naito3.com

暮らしに役立つ知恵袋ノート

らくらくメルカリ便の使い方まとめ!送料安い・コンビニ・匿名OKと使い心地はバツグン

f:id:naito_3:20170424150555p:plain

こんにちはないとうです。今日はメルカリについてお話していきます。

メルカリには、はこBoonやクロネコヤマトの着払い、さらにはゆうパックなど様々な発送方法があります。 数ある発送方法のなかでもメルカリで特に使いやすいと感じているのが、「らくらくメルカリ便」という発送方法です。

正直これがあるのなら他のサービスでの発送はなくしてもいいんじゃないかというくらい使いやすいです。 そこで今回は、らくらくメルカリ便の使い方や送料のまとめ、そしてらくらくメルカリ便を使うことのメリット・デメリットなどを紹介していきます

らくらくメルカリ便とは

f:id:naito_3:20170424132100j:plain

らくらくメルカリ便とは、クロネコヤマトが提供している配送方法である「ネコポス・宅急便コンパクト・宅急便」を利用できるサービスで、通常のクロネコヤマト経由での発送方法よりも安い送料で配送することが出来るようになっています。

それだとクロネコヤマトは利益をどこから抽出しているのか、と疑問があるかもしれません。その実態は、通常の送料とらくらくメルカリ便の安い送料の差額分をメルカリ側が負担しているみたいです。ユーザーにとっては何の不利益もないメリットの大きい発送方法となります。

らくらくメルカリ便のメリット

らくらくメルカリ便は送料が安くなるだけでなく、その他にも次のようなメリットが存在します。

  • 全国一律の送料
  • 宛名書き不要
  • A4サイズから160サイズまでの幅広い対応サイズ
  • 配送状況がメルカリで確認できる
  • 匿名発送ができるので個人情報を最大限守ることが出来る
  • 配送時のトラブルはメルカリ側が商品代金を全額保証

このようなメリットがあるので、メルカリユーザーはらくらくメルカリ便を利用している人がかなり多くなっています。

この中でも特に注目してもらいたいのが、「匿発送名」です。

普通のフリマアプリやヤフオクですと、個人間のやりとりには必ず住所や氏名を相手に教えないと発送してもらうことができません。私書箱というやり方もありますが、殆どの人はそのようなサービスを使っていないでしょう。

ですがメルカリでは、らくらくメルカリ便を使うことによって相手に住所や氏名を知らせることなく匿名での発送ができるようになりました。匿名発送の詳しい解説ややり方などは後々紹介していきますので、匿名発送を利用してみたい方は必ずチェックしてください。

らくらくメルカリ便のサイズ別発送料金一覧

らくらくメルカリ便は大きく分けて「小型サイズ(A4)」「中型サイズ」「大型サイズ」の3つのサイズで発送することができます。 それぞれのサイズがどの程度までなのか、そしてサイズ別の発送料金はいくらになるのかをご紹介します。

1.小型サイズ

  • 料金:全国一律195円(税込)
  • サイズ:A4サイズまで(31.2cm x 22.8cm)
  • 厚さ:2.5cm以内
  • 重さ:1kg以内

小型サイズは、基本的にポストに入りきるくらいのサイズでないと配送することが出来ません。ですのでこのサイズに向いている商品としては、「本・雑誌」「DVD・CD」「スマホアクセサリー」「化粧品」「薄手の衣類」等が挙げられます。

小型サイズの配送にはクロネコヤマトのネコポスサービスを使っており、ネコポス用の厚さを図るのでしたらクロネコヤマトから「ネコポス定規」を手に入れるのが良いです。

ネコポス定規を手に入れるには、クロネコヤマトのお問い合わせ窓口から相談してみてください。 ネコポスをよく利用するが、厚さなどを図れないで困っているなど記載してお問い合わせすると、早ければ1週間以内にネコポス定規がポストに投函されます。

2.中型サイズ

  • 料金:全国一律380円(税込)
  • サイズ:クロネコヤマト販売の専用BOX、薄型専用BOX
  • 厚さ:-
  • 重さ:-

専用BOXをクロネコヤマトから購入しないと使えない配送方法なのであまり使う機会がないかもしれません。

薄型と通常の専用BOXが存在し、これらを購入するにはヤマトの営業所に行くしかありません(一部のコンビニでも販売している場合あり)。箱の価格は65円(税込)。

この専用BOXに向いている商品としては、「小さなおもちゃ」、「高さ5cm以内の雑貨」などになります。小型サイズを一回り大きくしただけのサイズなのでやっぱり使う機会は殆ど無いでしょう。

3.大型サイズ

大型サイズの送料は、梱包資材の大きさで変化してきます。それらを下記表にまとめましたので参考にしてください。

サイズ(縦横高さ合計) 重さ 送料(全国一律)
60サイズ 2kgまで 600円
80サイズ 5kgまで 700円
100サイズ 10kgまで 900円
120サイズ 15kgまで 1,000円
140サイズ 20kgまで 1,200円
160サイズ 25kgまで 1,500円

大型サイズ配送では、60サイズから160サイズまでの荷物に対応しており、一番送料が高くてもたったの1,500円で配送してくれます。

重さが19kgでサイズが80サイズの場合は、送料は140サイズの1,200円で計算されます。その時に、メルカリの取引画面で選んだサイズが80サイズだった場合、一度メルカリ経由でキャンセルかサイズの変更手続きをするようにしましょう。

