Amazonでの売り上げが750万円/月を記録するまでにやったこと

どうも、ないとうです。

Amazonにて1月の売り上げをチェックしていたらついに750万円を突破することができました。実際にこちらに入ってくる報酬は750万円ではありませんが、とりあえず過去最高記録を打ち出せたので良かったです。

ネットでブログを書き始めたのが2016年の9月頃でようやくここまで来れました。そこで今回の記事では、Amazonの売りあげを伸ばすためにやってきたことをご紹介していきます。

2017年1月の報酬

と、まあ本題に入る前に1月の報酬について簡単に触れたいと思います。ザックリとした報酬はこんな感じです。

  • アドセンス:198,000円
  • Amazon:210,000円
  • 確定ASP:120,000円
  • 未確定ASP:220,000円

ASPを確定分だけ考慮すると、2017年1月の報酬は528,000円となります。アクセス数はそこまで変わっていませんが、12月より報酬は伸びています。

Amazonの売上合計はコチラ(後で削除するかも)

だいぶ隠してますが、7,xxx,xxx円なので700万円以上は売り上げているのが分かるかと思います。Amazonで一番報酬が低いとされる2%くらいだと仮定しても、最低150,000円は手元に入ってきます。

今回はかなりAmazonが頑張ってくれたおかげで、イイ感じの報酬になりました。

Amazonでの報酬を伸ばすには

私がAmazonイケると気づいたのは2016年12月です。何に気づいたかというと、コチラ。

  • 購入へのハードルが低い
  • 売りやすい
  • 24時間のクッキーは強い

まず思ったのが、購入へのハードルが非常に低いことです。Amazonで取り扱っている商品は様々あり、値段も3桁だったりとお得なものがたくさんあります。ASPの商品だとどうしても高額商品になりがちになので、そういった意味でユーザーの購買意欲が低くなってしまいます。

ですが、Amazonというのは誰でも知っている大型ネットショッピングモールみたいな立ち位置なので、買う方も「安心」、「発送も早い」というプラスに働くポジティブな感情を抱いている方も多いです。

私もAmazonはなんとなく信用できるし、モノが揃っているので1ヶ月で何回も利用します。そういったこともあり、Amazonってのはモノをおすすめしやすいのです。怪しいショッピングサイトから買うより、Amazonに同じ商品があったらAmazonから買いませんか?

あとは24時間のクッキーは大きいです。一度気になって商品を見ると、そこから24時間はクッキーが残ります。そうした場合、紹介した商品を購入せず他の物を購入してもこちらの利益になるので非常にやりやすく感じました。

1月にやったこと

実は12月の段階でAmazonの報酬は70,000円前後でした。ですが、なぜ1月になってここまで報酬が伸びたのか?それにはもちろん私の作戦が成功した部分があります。今回はその秘密を少しだけ紹介します。

私が1ヶ月で750万円の売り上げを記録できた理由は、ズバリ「トレンド 」。もちろん1年間通しで継続して検索されるようなものも仕込んできましたが、1月はトレンドを狙いにいったのが大きいです。

トレンドと言っても、トレンドニュースにただ適当にAmazonリンクを貼るのではなく、トレンドに絡めた商品を売ったから売り上げを伸ばすことができました。

ようはダイレクトに商品を売るのではなく、間接的に商品を売る方法です。人間ってのは不思議なもので、ごり押しされた商品ってあんまり購買意欲がわかないのです。むしろ、記事の中で自然と出てきた商品の方が買ってくれる率が高いです。

ザックリ言うと、報酬を伸ばすのでしたらこの基本さえ押さえておけば売れるかなと感じました。

購買層を考える

検索する人の割合って知っていますか?これが結構重要で、意外と購買意欲が高い人って少ないんですよ。

  • 今すぐ客:10%
  • お悩み客:20%
  • それ以外:70%

検索エンジンを使う人は、だいたいこんな感じで分類されています。

例えばワンピースというマンガが気になるA君がいます。この人はまだワンピースを読んだことがなく、友達が面白いよと勧めてくれました。

そこで、ワンピースってどんな漫画なんだろうと検索してきます。この人が上でいう「お悩み客」に分類されます。ですので、「ワンピースの感想」などで記事を書いたりしている人が、面白いな、買ってみようと思わせられるような記事を書けば商品をA君は買ってくれますね。

ですが、この割合を見て気づいたかもしれませんが、お悩み客や今すぐ客ってたったの30%しかいないんです。正直ここの層を狙うってのは凄く厳しいです。ここのキーワードというのは個人だけでなく、企業も狙っている層なので、全力で戦えば個人ブロガーは99%負けます。

なので私は、本当に商品を売りたいときは「それ以外の層」を狙うようにしています。これが今月のAmazonの売り上げにもつながっている部分です。

ちょっと抽象的なお話しですが、分かる人だけ分かればいい話かと思って購買層のお話しをさせていただきました。

最後に

以上が、Amazonの売り上げを伸ばした方法の紹介でした。

2月はおそらく売り上げが落ちるかなと思います。理由は他のビジネスも1月末から始めたので、それの準備と実施でかなり時間をとられているからです。

なんとか報酬は維持したいので、とりあえずいっぱい頑張ります。

メディア運営

はてなブログで100記事投稿し約6ヶ月が過ぎたのでPV数の推移などを書いていく。ワードプレス運用も検討中
こんにちはないとうです。 今日は久々に完全にSEO抜きの雑記を書くということで、はてなブログを本格運営して約6ヶ月が過ぎ、PV数はどのように推移していったのか、そして今後はどのようにブログを運用していくのかを書いていきたいと思います。 とりあえず今回は無事はてなブログのみで100記事投稿まで出来たので、それを記念しての記事となります。 はてなブログを使おうとしたきっかけ 最初に、はてなブログを使おうと思ったきっかけをお話していきます。 一度は使いたかったから。というのはもちろんありますが、それ以外にもちゃんとした理由はあります。 私はこのブログの他に月間60万PVのブログ、完全アフィリエイト特化のブログの2つをワードプレスで運営していたのですが、その運用中にワードプレスではなくはてなブログで書かれた記事が自分の検索順位の上位に来ていることがたまにありました。 そしてそのブログを見て感じたのが、 「なんでこんなペラッペラの記事で上位とれてんねん」 「内部SEOも微妙やん…はてなに何か秘密あんのかな」 という2つの疑問が浮かび上がってきま

続きを読む

【ブログ収入】2月の確定収入とブログを教えている子を見て感じた稼げない人の特徴を書いていく
Amazonでの売り上げが750万円/月を記録するまでにやったこと
クリップボードツールCliborを使ってよく使う定型文を保存しておくと超便利で病みつきになるぞ
【ワードプレス】コメントやお問い合わせにIP制限をかける方法

「メディア運営」記事をもっと見る