30代メンズもイケるダッフルコート着こなしコーデ術の紹介

冬が近づくに連れて厚手のコートなどを羽織る人も増えてきています。

そんな中でダッフルコートと言えば冬の定番アイテムの一つですが、なんとなくダッフルコートを着るのは20代までと思っている方もいるのではないでしょうか。実は全くそんなことはなく、30代のメンズでもダッフルコートをおしゃれに着こなしが可能です。

そこでこのページでは、30代メンズもイケるダッフルコートの着こなしコーデ術を紹介していきます。

ダッフルコートの特徴

元々は北欧の漁師が仕事着として使い、その後イギリス軍が防寒服として使っていた事がダッフルコートの始まりです。

今では色々な種類が出ているダッフルコートですが、主な特徴は「高密度のウール素材」、「大きめなフード」、「着脱がしやすいトグル」です。どの特徴も防寒を目的として考えられたものなのでとても暖かく着脱が楽な利便性が高いアウターです。

ダッフルコートの種類

昔からあるダッフルコートはこれまでの歴史から定番のクラシックなものから時代に合わせたトレンドに変化したものまで存在します。その中でも今では毎年発売されるダッフルコートの種類を4つご紹介していきます。

1.定番ダッフルコート

当時ベルギーの漁師が着用していた頃からその形はほぼ変えずに、今も愛されているメルトン素材のロングダッフルコートです。

現在ではファッション以外でも、会社通勤のサラリーマンや学生も愛用しているオーソドックスで無くなる事がない形です。

2.ショート丈ダッフルコート

主に10代から20代の若い世代に人気が高いショートダッフルコート。

トグルやフード、メルトン素材はそのままに丈を短くする事で、体が成長途中の若い世代にはスタイルに悩まされず着れるショート丈は大人気です。

3.ニットダッフルコート

ざっくり編まれたニット素材のダッフルコート。

メルトン素材に比べさらに柔らかく優しい印象を与え、肌触りもとてもいいダッフルコートです。メルトン素材より軽い為、ストレスなく着れますが、ニット素材は防風力が無いので秋アウターとしておすすめです。

4.ダッフルダウンコート

本来のメルトン素材ではなく中綿入りのダウン使用にしたダッフルコート。

トグルやフードはありますが、素材を変えるだけでクラシックな印象ではなくカジュアルな雰囲気を持つダッフルコートです。保温力は高く冬場の寒い時期やカジュアルに着たい方におすすめなアイテムです。

30代男性がダッフルコートを着るメリットとは

日本のダッフルコートのイメージは子供っぽい、幼く見えるなどの印象を持つ方もいるかもしれません。

ですが、それは昔の話で7年前からチェスターコートが流行したのをきっかけにコート全般はおしゃれをする上で必須アイテムとなり、ダッフルコートもその例外ではありません。

また、30代以上の大人の方が着る事によって大人の柔らかく優しい印象を与える事ができます。さらに女性へのアンケートで大人の男性に着て欲しいアウターで常にダッフルコートは上位にランクインしている事から定番であり必須のアイテムと言えます。

30代男性がダッフルコートを着るコツ

30代の男性でもダッフルコートを着たいが幼く見えてしまう、丈が長いアイテムが似合う自信がないなど不安はあります。これからご紹介する3つのポイントを押さえればその悩みも解決できますのでご参考にしてください。

1.まずは細めのパンツで合わせる

ダッフルと相性がいい細めのパンツ。ダッフルコートは横へのボリュームはさほどないので細めのパンツと合わせればIラインが作れうまく着こなす事ができます。

足元はすっきりさせる事は重要ですが、くるぶし上やクロップドパンツなど裾が短いパンツは足が短く見えてしまうので、コーディネートの際は注意が必要です。

2.合わせるアイテムは大人っぽいものでコーディネートする

ダッフルコートは他のコートと違いかわいらしい印象があります。30代の着こなしであればインナー、靴などの小物類を大人っぽいアイテムを選びましょう。

例えばインナーはスエット生地ではなくニットやシャツ、カラーも明るいカラーだけではなく暖色系やモノトーンカラーを選ぶと、大人らしい落ち着きのあるコーディネートができるのでおすすめです。

3.自分の体型と丈の長さを合わせる

一番の悩みは、身長が低いので丈の長いのが似合わないと悩んでいる方が多いですことだと思います。

これはダッフルコートの選び方で解決します。おすすめは太ももあたりの長さです。ショート丈では幼く見えすぎてしまい、膝丈であれば着られてる感が出てしまう可能性があります。また、着た時にトグルを閉めずに開ける事で足全体が見えるのでスタイルが悪く見える事を避ける事ができます。

メンズダッフルコートを使った30代おすすめコーデ

ダッフルコートの選び方のコツが見ていった中で、では次は既にダッフルコートを着こなしているおしゃれの人達は、どういったコーディネートをしているのかをご紹介していきます。

