コバエ用めんつゆトラップの作り方を写真つきで解説!洗剤の入れすぎは注意

夏になるとキッチンやダイニング周りでプーンと変なものが徘徊し始めます。そう、コバエは何故か知らないうちに家の中に発生してしまい、私達をイライラとさせてしまいます。

そんなウザったいコバエを捕獲するのに便利なのが「めんつゆトラップ」。今回の記事では、コバエ用めんつゆトラップの作り方を写真付きで解説していきます。

また、めんつゆトラップ以外のコバエ取りグッズやめんつゆトラップの捨て方もも最後に合わせて紹介。

めんつゆトラップの仕組みと効果

コバエを仕留める役割として有名な「めんつゆトラップ」ですが、一体どんな仕組みでコバエがトラップに引っかかってしまうのか、そのめんつゆトラップの効果をまずは簡単に解説。

めんつゆトラップでは大きく以下2つのアイテムが効果を発揮します。

  • めんつゆ
  • 洗剤

まず、めんつゆを入れることで少量のアルコールや香りなどでコバエを呼び寄せる効果。そして、洗剤でおびき寄せたコバエを表面張力でキャッチするという結構シンプルな仕組みとなります。

身近に存在するものでコバエ取りが出来るので、主婦の方々から人気があるのも頷けるトラップだなと感じます。

ここで一つ疑問があると思います。それは、アルコールで惹きつけるならめんつゆじゃなくてみりんや調理酒、ビールなどでも良いんじゃないか、ということです。

たしかに一見有効的だなと感じるのですが、コバエというのはアルコールの他に「腐敗臭」や「発酵臭」も好物です。めんつゆは発酵食品である醤油がベースの液体なので、コバエにはわかるような発酵臭が出ているのかもしれません。

コバエ駆除用めんつゆトラップに必要なもの

それでは、コバエ駆除用のめんつゆトラップを作るために必要なものを紹介していきます。次の5点があれば簡単にトラップが作れます。

  • めんつゆ
  • 台所用洗剤
  • ペットボトル
  • カッター or ハサミ

用意するペットボトルは500mlのペットボトルで大丈夫です。2Lくらいあるような大きいペットボトルだと置き場所にも困ると思いますので。

あとはこれらを組み合わせてめんつゆトラップを作っていきましょう。

めんつゆトラップの作り方

では用意したアイテムを使ってめんつゆトラップを作っていきます。

まず、ペットボトルの底の部分を使いたいので、高さがだいたい3cmくらいになるようにペットボトルをカッターで切っていきます。

この時使うペットボトルですが、いろはすのようなタイプの柔らかいペットボトルを使うことをおすすめしています。柔らかいペットボトルだとカッターで簡単に切れるので怪我のリスクの最小限に抑えることが可能だからです。

切り終わったら水を入れていきます。水は底面が隠れるくらい入れてしまいます。

次にめんつゆを入れていきます。めんつゆは水と同じ分量くらいか少し濃いくらい入れると良いでしょう。

めんつゆを入れ終わったら一度かき回してください。

そして最後に台所用洗剤を数滴入れます。個人的にはそこまで大量に入れる必要はないと感じています。薄っすらとめんつゆトラップの表面に膜ができるくらいあればいいので、4滴くらい垂らすと調度良いかと。

これでめんつゆトラップの作成は終りとなります。

あとはこれを三角コーナーの近くに置いたりして一夜明けるとごっそりコバエがトラップに引っかかっているでしょう。

実際にめんつゆトラップをしかけると一晩でこんなにコバエが取れるみたいです。…めっちゃ多いですね…。

コバエ捕獲後のめんつゆトラップの捨て方

コバエを捕まえたら最後はめんつゆを捨てなきゃなりませんよね。捨て方は火葬とかトイレに流すなど色々とあるのですが、ゴミの日に一緒に捨ててしまえば良いと思います。

ペットボトルの底はまた再利用できるので残しておいて、中身はポリ袋などに入れて燃えるゴミとして出してしまえばいいでしょう。

あと、何日も同じめんつゆトラップを設置しておくのはNGなので辞めておきましょう。交換頻度としては2日~3日くらいがベストだと思います。それ以上の日にちを常温で保存しているとウジが湧いたりするので、なるべく長期間の放置は避けるようにしてください。

めんつゆトラップ以外でコバエ駆除ができるグッズ

めんつゆトラップはコスパも良いですが、なんとなく抵抗のある人がいるかもしれません。なのでそういった場合は市販されているコバエ駆除グッズを購入するのが良いでしょう。

コバエも種類があって、めんつゆトラップに引っかかる種類もいれば、めんつゆトラップに引っかからない嫌らしい種もいるのです。一般的にめんつゆトラップに引っかかるのは家庭内でよく出現するジョウジョウバエかノミバエとなります。

1.吊るすタイプのコバエ駆除トラップ

自宅に小さい子供がいる家庭では、子供の手の届く範囲にめんつゆトラップを置いてあると不安ですよね。間違って飲んだりしたら洗剤が体内に入ってしまうことになるので大変…。

そういったご家庭におすすめなのが「吊るすタイプのコバエ駆除トラップ」です。

安価でコスパも良く、評判も中々良い吊るすタイプのコバエ駆除トラップ。捕獲率も悪くないみたいなのでおすすめです。

最後に

以上が、めんつゆトラップの作り方の紹介でした。

コバエが発生しやすい季節は大活躍間違いなしのアイテムです。家庭にある身近なもので簡単に作れますので、コバエに悩んでいる方はぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

ライフスタイル

防音マイクのおすすめまとめ!深夜にスカイプや通話をする人に最適な商品
このページでは、おすすめの防音マイクを紹介しています。 家族がいる家の中で深夜にスカイプ(ボイスチャット)や通話をするときに気をつけたいのが、声が周りに聞こえていないかということです。特に夜は家族が寝ている場合がありますので、なるべく静かにしたいものです。 そんな時に活躍するのが今回紹介する防音マイク。防音マイクを使うことで、大きな声を出しても周りに響きにくくなります。 防音マイクとは 防音マイクとは、自分の声をなるべく外部に漏らさないようにするために作られたマイクです。作り自体は単純で、マイクの周りに防音マスクのような囲いを作って声の反響を抑える仕組みです。 しかし、防音マイクだからといって完全に音声の漏れを抑えることはできません。体感5割くらいのボリュームカットで出来ていればいいかな、という感じでした。 5割くらいカットできるのでしたら深夜の通話やスカイプなどでは問題無いかと思います。一人カラオケをするとなると、話し声くらいに音量がカットされると思ってください。 防音マイクのメリット・デメリット メリット 1.ある程度の音量はカットできる

続きを読む

着る毛布おすすめ5選!子供から大人まで着られるあったかグッズ【2017年版】
人生初はやぶさのグランクラスに乗車してみた感想!サービスは食事には大満足だった
冷房とドライ(除湿)の違いとは?エアコンの電気代はどっちが高くなるのか
コバエ用めんつゆトラップの作り方を写真つきで解説!洗剤の入れすぎは注意

「ライフスタイル」記事をもっと見る