冷房とドライ(除湿)の違いとは?エアコンの電気代はどっちが高くなるのか

f:id:naito_3:20170809113843j:plain

梅雨から秋に入るまで家中で大活躍するエアコンには、様々な送風方法があり、その中でこの時期に使うといったら「冷房」か「ドライ(除湿)」機能のどちらかかと思います。

この2つはいずれも部屋の中に冷風を送り込んでくれるので、ハッキリとした違いがわからないという人も多いはず。

そこでこのページでは、エアコンの冷房とドライ(除湿)の違いについて様々な視点で紹介していきます。

冷房とドライ(除湿)の大きな違い

まずはじめに、冷房とドライの決定的な違いについて説明していきます。

冷房とは、主に部屋の中の温度と湿度を下げるための機能で、一方ドライは、部屋の中の湿度を下げることが目的となっている機能です。

f:id:naito_3:20170809104817j:plain

しかし、冷房で部屋の中の温度が下がるのはエアコンを使っていればわかると思いますが、除湿でも冷たい空気が流れて部屋の温度が下がりますよね。

その理由は、ドライと言っても湿度を下げるだけでなく弱冷房としてもエアコンが作動するから。そして湿度を下げることによって人間の汗が蒸発しやすくなり、結果的に気化熱が熱を奪って体温が下がります。

湿度が高いと体中がベトベトして不快指数も上がりますし、部屋の中が蒸し暑くなるので、できれば湿度が高い部屋では一度除湿機能を使ってから冷房に切り替えるなどしてエアコンを使っていくのが良いと思います。

冷房とドライではどちらが電気代が高くなる?

夏の時期にエアコンを使うのは良いのですが、気になるのは冷房とドライではどっちが電気代が高くなってしまうのかということですよね。

結論から言うと、自分の使っているエアコンや機能によって異なります

今現在販売されているエアコンには除湿方法が2つあり、一つはほぼ全てのエアコンについている「弱冷房除湿」。もう一つが「再熱除湿」となります。この2つの機能で電気代が大きく変わってきます。

そして、エアコンの設定温度を24℃にした場合の冷房、弱冷房除湿、再熱除湿では、電気代に若干差がついてきます。

  • 冷房:11円/h
  • 弱冷房除湿:4.1円/h
  • 再熱除湿:14.9円/h

f:id:naito_3:20170809111236j:plain

図にも書かれてあるとおり、これは使っているエアコンによっても変わってくるので一概にこのとおりとは言えません。ただし、再熱除湿が一番電気代が高くなるというのは間違いないでしょう。

とりあえず電気代を少しでも抑えておきたいのでしたら冷房か弱冷房除湿を使うといいでしょう。

弱冷房除湿と再熱除湿の違い

近年のエアコンには弱冷房除湿だけでなく、再熱除湿機能を選べるエアコンが増えてきました。

再熱除湿とは、部屋の空気を一時的に一気に冷やして部屋の中の除湿を最初に行います。そして部屋の温度が下がりすぎないように再度暖かい風を送って、部屋の温度は保ちつつ部屋の湿度は下げるという除湿方法となります。

一方で弱冷房除湿とは、弱冷房を送って部屋の湿度を少しずつ下げていく方式となります。それぞれのイメージ図は下記のとおりです。

f:id:naito_3:20170809110830j:plain

弱冷房ですと部屋の温度は下がってしまうので肌寒く感じてしまう方もいますが、再熱除湿の場合は部屋の温度が下がらないため、じめじめとした空気は取りつつ肌寒くなりにくい快適性が得られます。

再熱除湿は安いエアコンには機能が備わっておらず、ミドルグレード以上のエアコンに取り付けられていることが多いです。

正しい温度設定

次に冷房とドライの正しい温度設定について説明していきます。

一般的に言われているのは、「室内の温度は28℃にしろ」ですけれども、これでは暑いと感じる人も絶対にいます。28℃と言っても、部屋の湿度が少なければ快適に過ごせますし、逆に湿度が高いと蒸し暑く感じることでしょう。

f:id:naito_3:20170809112313j:plain

ちなみにこの冷房は28℃に設定しろと環境省が決めた理由は「なんとなく」だそうです。科学的根拠も一切無しで決めた温度みたいなので、正直28℃が最適なのかは一概には言えなくなってきています。

とりあえず自分が過ごしやすい温度に調整していくのが一番かなと思います。ただし気をつけてほしいのは、エアコンは1℃温度を下げていくと電気代が10%向上していくということです。

エアコンを省エネで使うポイント

エアコンを使うならできるだけ電気代を抑えたいという方は、次に紹介する方法を試してみてください。

  • エアコンと一緒に冷風機(扇風機)を使う

扇風機を一緒に用いるだけで電気代が結構節約できたりします。冷房は床にたまりやすいので、その床にたまった冷気を扇風機で循環させてあげると部屋全体に冷気がまわるようになるので効果的です。

同じ設定温度で扇風機を使った時と使わない時では、快適指数が全然違いますし、涼しく感じるでしょう。そうすると、少しエアコンの温度を上げても涼しく感じるようになるため、結果的に電気代が節約できるようになります。(エアコンは1℃温度を下げると電気代が10%程度上がるとされているため)

冷房とドライを使い分けよう

エアコンを使って部屋を涼しくするのでしたら、冷房とドライ機能を使い分けることも有効な手段です。まずドライである程度の除湿をとってから冷房に切り替えたりすると、エアコンによっては冷房のほうが電気代が安くなるものもあるのでおすすめです。

  冷房 弱冷房除湿 再熱除湿
消費電力
除湿量
部屋の温度

上記表のように用途によって使い分けるのも良いでしょう。

エアコンが苦手な人以外は熱中症対策という意味でも、エアコンは使っていったほうが良いでしょう。寝苦しい夜に冷風を入れて、おやすみタイマーなどをセットして寝るのも良いと思いますよ。

ライフスタイル

冷房とドライ(除湿)の違いとは?エアコンの電気代はどっちが高くなるのか
梅雨から秋に入るまで家中で大活躍するエアコンには、様々な送風方法があり、その中でこの時期に使うといったら「冷房」か「ドライ(除湿)」機能のどちらかかと思います。 この2つはいずれも部屋の中に冷風を送り込んでくれるので、ハッキリとした違いがわからないという人も多いはず。 そこでこのページでは、エアコンの冷房とドライ(除湿)の違いについて様々な視点で紹介していきます。 冷房とドライ(除湿)の大きな違い 冷房とドライではどちらが電気代が高くなる? 弱冷房除湿と再熱除湿の違い 正しい温度設定 エアコンを省エネで使うポイント 冷房とドライを使い分けよう 冷房とドライ(除湿)の大きな違い まずはじめに、冷房とドライの決定的な違いについて説明していきます。 冷房とは、主に部屋の中の温度と湿度を下げるための機能で、一方ドライは、部屋の中の湿度を下げることが目的となっている機能です。 しかし、冷房で部屋の中の温度が下がるのはエアコンを使っていればわかると思いますが、除湿でも冷たい空気が流れて部屋の温度が下がりますよね。 その理由は、ドライと言っても湿度を下げるだけでなく弱冷房としてもエア

続きを読む

コバエ用めんつゆトラップの作り方を写真つきで解説!洗剤の入れすぎは注意
運動会の弁当箱は使い捨ての容器がおすすめ!100均でおしゃれな容器が購入できる時代に
ヤマカガシの毒怖ぇ!噛まれたら応急処置をして血清のある病院へ
音楽や撮影した動画で片方からしか音が出ない時の対処方法【パソコン】

「ライフスタイル」記事をもっと見る