【ブログ収入】2月の確定収入とブログを教えている子を見て感じた稼げない人の特徴を書いていく

どうもないとうです。

今回の記事では2月のブログ収入をサラッと書いて、現在ブログを教えている子を2ヶ月ほど見て感じた事を書いていきます。心の弱い方は回れ右してください

2月の確定収入

えーと、まずサラッと2月の確定収入を箇条書きしていきますね。私のブログの半分以上の収益はASP経由となっています。端数は省略してアバウトに書いていきますね。

  • Amazon:¥202,000
  • アドセンス:¥180,000
  • A8.net:¥89,000
  • アフィB:¥30,000
  • クローズド:¥24,000
  • VC:¥14,000
  • 合計:¥539,000

確定収入なので合計金額がこのまま口座に入ってきます。よくありがちな収入報告として、発生報酬とアドセンス等をごちゃまぜにして報告する人がいるのですが、あれは正直あまり良くないです。

ASPメインの人だと確定報酬が決まった時に落胆するケースが非常に多いです。確定率が低い案件を紹介していたら最悪ですよ。私はそれを経験済みで、とある案件で未確定報酬ベースで1ヶ月¥300,000近い報酬を発生させました。

ですが、実際に2ヶ月後に確定された収益は¥40,000程度でした。この時はASPのランクが低かったので確定率などを見ることが出来ずに大損してしまったのですが、これをきっかけに発生報酬ベースでの収益計算はしないようにしました。

ですので、収益報告する際は確定報酬で報告をしましょう。発生報酬なんてお金をかけて無料案件を紹介しまくれば簡単に100万くらい発生しますからね。

2月のPV数

PV数は約43万PVでした。1月の冬休みが終わった+日にちが普段の月より2~3日短いこともあり43万PV程度に落ち込みました。12月、1月のバブルは凄まじい威力がありますね。20万PVほど落ち込むとは思いませんでした。

ですが、実は収益ベースでいうとほとんど変わっていません。なのでそこまで落胆しなくてもいいかなと思います。2月の作戦は仕込み記事の作成だったので、芽が出るまで多少時間はかかりますので。

2月を振り返って

簡単に2月はどんなこと活動をしてきたかを書いていきます。2月は個人事業主として働き始めたという事もあり、税務署や役所などに出向くことがあり、ちょっと忙しかったかなと思います。新しく事業用の銀行口座を2つ作ったりもしたので正直な所、はてなブログのほうはあまり更新しませんでした。

新しいブログを2つともう一つキャッシュポイントを作ることに

個人事業主になったということは、一応このネットの世界で生きていく決心がついたということでもあるので、さすがに一つのブログのキャッシュだけじゃ不安かなと感じましたので、新たなキャッシュポイントを作ることにしました。

2月の中盤くらいに新しいブログを2つ立ち上げて、1つは外注さんを雇って記事を書いてもらっています。完全外注ブログは芽が出るまでに最低でも半年はかかると見ています。もう一つのブログに関しては、私が更新していくブログに。こっちのブログは、とある事のために、完全にアクセスだけを集めまくるブログメディアです。

その”とある事”というのが2月にブログとは全く違う方面で始めた、新たなキャッシュポイントになります。2月はそのキャッシュポイントの準備と実践で少々時間とお金を取られた形になりますが、なんとか4月頃に第一の芽が咲けばいいなという感じで進めています。

リスク分散は大事

副業でブログをしているのでしたらそこまで気にしなくてもいいのですが、これからブログを使って稼ぎまくって独立してやるぜ!という人は、ある程度稼げるようになったらリスク分散をしていきましょう。

ブログというのは結局のところ”Googleさまの気分次第”という部分が大きいので、もし些細なことでアドセンスが剥奪されたり、検索圏外に飛ばされたりしたら、明日から1文無しとなってしまいます。

ですので本気でブロガーとして生きていく、アフィリエイター、ネットビジネスで生きていくと言う人はある程度違うプラットフォームで収益が挙げられるようにしていきましょう。

とりあえず2月の反省と報告はこんな感じです。漫画は読みまくりましたが、やることはしっかりやって生きてます。

では次に今回の記事の本題についてお話ししていこうと思います。

ブログを教えている子を見て感じたこと

実は今年の初めから2人ほどにブログの作り方を教えています。その二人A君、B君と仮定しましょう。初めにA君とB君にブログを作って最終的にどうなりたいのか聞きました。その回答がコチラ。

  • A君:2018年までにブログで稼いで独立したい
  • B君:副業として月10万円以上欲しい

どちらもブログを作ったことのない全くの初心者で、スタート地点は同じでしたが、最終的なゴールはやはり異なっていました。難易度的に言うとA君の方が難しいですよね?

