naito3.com

暮らしに役立つ知恵袋ノート

Windows10のCapsLockを解除する方法と無効化する方法

f:id:naito_3:20170419141943j:plain

キーボードをバチバチと叩いている時に、ふとした拍子で入力した文字が全て大文字になっていることがあります。

その原因の大半が「CapsLock」を設定してしまっているからです。ですが、キーボードを入力していると、絶対に「Aキー」は使うと思うので、その隣にあるCapsLockは邪魔者としか思えません。

今回は、Windows10でCapsLockを解除する方法と、CapsLockキーを無効化する方法を紹介します。

CapsLockの確認方法

手持ちのキーボードによっては、CapsLockがかかっていた場合、キーボードのランプが点灯するのですが、安いキーボードだとそもそもランプが点灯する箇所さえないとおもいます。

そういった場合、どのようにしてCapsLockがかかっているのかを調べるかというと、次の2パターンあります。

  1. ローマ字をキーボードを使って入力
  2. 言語バーのCapsLockの点灯ランプがついているのか確認

まず一番手っ取り早いのが、ローマ字で日本語入力をしてみて、なぜか英数字の入力が全て大文字になっていたらCapsLockが掛かっている証拠です。CapsLockを付けていると、Shiftキーを押しながら入力した時に、逆に小文字になるので非常に鬱陶しく感じます。

そしてもう一つ、言語バーを見てCapsLockがかかっているかを確認することが出来ます。CapsLockがかかっていると、次のように言語バーが表示されます。

f:id:naito_3:20170419143403j:plain

「CAPS」という文字列が浮かび上がっているのがわかります。この状態はCapsLockが掛かっている状態で、もし浮かび上がっていなかったらCapsLockはかかっていません。

以上が、Windows10のCapsLockがかかっているかの確認方法でした。

キーボードを使ってCapsLockを解除する

f:id:naito_3:20170419144004j:plain

キーボードを使ってCapsLockを解除するには、「Shift + CapsLock」を入力するとOKです。逆にCapsLockを掛けたい場合も同様の操作でOKです。

キーボードを使わずにCapsLockを解除する

最後にキーボードを使わずにマウスを使ってCapsLockを解除する方法を紹介します。

f:id:naito_3:20170419144223j:plain

言語バーにCapsLockのマークがついていたら、そのマークをマウスでクリックします。すると、CapsLockのマークが消えると同時にCapsLockの解除もされます。

CapsLockを無効化させる

CapsLockを無効化させる方法として、通常ならばレジストリを弄ったりと多少面倒なことをしなければいけません。

ですがフリーソフトを使うことでCapsLockだけでなく、特定のキーを無効化することが可能です。

そのフリーソフトとしておすすめなのが「KeySwap for XP」です。動作OSがWindows7までとなっていますが、Windows10でも問題なく使うことができました。

このフリーソフトを使ってCapsLockの無効化をしたら、あとは一度再起動させると設定が反映されます。

もしCapsLockが邪魔だと感じているのでしたら、思い切ってCapsLockを無効化させるのも一つの手段かと思います。

最後に

以上が、Windows10でCapsLockを解除する方法と、無効化させる方法の紹介でした。

CapsLockはあまり使う機会がないので、タイピングミスが多い方は無効化してあげるのも良いと思います。