おそらく大型サイズの取扱がメルカリでは多くなってくると思います。はこBoon同様に使いやすい配送方法です。

らくらくメルカリ便を使って匿名配送する方法

f:id:naito_3:20170424134831j:plain

らくらくメルカリ便を利用することで匿名で配送することができますので、その手順を紹介していきます。

1.出品時にらくらくメルカリ便を選択する

まず匿名配送の絶対条件として、「出品時にらくらくメルカリ便を選択」しなければなりません。もしこのときに選択しなかった場合は匿名配送できないので注意してください。

出品アイコンをタップして、メニューの下の方にいくと配送の方法を選べますので、この時にらくらくメルカリ便にしておいてください。

f:id:naito_3:20170424135538j:plain

2.出品者・落札者の送り状への印字例

らくらくメルカリ便では、基本的に相手側に自分の氏名や住所などはバレないようになっていますが、実際にどのように印字されるのかが気になるところです。クロネコヤマト、コンビニからの発送でどのような印字がされるかは次のとおりです。

クロネコヤマト

f:id:naito_3:20170424145824j:plain

出品者がもらうお客様控えには自分の住所が印字されますが、実際に商品に貼り付ける用紙には送り主が「メルカリ」となっているのがわかります。

そしてお客様控えにも相手側の住所はのっておりません。

コンビニ

f:id:naito_3:20170424150001j:plain

コンビニも同様です。こちらも出品者の情報は全てメルカリとなって相手側に送られます。

このように匿名配送は相手側に自分の個人情報を極力渡さないするための画期的な機能ですので、ぜひ利用してみることをおすすめします。

らくらくメルカリ便の利用手順

それでは、らくらくメルカリ便の利用手順を紹介していきます。一度らくらくメルカリ便を使うとやり方をマスターできると思いますので、ぜひこのやり方に沿ってらくらくメルカリ便を利用してみてください。

1.出品する

まずは出品していきましょう。出品時に配送方法としてらくらくメルカリ便を選択する方法と、あとかららくらくメルカリ便に変更する手順がありますが、今回は最初かららくらくメルカリ便を選択していきます。

f:id:naito_3:20170424135538j:plain

2.発送手続きをする

商品が売れたら、再度取引画面に戻り「取引画面へ」をタップします。

f:id:naito_3:20170424141242j:plain

そうするとらくらくメルカリ便をどのようにして使うかを以下の3つから選択することが出来ます。今回はコンビニから発送を選びます。

  • コンビニから発送
  • ヤマトの営業所へ持ち込んで発送
  • ヤマトの集荷サービスを利用して発送

集荷して貰う場合は集荷料金が30円かかりますので注意してください。もしこの時点でやっぱりらくらくメルカリ便ではなくはこBoonなどを利用したい場合は、「らくらくメルカリ便を使わない」をタップして、別の発送方法を選択しましょう。

ここで注意してもらいたいのは、落札料金に送料も含まれているかどうかです。もし送料が別でしたら相手に発送方法の変更する旨を伝えてOKを貰わなければなりません。ですがトラブルの元になりやすいので、後から変更するのはなるべく控えておきたいですね。

3.配送サイズを選択して発送準備

次にらくらくメルカリ便での配送サイズを選択します。小型サイズ、中型サイズ、大型サイズから選べますので、適切なサイズを選択してください。

f:id:naito_3:20170424142333j:plain

なおこの時点では発送元に自分の住所が記載されますが、これはメルカリ側で保存しておく住所氏名なので、実際にコンビニで発送する際にもらえるお客様控えには相手の住所が載っていません。もちろん相手の方にもコチラの住所は載りませんので大丈夫です。

らくらくメルカリ便をコンビニ(ファミリーマート)で手続きする流れ

現在らくらくメルカリ便を取り扱っているコンビニは、ファミリーマートとサークルKサンクスのみです。サークルKサンクスに関しては既にファミリーマートの傘下となっているので、使い方に関しては同じです。

f:id:naito_3:20170424144300j:plain

詳しい手順はメルカリのファミポートでの操作方法を御覧ください。

らくらくメルカリ便の注意点

1.取引開始後にらくらくメルカリ便に変更するには

取引開始後にらくらくメルカリ便に変更するための前提条件として、出品時に「送料込み」を選択してないといけません。もし、商品と送料が別途担っていた場合は途中かららくらくメルカリ便に変更することはできませんので注意してください。

落札前に変更

出品画面から出品商品の変更ボタンをタップして、現在の発送方法をらくらくメルカリ便に変更してください。後かららくらくメルカリ便に変更した場合は匿名発送出来ないことに注意しましょう。

落札後に変更

落札後に変更するには、取引画面の「変更する」ボタンを押すとワンタッチで切り替わります。

2.相手の住所が変更された場合の手続き

発送前であればメルカリアプリの取引画面からお届け先の変更をすることが可能です。もしらくらくメルカリ便を使っているのでしたら、相手が住所を変更しているはずですので、こちらからは何もしなくて大丈夫です。

最後に

以上が、らくらくメルカリ便の使い方まとめでした。

らくらくメルカリ便はクロネコヤマトの営業所への持ち込みだけでなく、コンビニ(ファミリーマート)への持ち込み、さらにクロネコヤマトの集荷依頼も30円でおこなうことができます。

匿名で落札者に商品を送ることが出来るのもらくらくメルカリ便だけです。ですので、なるべく個人情報を渡したくない人は、他の発送方法より少し送料が高くても、らくらくメルカリ便を使うことをおすすめします。