で、この二人に2ヶ月ほどスカイプでキーワードの選び方やらネタの選び方、ブログの書き方などを教えてきました。そして2月が終わったころにその二人では差がついていたんですよね。それもかなり大きな差が。

実際に二人が2月の終わりに「発生報酬ベース」であげた金額を書くと次のようになりました。

  • A君:¥1,800
  • B君:¥35,000

いやー凄い差がつきましたね。

正直こんな差が生まれる物なんだと感心しました。ゴールの簡単な、副業として月収10万円を目標としているB君の方が稼げているのです。

もちろんネタ選定やキーワード選定などで最初は多少センスで左右されるのですが、ハッキリ言うとA君の場合は全く上達していません。1月の初めとあんまり変わらないんですよね。

そこで昨日は、「どうしてこんなに差がついたのかなー」とずっと考えていました。そこで彼らのブログやスカイプ内容を見返して、「なるほど」という回答を得られたので、せっかくの機会だしはてなブログのほうに書いちゃおうかなと思いました。

というのも、たぶん世の中ってA君タイプの方が圧倒的に多いと思うんです。9割くらいはA君で社会は構成されているんじゃないかなとも感じるようになりました。おそらくここもA君タイプが多いのではないかなと思っています。

それでは、結局彼らの差はなんだったのかを書いていきますね。

A君とB君の差

結局、なぜたった2ヶ月でA君とB君はこんなに差がついたのかというと、何点かポイントがあるので一つ一つ説明していきます。

トライ&エラー

まず2ヶ月たった時点で、記事数に大きな差がついていました。

  • A君:22記事
  • B君:72記事

B君は凄い頑張って書いてます。最低でも1日1記事は書くというノルマを達成していますがA君は2日に1記事未満という結果に。

記事数は関係ないとよく言う人がいるんですけど、それはある程度記事を書くことに慣れている人なら言える言葉です。全くの初心者の場合とにかく記事を書きまくらないと、何がダメで何がOKなのかの境界線を自分の中で確立できないんですよ。

で、B君は書いて書いて書きまくっているおかげで、タイトル選定もめきめき上手くなっていきましたし、ネタの選び方も多分私より上手いんじゃないかなってくらい上達しました。

なんでこんなに上手くなるのかというと、B君はトライ&エラーを繰り返しているので、失敗という経験を蓄積しまくっているからなんです。要はどんなものが失敗するのがわかってきているので、それを避けるだけで成功に近づくわけです。

自分で失敗体験のない人は、そんな蓄積はされないので成功する確率も当然低くなります。逆に成功体験を先にしてしまうとどうなるかというと、攻め手に欠ける状態になります。

たまたま最初に成功したやり方しか知らないので、もしその方法が通用しなくなったらもう攻め手がないのです。で、色々やろうとするけれども当然最初は失敗するわけなんですが、その時に「あの時の成功体験が忘れられない」状態になってしまう人も多く、挫折してしまうのです。

そこを乗り越えるともっともっと稼げるようになります。なのでめげずに自分の感情を捨ててトライ&エラーに積極的に励んでください。

モチベーションという悪魔

モチベですよ!モチベ!モチベあげてガンガンいこうぜウェーイ!!!

はあ…モチベっすか…?

ブログを書くのにモチベが本当に必要なんでしょうか。そもそもモチベをあげなきゃブログを書けないようじゃよっぽど運が良くないと稼げないっすよ。ブログを通して何かを得たいんだったらモチベはう●こと一緒に便所に流して来て下さい。

A君の場合稼ぎたいって目標があるはずなのに、「今日は疲れて眠ってしまいました」「明日から頑張ります」「今日はちょっと書けませんでした」。疲れて書けないってのはまだわかるけど、今日はちょっと書けませんでしたって何なんだよ。

結局自分の気分次第でやるかやらないかを決めてるようじゃ、目標達成するまでに相当時間かかるよ。モチベーションって本当に糞みたいな言葉だと思う。意識高い系の人が好んで使うような言葉だろうな。意識高い奴だったら、感じるより先に手を動かして行動するはず。だから成功する人が多いと思うんです。

もうね、ブログを書かないと不安になる、身体が火照ってウズウズしちゃうってくらいになってください。私は本当に不安になります。1記事書かなかっただけで明日から収益ないんじゃないかってくらい不安になります。

モチベとかそんなもんは既に置き去りにしてきた。というか目標があるなら捨てて下さい。

アウトプットが少ない

A君は色々と情報収集してブログのネタ選定やワードプレスの使い方などを調べたと日報を送ってくれるのですが、実際にブログを見てみると全然インプットした内容をブログに反映させてないんですよ