1.30代ダッフルコートを使った王道コーデ

引用:wear.jp

30代に向けたダッフルコートの着こなしのお手本のようなコーディネートです。

シンプルなスタイリングが1つ1つのアイテムの良さがよりわかる癖がないスタイリング。通常のダッフルコートに比べ細めに作られておりダボつかずキレイなシルエットに仕上げております。

2.英国らしいトラッドスタイルコーデ

引用:wear.jp

チェック柄のダッフルコートを使ったコーディネートです。

ダッフルコートはイギリス発祥の歴史を感じさせてくれるような本家のダッフルコート。それに合わせてシャツにタイ、ベストを合わせる英国らしいトラッドスタイルです。デニムをロールアップさせ指し色で赤色の靴下を見せアクセントにしております。

3.鮮やかブルーのダッフルコートコーデ

引用:wear.jp

暗くなりがちな冬のスタイリングの中で目を引くような鮮やかブルーのダッフルコートを使ったコーディネートです。

ダッフルコートと相性がいいチェックパンツを組み合わせ英国らしさを出しております。VANSとサングラスの小物を追加する事で今っぽいコーディネートに仕上げております。

4.迫力あるダッフルコートを使ったモノトーンコーデ

引用:wear.jp

インパクトのある襟付きダッフルコートを使ったコーディネートです。

他とは違い新鮮さがありベーシックなカラーでもおしゃれでインパクトを残せます。モノトーンで統一する事でよりダッフルコートを引き立てるカラーコーディネートです。

5.ニットダッフルコートを使ったカジュアルコーデ

引用:wear.jp

柔らかい優しい印象を与えるニットダッフルコートを使ったコーディネートです。ニットだからこそ出せる落ち着いたオレンジカラーを使い季節感を演出。ワークブーツやインナーをラフなカットソーを選び大人カジュアルに仕上げております。

6.冬でも海をイメージした大人サーフコーデ

引用:wear.jp

珍しいホワイトダッフルコートを使ったコーディネートです。ホワイトは膨張色なのでサイズ感に気をつけながら細身をチョイス。

インナーは太めのライン入りニットを入れるだけで冬のサーフコーディネートの完成です。ポイントはアウターが膨張色の場合インナーは引き締めるカラーを選べばバランス良くコーディネートできます。

30代メンズにおすすめダッフルコートのブランド

30代であれば大人のブランドを選びたい所です。ダッフルコートは今では定番アウターです。時期になればどこでも取り扱われている中で30代男性におすすめのブランドをご紹介していきます。

1.GLOVERALL/グローバーオール

1951年にイギリスでスタートしたダッフルコートブランドです。

ダッフルコートと言えばグローバーオールと言われるほどの老舗ブランドで、国内のショップでもコラボ商品が多数あります。ベーシックなグローバーオールのダッフルコートは本家らしくトラディショナルな雰囲気があり着用するだけで英国らしい印象を与える事ができます。

楽天市場で見る

2.TheDUFFERofSt,GEORGE/ザダファーオブセントジョージ

ダファーオブセントジョージは1986年イギリス創立の英国ブランドです。

トラディショナルなイメージをもつイギリスを、あえてカジュアルにコーディネートをする30代向けのブランドです。国内でも全国にショップ展開しており、イギリスブランドらしくダッフルコートへの拘りは高く高級メルトン素材を使用し、イギリス生産のダッフルコートは日本人向けに細めに作られているのでおすすめのブランドです。

楽天市場で見る

3.ORCIVAL/オーシバル

1939年にフランスで生まれたオーシバルはフランス海軍に制服を提供した実績もあるブランドです。

ブランドロゴの蜂のマークが印象的なオーシバルは生地が厚く、くたりにくい商品を提供し続けております。こちらのダッフルコートは通常と違いトグルの数を1つ減らした事でよりすっきりとしたデザインに仕上げた定番アイテムです。

楽天市場で見る

4.GOSTARDEFUGA/ゴスタールジフーガ

珍しいワッフル生地のダッフルコートです。ウール素材を使い凸凹感のかるダッフルコートは立体感を与えよりおしゃれに見せる事ができます。またその見た目以上の着心地と保温力の高さから人気のダッフルコートですのでおすすめです。

BITTER STOREで見る

メンズ30代が着るダッフルコートコーデのまとめ

以上が、30代メンズのダッフル-コート着こなしコーデ術の紹介でした。

30代になるとチェスターコートやレザーなどスマートなアイテムが多くなります。

そんなアウター達とは雰囲気が違うダッフルコートは、バリエーションの1つとしておすすめなアウターです。若い世代には出せない30代の大人のギャップを感じさせてくれるダッフルコートを今年は着まわしてみてはいかがでしょうか。