ運営事務局にお問い合わせをして、商品の購入をキャンセルしてもらいましょう。

2.不良品が届いた

メルカリで購入した商品がいざ手元に届いてみると、商品ページではジャンク・動かない等書かれていなかったのに手元にある商品は不良品だったというケースもよく有ります。

その場合は絶対に受取評価をしないでください

受取評価をしてしまうと、その後その出品者との連絡手段がなくなってしまうので、不良品だったから返品したいという事実を伝えることができません。

もし不良品だったから交換して欲しい、返品して欲しいと言っても応じてくれない場合はメルカリ運営事務局にお問い合わせをしましょう。基本的に商品の説明欄に「ノークレーム・ノーリターン」などが書かれていても、メルカリではこの記述は一切意味を持ちません。

メルカリの公式ツイッターでも上記のように書かれているので、ヤフオクなどで見かける3Nはメルカリでは効果がないので、届いた商品が不良品だった場合強気に出ても大丈夫です。

3.偽ブランドを掴まされたor偽ブランドと言い張られた

まず購入者側のトラブルですが、商品ページでは正規のブランド品と書いていたにも関わらず偽物のブランドが届くケースもあります。鑑定に出して鑑定結果証明書を提示すれば大抵の出品者は折れて返品に応じてくれます。

それでも応じなかった場合は、鑑定結果証明書をメルカリ運営に提示したりしてキャンセルしてもらうように動いてもらいましょう。

逆に出品者側のトラブルもあります。

鑑定結果証明書でも正規品と出ているものを購入してもらったにも関わらず、「これは偽物だから返品しろ」と言ってくる購入者もいます。

その場合、本当に偽物なのかどうか鑑定結果証明書を見せてもらうか、こちらで予め用意していた鑑定結果証明書を相手に見せましょう。

高額ブランド品の取引はトラブルが起きやすく、悪徳業者が予め偽物のブランドを用意しておいて、正規品を購入してその商品とすり替えて偽物だと騒ぐケースがあるそうです。

返品に応じると、今度は偽物のブランド品が自分の手元に送られてくる可能性があるので、正規のブランド品を出品する場合は自分で鑑定結果証明書を予め用意して置くと良いでしょう。

その後メルカリ運営事務局に事情を話して対応してもらうしかありません。

4.商品の横取り

これもメルカリでよくあるトラブルの一つです。

専用出品にしていたにも関わらず第三者が購入してしまうというトラブルです。これは一見第三者が悪いように見えますが、実はメルカリの規約には違反していないのでメルカリ運営事務局に言っても対応してもらえない可能性があります。

専用出品などは、いわゆるメルカリユーザーでの独自ルールとなっており、メルカリでは独自ルールを禁止しています。もし、このトラブルに見舞われてしまった場合、ユーザー同士で話し合いをして解決するしかありません。

基本的に購入した人がキャンセルしないと、その商品の取引は続いたままなので、キャンセルしてもらいたい旨を伝えるか、取り置きを頼んでいた人に諦めてもらうかの2択となります。

一番やってはいけないのが、取引が続いているその商品を再度専用出品にして本来購入して貰う予定だった人に買ってもらうことです。もしその商品が2つあるのなら良いですが、商品が一つだった場合はもちろん横取りした人に商品は送れないので絶対に大きなトラブルに発展します。

このようなトラブルを避けたいのでしたらプロフィールや商品の説明欄に「専用出品はしない」という記載を追加するようにしましょう。正直面倒くさいだけですよ。

5.評価のトラブル

メルカリでは、商品を受け取った後に相手を3段階で評価するシステムが有るのですが、それによるトラブルも何点か存在します。

一つは、評価をしてくれないのでいつまでも売上金を受け取れないというケース。これはすぐに売上金が欲しい人にとっては死活問題ですね。一応メルカリの規約で、「発送通知から10日前後経つとメルカリ運営事務局に自動受取評価依頼をだせる」という項目があり、売上金を受け取れるようになります。

一度メッセージなどで評価を促したほうが良いのですが、最近は受取評価をしてくれない人も増えてきたような気もします。その場合は渋々10日前後待つしかないのが辛いところですね。

2つ目のトラブルは、悪い評価を付けられたことに対するトラブルです。少しでも自分の気に入らない部分があったらすぐに悪い評価をつけてくる神経質な方もいます。

また、悪い評価をしてしまったことにより、相手から「弁護士を雇って裁判を起こす。今すぐ評価を変更しろ」と脅してくる人もいます。訴えても意味はないので、こういう人はブロックしてしまえば良いと思います。

6.送料によるトラブル

メルカリで送料込みで購入したと思っていた商品がいざ届いてみると、着払いとして伝票が届いてしまうトラブルは意外とあります。まず1つ確認してもらいたいのが、本当にその商品は送料込みの商品だったのか、ということ。

それで送料込みの商品と確認ができたら、メルカリ運営事務局に連絡をしましょう。そうすると、メルカリ側から「商品購入代金から、送料を差し引いた分の料金の支払い請求となるので大丈夫」という感じの回答が返ってきます。

最初に出品者と連絡を取る人もいますが、高確率でゴネる人、無視する人ばかりなのでメルカリの運営事務局に直接問い合わせをしたほうが早いです。

稀にある珍しいトラブル事例集

1.発送事故により商品が届かない

これはあまり体験する人は多くないのですが、メルカリで買った商品を送ってもらった際に何日かしても届かないことがあります。きちんと発送通知はされているのになぜ…という場合は発送事故を疑いましょう。