でもこれって凄いありがちな事だと感じました。おそらくこの記事を見ている人の中には、「どうすればアクセス稼げるんだろう」「副業ってどうするんだろう」「ブログで収益をあげるにはどうすればいいんだろう」といった悩みを持っている人がいるかもしれません。

そんな悩みを持っている人がする行動って2パターンくらいなんですよ。

  • 評判の良さそうな情報商材を買う/ゼミに入る
  • 稼いでいる人の報告ブログを見て何かを得る

別にこれは悪いことではないですし、むしろ実際に稼いでいる人から何かを得るという行為は積極的にやってください。

でも何かを得たとしても、それを全く実行しなかったらどうでしょうか。知識を得た意味ないですよね。それか、少し実践してみて全く稼げなかった、アクセスが集められなかったと言って、途中でその知識を放り投げて、新しい知識に食いつく人もいます。

昔Twitterか2chで見た1枚の画像を思い出してしまいます。2人の絵描きがいて、片方は描いて描いて描きまくってだんだんと上達していくのに対し、もう片方はネットで知識だけを蓄えて全く手を動かさない、という画像です。(多分有名なので調べれば出てくるかも)

世の中アウトプットをいっぱいする人、行動の早い奴が勝つ仕組みになっているのにいい加減に気づいてくれ。A君は蓄えた知識を俺に見せてくれ。

何のためにブログを書いているのかもう一度考えてほしい

ブログを書く理由って人それぞれだと思うんですよ。例えば、

  • ブログでお金を稼ぎたい
  • ブログを通して色々な人とつながりたい
  • 自分の知識の備忘録とする
  • インプットした知識を世に広めたい
  • 自分の好きな事をとりあえず書き留めたい

パッと思いついただけでも5個くらいでてきました。もちろんこれ以外にも理由はあると思うのですが、まず最初に自分がブログを始めたきっかけを思い出してほしいです。

私の場合は、ブログを通してまずは「お金を稼ぎたい」という思いが強かったので、そのために色々なものを捨てて、たった半年で独立しました。なので、徹底的にお金を稼ぐための記事というものを勉強して書いてきました。初志貫徹です。

なのでA君にはもう一度原点に帰ってもらいたい。何のために自分はブログを書いているのかを多分見失っているところがあるので、もう一度しっかり話し合いたいと思っています。教えている以上、A君が伸びないのは自分のせいでもあるので。

この記事を読んでくださっている方にも、もう一度何のために自分はブログを書いているのかを振り返ってもらいたいです。その方向性で突き進んで、目標は達成できているのか、ブレていないのかを確認してみて下さい。

最後に

以上が、2月の確定報酬の報告と稼げない人の特徴でした。久々に感情的になった気もするけど、A君をどうにかして方向性修正させられるように頑張ります。

3月もがんばるぞい。

メディア運営

はてなブログで100記事投稿し約6ヶ月が過ぎたのでPV数の推移などを書いていく。ワードプレス運用も検討中
こんにちはないとうです。 今日は久々に完全にSEO抜きの雑記を書くということで、はてなブログを本格運営して約6ヶ月が過ぎ、PV数はどのように推移していったのか、そして今後はどのようにブログを運用していくのかを書いていきたいと思います。 とりあえず今回は無事はてなブログのみで100記事投稿まで出来たので、それを記念しての記事となります。 はてなブログを使おうとしたきっかけ 最初に、はてなブログを使おうと思ったきっかけをお話していきます。 一度は使いたかったから。というのはもちろんありますが、それ以外にもちゃんとした理由はあります。 私はこのブログの他に月間60万PVのブログ、完全アフィリエイト特化のブログの2つをワードプレスで運営していたのですが、その運用中にワードプレスではなくはてなブログで書かれた記事が自分の検索順位の上位に来ていることがたまにありました。 そしてそのブログを見て感じたのが、 「なんでこんなペラッペラの記事で上位とれてんねん」 「内部SEOも微妙やん…はてなに何か秘密あんのかな」 という2つの疑問が浮かび上がってきま

続きを読む

【ブログ収入】2月の確定収入とブログを教えている子を見て感じた稼げない人の特徴を書いていく
Amazonでの売り上げが750万円/月を記録するまでにやったこと
クリップボードツールCliborを使ってよく使う定型文を保存しておくと超便利で病みつきになるぞ
【ワードプレス】コメントやお問い合わせにIP制限をかける方法

「メディア運営」記事をもっと見る