【メルカリ】iTunesカードの売り方や支払いに関しての紹介!規約では禁止されているのか?

f:id:naito_3:20170601154317j:plain

こんにちは、ないとうです。

メルカリではSuicaの売買や現金の売買がかなり話題となり、お茶の間でもこの件については放送される事態となりました。

結果的にSuicaや現金の売買はメルカリで禁止されるようになりましたが、これと似たようなものにiTunesカードが存在します。これも禁止されているのかが少し気になったので調べました。

このページでは、メルカリでのiTunesカードの売り方は存在するのか、そしてiTunesカードは支払いに使えるのかなど、iTunesカードとメルカリの関係性について解説していきます。

以前はメルカリに乱立されていたiTunesカード

以前はiTunesカードもメルカリで販売されていました。

f:id:naito_3:20170601150821p:plain

引用:http://did2memo.net/2016/03/15/mercari-itunes-card/

これらは、「iTunes」と検索すると表示されていたようで、2017年6月1日現在ではどうなっているかというと、「iTunes」と検索をしても、りんごの画像は一つも表示されませんでした。

f:id:naito_3:20170601151108j:plain

その他にも、「iTunesカード」、「りんご カード」、「Apple カード」などで検索した場合でも検索結果にはiTunesカードは一つもありません。

これから言えることは、メルカリではiTunesカードを取り扱うことができなくなっておおり、iTunesカードをメルカリで売る方法もないということです。

禁止されている出品物にも掲載されている

もちろんメルカリで出品する前に、メルカリで出品を禁止されているものをチェックするのですが、現時点でもメルカリで明確に禁止とされる出品物は増えています。

そして、iTunesカードについては次の項目に該当されており、メルカリでは出品禁止となっています。

オンラインギフト券(iTunesカード、Amazonギフト券など)

実質的に金券となりうるカードに関しては、メルカリで出品が禁止されていることがわかります。その他にも仮想通貨やチャージされたプリペイドカード(nanaco、Suicaなど)も出品が禁止されております。

一つ気になったのは、未だに図書カードはメルカリで販売出来るということ。

f:id:naito_3:20170601152220j:plain

いちおう図書カードに関しては、オンラインギフト券でもありませんし、チャージされたプリペイドカードにも該当しません。ただ、こちらの規約には引っかからないのかが気になるところです。

商品券、債券、小切手、クレジットカード、キャッシュカード、宝くじ等の金券類

ただ、図書カードの場合は元値より安く販売されているので、おそらく現金化などが難しいのか、大して儲からないのかもしれませんね。

iTunesカードを使ったメルカリの支払い

結論から言うと、メルカリではiTunesカードを使った支払いをすることはできません

現在メルカリで用意されている支払い方法は下記のとおりです。

  • クレジットカード支払い
  • コンビニ支払い
  • dケータイ払いプラス(ドコモ)
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ATM支払い
  • ポイント使用
  • クーポン使用
  • 売上金使用

メルカリではこのように「売上金」を使って買い物することが可能です。なんらかの事情で銀行口座が作れない人は、この売上金を口座に振り込むことができません。

ですが、メルカリでiTunesカードなどを購入して、実際に金券ショップに持っていけば現金に変える事ができます

おそらく何らかの事情で銀行口座を通した現金の受取をしたくない人が、このようなiTunesカードやSuicaを購入していたのでしょう。

最近はこの手の取締がメルカリ内でも厳しくなってきたので、今後はイタチごっこの状態が続くでしょう。

iTunesカードをネットで売る方法

メルカリではiTunesカードを売れないことは分かりましたが、他のフリマアプリでは出品することは出来るのでしょうか。

他のフリマアプリとして「ヤフオクのフリマ」が存在しています。このヤフオクフリマでは、「チケット、金券、宿泊予約」というカテゴリが存在しており、問題なくiTunesカードを売ることが出来ます。

f:id:naito_3:20170601153834j:plain

ですが画像を見て分かる通り、ヤフオクのフリマでは定価より安い値段でiTunesカードが売られています。

理由は、メルカリのように「売上金」というものを溜め込むことができず、それを使っての買い物もできません。ヤフオクではすぐさま決済して銀行口座に売上金を振り込む仕組むとなっているので、メルカリのように銀行口座を通さない現金化などが出来ないので金券カテゴリを設置しているのでしょう。

これが本来の姿だと思います。「売上金」という制度のせいで、メルカリでは色々な抜け道が発生してしまうので、これを何とか解決しない限りは、また同じような現金化が起こることでしょう。

最後に

以上が、メルカリでのiTunesカードの売り方や支払いに関する紹介でした。

今回の記事内容をまとめます。

  • メルカリでiTunesカードの出品は禁止されている
  • 今はiTunesカードの出品は壊滅
  • iTunesカードでの支払いは出来ない

売上金を使っての買い物は非常に良い制度だなと思っていたのですが、このように抜け道が多数発生してしまうのがデメリットなんですね。