特に発送事故が起こりやすいのは「普通郵便(定形外)」で送られたときです。定形外は商品の保証をメルカリ側でも出来ないので、そのまま泣き寝入りするか一度郵便局へ問い合わせをするしかありません。

定形外の郵便が紛失した場合は「郵便局側も探しているが商品が見つからない」ということもあるみたいなので、必ず返ってくる保証はありません。

商品が届かない場合は出品者と相談して、料金を半分負担してもらうなどをしてもらいましょう。とりあえずまずやるべきことは配送会社へ調査依頼を行うように出品者に相談することです。

2.ゲームの箱が送られてくる

Nintendo Switchが販売開始されてからよくあるトラブルで、ゲーム本体ではなく写真に写っているゲームの箱が送られてくるトラブルが相次いでいます。

商品の説明をわざとわかりにくく改行もされていない長文で掲載して、購入者を騙すやり方になります。Nintendo Switchは品薄のゲームハードなので、オークションなどでも高値で取引されており、その中で定価の状態で出品されていたら誰かに買われる前にさっさと買わなきゃ!となって商品の説明を読まないで購入する人が多いようです。

箱だけ詐欺という手法は昔から存在している手法(昔はiPadなどで頻繁に多発)なので、知っている人は買わないかと思いますが、その手法を知らない人は騙されて購入してしまうので注意しましょう。

間違って購入してしまった場合も受取評価は絶対に押さずに、素早くメルカリ運営事務局へ相談しましょう。運が良ければキャンセル扱いになることもあります。

トラブルにあった時の対処方法

トラブルにあったときにやってほしい対処方法は大きく3つあります。

  1. メルカリ運営事務局へ相談する
  2. 出品者へ相談する
  3. 受取評価は絶対にしない

とにかくトラブルの被害にあったら出品者と一度相談すると思いますが、中には話の通じない出品者、元から騙し目的で販売している方も多く存在しています。

そのような方々と話し合いは到底不可能ですので、さっさとメルカリ運営事務局へ相談したほうが話がスムーズに進むでしょう。

また、相談する前に受取評価は絶対にしないようにしてください。受取評価をした後だと出品者との連絡も取れなくなりますし、売上金をさっさと使って逃げる人もいます。

まずはトラブルにあったらこの3点を抑えて、無事に問題を解決できるように動きましょう。

トラブルに遭う前に必ずやっておきたいこと

何かしらのトラブルに遭いやすい人は共通点があります。

  • 商品の概要を読まない
  • プロフィールを確認しない
  • 出品者、購入者の評価を見ない

不意の事故によるトラブルは防ぎようがないですが、商品が発送されないだとか、騙されないようにするにはとりあえず上記3点をしっかりと確認すればほとんど防ぐことが出来ます。

例えば自分が出品者だとして、商品の説明欄に「一度プロフィールを一読してから購入してください」と書いていたとして、プロフィールには「専用出品をしない」と書いているとします。

その時にコメント欄で「専用出品にしてもらえませんか?」というユーザーがいたら、その人は無視しちゃっても構いません。そういう人はトラブルを起こしやすい傾向にありますので関わらないほうが良いです。

メルカリは年齢層の幅が広いので、必ずしもネットリテラシーが高い人ばかりではないので、ある程度のトラブルに遭うことはあるでしょう。ですが、事前に自分で対策をしておくことでトラブルの確率をグッと下げることが出来るので、今回紹介した対策方法は実践してみてはいかがでしょうか。

最後に

以上が、メルカリトラブルの事例集と、トラブルに遭ったときの対処方法や、トラブルに遭う前にやっておきたい対策方法の紹介でした。

トラブルに遭った時は冷静に対処するようにしましょう。まずは出品者や購入者と相談し、それが無理そうならメルカリ運営事務局に問い合わせするなどしてください。

メルカリのダウンロードと招待コード

メルカリのダウンロードはコチラ

招待コード:ZEPUPM

メルカリ登録時に招待コードを入力すると、最大10,000円分のポイントが貰えるくじ引きにチャレンジすることが出来ます。ぜひ登録時は、招待コードを使ってみてください。

スマホアプリ

メルカリの出品写真で位置情報がバレるのかを徹底解説
このページでは、メルカリの出品写真で位置情報がバレルのかを徹底解説しています。 スマホで撮った写真は危険なのか 最近、流行りのスマホフリマアプリ「メルカリ」。 スマホで簡単に商品の撮影ができて、楽々出品と出品者にとってはメリットが豊富です。しかし、安全性はきちんと保たれているのでしょうか。実はそうとも言い切れません。 出品時、必ず必要な写真がかなりネックになっています。商品写真には位置情報などの個人情報が盛り込まれている可能性もあるのです。 写真に含まれるExifとは ExifとはExchangeable image file format の略で、全ての写真についています。Exifとは簡単に言うと個人情報の束のようなものです。このExifにはさまざまな個人を特定する情報が盛り込まれています。 位置情報 撮影日時 スマホなどの機種名 著作者名 撮影時の詳細設定 などがもりこまれています。 これだけ見ても、一枚の写真を特にメルカリのような公共の場で流すという行為は、個人情報を全国へ晒している行為と何1つ変わ

続きを読む

【メルカリ】靴の梱包に最適な箱はどれ?キレイに梱包する方法を紹介
【メルカリ】梱包材は100円均一で揃えよう!服などの薄いものなら100均で充分
【メルカリ】出品写真が転用された!?パクられたときの対処方法を紹介
メルカリで分割払いできるように!分割手数料ややり方などを徹底解説

「メルカリ」記事をもっと見る