雑テック

初めてでもわかるスマホアプリの使い方

エアコンの臭い消し対策/臭いの原因についても紹介

エアコンの臭い消し対策/臭いの原因についても紹介

私たちの生活には欠かせないエアコンですが、いざ使おうと久しぶりに電源を入れると、「ひどく臭う」なんて経験はないでしょうか。エアコンは便利な家電ですが、臭い対策や掃除が毎年の悩みの種。

そこで本記事では、エアコンの臭い対策と普段からできる予防策をご紹介します。毎年悩まされていたエアコンの臭い問題には、いち早くおさらばしましょう。

スポンサーリンク


エアコンの臭いの原因

エアコンは、外気を吸い込んで吐き出すといったような動きをしています。また、除湿機能や冷房を使用する場合、エアコン内で水を使用していますので、外気を吸い込んだときにまぎれこんだホコリと混ざり、カビが発生してしまいます。

そのため、エアコンを稼働させたときの臭いの原因は、主に以下4点が考えられます。

  1. カビ
  2. たばこ
  3. 台所から発生する食べ物などの臭い
  4. 汗やペットの臭い

また、臭いを放置しておくと、エアコンそのものの機能が低下してしまったり、カビを充満させてしまう事となりますので、肺炎などの病気の原因になってしまう可能性もあります。

臭い対策をすることは、健康にも影響を及ぼすため、しっかりと行っておきたいですね。

エアコンの臭いを消す方法

エアコンの臭いを消すためには、掃除をすることがもちろん重要。ですが、高いところにあるエアコンの掃除はあまり簡単ではありませんし、大掛かりな作業になってしまうため、後回しにしたくなる気持ちもあります。

エアコンの臭い対策には、掃除の他にも日頃からのこまめな作業で臭いを予防する事ができます。

【1】エアコンのお掃除方法

まずは、もうすでに臭いが気になるエアコンのお掃除方法をご紹介。業者にエアコン掃除をお願いすると、7,500円~25,000円ほど必要になります。

業者にお願いすることを考えると、新しいもの買っちゃおうかな、となる人も少なくありません。しかし、そこまでお金をかけなくとも、エアコン掃除は自分で行うことができます。

【1】エアコン掃除で用意するもの

まず用意するものは次の3点です。

  • 掃除機
  • 中性洗剤
  • タオル

「中性洗剤」というとピンとこないかもしれませんが、お風呂の掃除用洗剤や台所用洗剤を指します。その名の通り「中性」ですので、肌や素材に優しい洗剤となります。

【2】フィルターの掃除

臭いは主にフィルターから吸い込んだ外気が原因ですので、フィルターの掃除をするだけで臭いが気にならなくなることがあります。

【手順1】

エアコンフィルターについているホコリを掃除機で吸い取ります。このとき、ホコリが舞い散ることを防ぐため、必ずエアコンについた状態で掃除機をかけましょう。

【手順2】

フィルターをゆっくりと外し、フィルターの「外側」から掃除機をかけてホコリを吸い取ります。内側から掃除機をかけてしまうと、目詰まりを起こしてしまいます。

【手順3】

フィルターにシャワーをかけて洗い流します。このときは「内側」から水をかけると、ホコリがとれやすくなります。

【手順4】

天日に干して、フィルターを十分に乾かしましょう。

下記動画では、フィルターをシャワーにかけて天日干しをしている手順を紹介しています。フィルターについたホコリが大量の場合は、必ず掃除機で吸い取ってから、フィルターを外しましょう。

【3】噴出し口の風向きを調整する羽(ルーバー)を掃除

フィルターをきれいにしても、風が出てくる吹き出し口が汚かったら意味がありません。次の手順で、風の吹き出し口もきれいにお掃除しておきましょう。

【手順1】

エアコンの電源を抜いておきます。

【手順2】

羽を手で回します。回らない場合は、無理にまわす必要はありません。

【手順3】

タオルに薄めた中性洗剤をしみこませ、指に巻きつけ、噴出し口の羽をふき取ります。指が羽の間に入らない場合は、割り箸などにタオルを巻きつけると掃除しやすいです。

【手順4】

最後に、水拭きをして洗剤が残らないようきれいにふき取ります。

【2】フィルター掃除をせずに臭い対策

できればエアコンの掃除はやりたくない、頻度を少なめにしたい、と思う方もいるでしょう。実はエアコンの臭いは、普段からのこまめな作業によって予防することが可能です。

予防方法を以下に3つご紹介します。

【1】送風運転をする

水を使用する冷房運転を使用したあとは、2時間ほどの送風運転を行い、エアコン内部の水分を無くしておきます。エアコン内部が乾燥していることにより、カビの発生を防ぐことができるのです。

エアコンを使用していない期間も、月に1度ほど送風運転をすることで、においを防ぐことができます。

【2】運転開始から10分程部屋の換気をする

実は、運転開始後すぐの時間が最もエアコンがカビやすいとされています。そのため、10分間ほどは我慢して窓をあけ、カビを部屋の外へ追い出しましょう。

【3】こまめな換気を心がける

エアコンは部屋の空気を吸い込みますので、こまめに部屋を換気し、部屋自体の臭いを抑えるようにし、常に部屋の空気はきれいにしておくことが重要です。

換気によって、臭いだけでなくホコリも外へ追い出すことができるため、カビ対策にもなるのです。

エアコンの臭い対策におすすめの掃除グッズ

ここまではエアコンのお掃除方法をご紹介しました。

しかし、もっと業者並みに内部をきれいにしたい、という方もいらっしゃるでしょう。そんな方のためにおすすめのグッズが「カビッシュトレール」です。

「カビッシュトレール」は、吹き出し口の奥にある送風ファンを掃除するグッズです。LOFTや東急ハンズ、ドン・キホーテで購入でき、洗浄液とすすぎ液、洗浄液回収袋がセットで2,300円です。アマゾンでも購入することができます。

カビッシュトレール

YouTubeにカビッシュトレールを使用してエアコン掃除を行っている動画がありましたので共有させて頂きます。

洗浄液使用時のコツとしては、スプレーした直後に割りばしなどを使ってまんべんなく泡を広げていくことです。洗浄液は、ぽたぽたと垂れてきやすいようですので、噴射してすぐ広げられるようもう片方の手には割りばしを常備しておくと良いでしょう。

また、洗浄液回収袋があるおかげで、流れ落ちる液はキャッチできるのですが、万が一漏れた場合に備えて床に新聞紙など引いておきましょう。

そして、洗浄後は送風運転を10分ほど行い、エアコン内を乾燥させると良いでしょう。

エアコンの臭い対策/まとめ

以上、エアコンの臭い消し対策についてのまとめでした。

エアコンの掃除は素人にはできないと考えていた方も、今年はお金をかけずにエアコンの掃除を自分でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

スマホアプリ/最新記事

More
Return Top